MENU

勾配天井が平屋に与えるメリットと後悔ポイント

勾配天井が平屋に与えるメリットと後悔ポイント

家づくりにあたって、家族のコミュニケーションが生まれやすい、家事の負担が減るなどの理由で、平屋は人気です。子育て中のご家族や、高齢者のいるご家族にとっては階段事故の不安がないことも平屋が好まれる理由です。その一方、平屋には家の中心部には陽射しが届かないなどの問題点もあります。その問題を勾配天井が解決します。

勾配天井の高さが平屋に与えるメリット

薪ストーブのあるユニークな平屋のハイサイドライト|石岡市の注文住宅,ログハウスのような低価格住宅を建てるならエイ・ワン

薪ストーブのあるユニークな外観の家

勾配天井とは、屋根の形状に沿った斜めに傾斜した天井のことです。屋根の高さと傾斜の度合いにもよりますが、平天井に比べて縦に空間が拡がります。その結果、室内に開放的な雰囲気が生まれます。また、その高い空間を活かしてロフトを設ける間取りにすることもできます。

平屋の中心部にも陽射しが届き、風通しも良くなる

平屋は高い位置に窓がない為、家の中心部には陽射しが届きにくく、晴れた日の昼間でも照明をつけなくてはならない部屋が生まれることがあります。そのような部屋では、冬場は光熱費も嵩んでしまいます。しかし、勾配天井であれば、高い位置に窓が設けられます。高い位置にある窓からの陽射しは、一般的な窓からの陽射しに比べて、長時間差し込みます。また太陽の位置が低くなる冬の時期であっても、十分な陽射しを採り入れられます。その結果、高い位置にある窓からの陽射しが家の中心部にまで届き、明るく暖かい家は生まれます。

また、同じ対面に設けられた窓であっても、同じ高さで対面している窓と、高低差のある窓では、採りこめる風の量が変わります。窓の位置の高さが変わると、風の通り道が拡がり、より換気の良い家にできます。風の心地良さだけではなく、その風の流れとともに、室内の熱を外に排出でき、快適な室温が維持しやすくなります。換気の良さは家族の健康にも家の耐久性にも大きな影響を与えます。

参考サイト 増加するアレルギー症状の子どもたち
参考サイト 一酸化炭素中毒に注意しましょう
参考資料 建築の結露と健康性
参考資料 日光の健康への影響

プライバシーを守りながら室内に景観を採りこむ

外部からの視線が気になるという問題も、平屋の問題点の一つとして挙げられます。陽射しが入りにくい状況にならないよう配慮して大きな窓を設けても、通りや隣家からの視線が入りやすい窓であれば、気軽に開放できません。外部からの視線を気にして窓を極力少なくすれば、陽射しも風も入らない、庭の景観も楽しめない家になってしまいます。住宅地に建てる家にとって、陽射しや風と、視線の問題は相反するので、常に悩ましい問題です。

しかし、勾配天井に設ける高い位置にある窓は、陽射しと風は採り込みつつ、外部からの視線を妨げます。勾配天井に設ける高い位置にある窓からは、空の青さや、星の瞬く空を室内に採り込めます。それと同時に、ローサイドライトを設けると、庭の草花を室内から楽しめます。

梁を見せておしゃれな空間にする

勾配天井はクロス張りの仕上げにすることもできますが、梁を見せる天井にもできます。梁を見せる天井は、無垢材の美しさがインテリアに彩りを与えおしゃれな空間が生まれます。また、梁を活かした照明プランが計画できます。梁にダクトレールを取り付け、スポットライトやペンダントライトを配置する方法です。下部にダクトレールをつけると、下方向の自由な角度に明かりを向けられます。ダクトレールの上部にスポットライトやペンダントライトを配置すると、天井に向かって明かりが拡がり、間接照明を楽しめます。その他に梁の側面につける方法も灯りの演出に効果的です。

■ 梁を見せる天井は、住宅の構造部を見せる手法の一つです。そのまま見せる場合には無垢材の美しさが活き、クロスを貼る場合には、無垢材にはない色でインテリアに調和させられます。

コラム 梁を見せる天井の魅力は無垢材の美しさが活きること

建築事例

勾配天井のある平屋で後悔しない為の間取りと空調方法

勾配天井とロフト

ウッドデッキとロフトのある家

勾配天井には様々な良さがある一方、室温の調整が難しくなるという重大な問題があります。

室温の調整が難しくなる

この問題は暮らしの快適さと、エネルギーの消費量による家計への負担に繋がるので、非常に重要です。まず考えておかなくてはならないことは、住宅の断熱性と、間取りです。勾配天井を活かした空間が、開放的で広々としている良さがある一方、家全体の間取りと暖房の方法によっては、快適な室温が管理できなくなる恐れがあります。

夏は暑いという状況を解決する屋根と断熱と窓の日射遮蔽

平天井の場合、屋根と天井の間に空間がありますが勾配天井にはありません。屋根から部屋までの空間が繋がっています。その為、屋根からの太陽熱、高い位置の窓からの日射で夏は室温が上昇します。そのような状況を避ける為には、家全体の断熱性を高めることはもちろんですが、加えて、屋根の断熱性をより高め、高い位置の窓には日射遮蔽機能のある複層ガラスを使うことも必要です。

ただ、勾配天井のある家に限ったことではありませんが、断熱性能は高めれば高めるほど、建築費が嵩みます。

冬は寒いという状況を解決する間取りと空調の方法

勾配天井が造り出す空間に対して適切な暖房を計画しないと、暖房をしているのに冷える家になってしまう恐れがあります。空気には暖まると上昇するという性質がある為、暖房で暖めた空気が上空に停滞してしまうからです。光熱費を気にせず、相当量のエネルギーを消費して暖房をすれば室温は上がりますが、家計に響きます。

そこで考えたいことが、暖かい空気を上昇させるだけではなく、家全体に循環させるという室温の調え方です。暖かい空気を循環させ、家の中の温度をどこも均一にすることが本来の暖房です。平屋には天井で上と下が区切られていない分、2階建て住宅よりもこの方法が採用しやすい良さがあります。

家全体に温かい空気を循環させるためには、間取りから考える必要があります。細かく居室を分けず、分ける部分にはランマや格子を使って、空気が遮られないような間取りです。この間取りと、床下エアコン、小屋裏エアコンを組み合わせると、家中を均等な温度にできます。

床下エアコンと小屋裏エアコンの組み合わせは、床暖房や全館空調と比較すると、新築時の導入費用も、暮らし始めてからのエネルギー量もかなり低く抑えられえます。ただ、この方法は、エアコンメーカーが推奨している使い方ではないので、施工を依頼する工務店と十分に相談することが大切です。

 リビングや玄関に設ける吹き抜けは、新築一戸建てを計画中のご家族に人気の高い間取りです。その一方、寒い、音やニオイが気になるなど、吹き抜けを建てた人達の中には、失敗したと感じ、後悔しているケースが全くないわけではありません。吹き抜けのある家が後悔する家になってしまう理由と解決法について考えていきましょう。

コラム 吹き抜けのある新築一戸建てが後悔する家になる理由と解決法

建築事例

勾配天井を活かした平屋を計画する際に考えておきたいこと

勾配天井とハイサイドライト

ホワイト外観のログハウス風住宅

勾配天井には、掃除や照明器具の交換が大変という面があることも否めません。一般的な平天井であれば、天井の埃は少し長めのモップを使えば、日常的に払うことができますが、勾配天井の高い部分は大変です。また、梁を見せる勾配天井にした場合には、梁に溜まった埃も払わなくてはなりません。

高さによっては照明の交換も、平天井の照明のように手軽には行えません。脚立を使った掃除は一人では危ないので、家族で協力して掃除ができるのか、照明の交換などを頼める業者はあるのかなどについて、間取りプランの段階で考えておく必要があります。

高い窓から射し込む陽射しが溢れるおしゃれなリビングは魅力的です。ただ、勾配天井のある平屋を計画する際には、そのような視覚的な面だけではなく、暮らし始めてからの快適さを確保することも同時に考えることが大切です。夏は涼しく冬は暖かい、気候の良い季節には窓からの風が心地よい、外からの視線を気にすることなく、明るさと暖かさ、外部の景観を楽しめる…そんな勾配天井を活かした平屋を建てませんか?

 平屋をあきらめてしまう理由には、主に平屋に適した環境の敷地が必要であることと、2階建てより家づくりの費用が嵩むことが挙げられます。では、1,000万円台で平屋を建てることは不可能なのでしょうか?1,000万円台で平屋を建てる可能性について、考えてみましょう。

コラム 平屋をローコストで建てよう!1,000万円台で実現する家づくり

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談