MENU

平屋をローコストで建てよう!1,000万円台で実現する家づくり

平屋暮らしの夢を叶える家づくり

「平屋に住みたい」

「家を建てるなら平屋を建てたい」

「子供が独立し2階を持て余しているので平屋に建て替えたい」

階段のない暮らしや、庭と融合する暮らしをしたい人にとって、平屋は理想の住宅です。平屋に住みたいと考えている人、建てたいと思っている人の数は、現実に平屋を建てた人の数に比べて、遥かに多いのではないでしょうか?実際、日本の戸建て住宅のほとんどは2階建て、都市部の密集した住宅地においては2~3階建てです。ということは、多くの人が平屋への夢をあきらめているとも考えられます。

平屋をあきらめてしまう理由には、主に平屋に適した環境の敷地が必要であることと、2階建てより家づくりの費用が嵩むことが挙げられます。では、1,000万円台で平屋を建てることは不可能なのでしょうか?1,000万円台で平屋を建てる可能性について、考えてみましょう。

建築事例

平屋に適した環境と広さを備えた敷地とは?

同じ敷地に建てる場合、1階だけの平屋は、2階建ての家に比べて、確保できる床面積が減ってしまいます。2階建ての箱形の家と比べれば、約半分の床面積しか得られません。その為、狭小地に建てる場合には、十分な居住面積が確保できなくなってしまいます。

住生活基本計画における居住面積水準として、夫婦と子供2人が暮らす家の理想的な居住面積は、125㎡(約38坪)とされています。2階建てであれば、この半分の建坪の家ですみます。実際に、戸建て住宅のほとんどは、30~40坪程度です。30坪の床面積の家を建てる為には、例えば建ぺい率50%、容積率100%と定められている地域の土地であれば、2階建てなら30坪、平屋なら60坪の敷地が必要です。

参考資料 住生活基本計画における「水準」について

60坪の敷地を、都心部に購入するとなれば、億単位の資金が必要です。その為、予算に上限がない場合を除いて、通勤通学などの利便性を優先させる家づくりをする場合には、平屋は選択肢から外れてしまいます。

一方、夫婦が暮らす家であれば、もっと狭い敷地であっても、平屋で居住面積を確保できるかもしれません。しかし、周辺を2階建て、3階建て、マンションに囲まれている環境であれば、日当たり、風通しの悪い家になってしまいます。日当たり風通しの為に、窓をたくさんつければ、隣家や通りからの視線が気になるプライバシーのない家になってしまう恐れもあります。

晴れた日にも家の中が薄暗い、気候の良い季節であっても、窓からの風を楽しめないというような暮らしは、心にも身体にも健康的な家とは言えません。加えて、平屋の土地探しでは、過去に水が出た地域を選ぶことはできません。大雨や台風の際に水害の危険があるからです。

従って、暮らしやすく、安全な平屋を建てるためには、ある程度の広さを持ち、河川の氾濫などの危険がない地域にある敷地が必要です。さらに、敷地の周辺に、高い建物が少なく、緑が多い自然豊かな環境であることが求められます。もし、この条件を満たした敷地に平屋を建てられれば、家の中のどの窓からも、周辺の景観を楽しめる暮らしが手に入ります。

リゾート地で過ごすような毎日が、日常になるのです。もちろん、平屋の良さはそれだけではありません。ワンフロアでの生活なので、子供の見守りがしやすい、家事負担が軽減できる、階段事故の心配がない、高齢になっても無駄な部屋が生まれないなど、たくさんの良さがあります。

都心に家を建てようと計画されているご家族も少なくないと思いますが、高額な土地を購入して、狭い家に住むより、土地の価格が抑えられる地域に、ゆったりとした家を建てることも、選択肢に入れてみませんか?特にリモートワークが増えてきたご家族には、とても良い家づくり計画になるはずです。

建築事例

1,000万円台で平屋を建てる可能性

平屋は、土地だけではなく、土台と屋根の面積が2階建てに比べておおよそ倍になるので、建築費が嵩むと言われます。また、戸建て住宅は、2階建てが主流であるため、建材が2階建て用の住宅に比べて、高額になるという面もあります。

そこで、建築費を抑えて平屋を建てたい場合には、平屋が得意な工務店を見つけることが、最も効率の良い方法だと考えられます。広告宣伝費に、莫大な費用をかけているハウスメーカーに比べて、工務店の建築費は抑えられています。そして、その工務店の中には、2階建てを中心にしている工務店と、平屋を数多く建築している工務店があります。

国内の戸建て住宅の主流は、2階建て、都心部では3階建てなので、2階建て、3階建てを中心に建築している工務店は数多くあります。2階建て、3階建てを中心に建築している工務店は、2階建て用、3階建て用の建材は大量購入するので、建材にかかる費用を抑えられますが、平屋だとそうはいかず、割高になってしまいます。しかし、平屋を数多く建築している工務店では、平屋用の建材を大量に購入するので、2階建てより割高になることがありません。

また、間取りの造り方も、2階建てと平屋では違いがあります。平屋を多く建築している工務店と、2階建てを主に建築している工務店では、平屋の設計力に差が出ます。平屋の間取りでは、無駄なスペースをできるだけ少なくすることが、建築費を抑えることに繋がります。廊下や玄関ホールに床面積を使わない、玄関やリビングに、家族で使える大型収納を設け、居室ごとの無駄な収納スペースを造らない、などの工夫で、床面積を減らして建築費を抑えるのです。

その結果、居室を細かく区切らないシンプルな設計が、子供を見守りやすく、スムーズな家事動線を生む間取り、家族の自然な触れ合いのチャンスを増やす間取りを持った家を実現させます。シンプルな間取りの家は、ライフステージの変化に応じて、ちょっとしたリフォームで暮らしやすさが持続するという、平屋の良さが活きる家でもあります。

平屋を数多く建築している工務店では、平屋に適した土地探しも得意です。前述したように、平屋の暮らしは、敷地と敷地周辺の環境に、大きく影響されるからです。平屋に適した条件を満たした土地を探す場合には、平屋の造り方に精通していなくてはなりません。平屋の場合、2階建てに比べると、通りからの音が聞こえやすい、2階建てより防犯性が低くなるなどの問題点があります。それらの問題には、間取りで解決できる部分と、土地の選び方で解決する部分があるのです。

今住んでいる地域は土地の価格が高額なので、平屋が建てられるような地域で土地を探したいが、土地勘がない、しかも平屋の間取りに適した土地の形状もわからない…というような場合に、強い味方になってもらえます。

建築事例

エイ・ワンの平屋の施工事例
クロスが特徴的なリゾートテイスト住宅

リゾートテイストの平屋

まるでリゾートにいるかのようなリビング 家族の動線にあった大型のファミリークロークを備えています。

平屋の外観

スタイリッシュなブラックで統一された外観デザイン

平屋のリビング

リビングやテラス、庭で過ごす家族を見守りながら調理できるアイランドキッチン

勝手口のある平屋のキッチン

洗面所、浴室、リビングを回遊するスムーズな家事動線を生むキッチンには、勝手口が備えられています。

リビングから続くテラスがある平屋

リビングの大きな掃き出し窓からフラットに繋がるテラス

平屋の子供部屋

将来、2部屋に別けられるように設計された子供部屋

延べ床面積 89.43㎡(27.05坪)
価格帯 本体価格 1,000万円~1,499万円(税別)
LDKの広さ 20.5帖
nLDKタイプ 平屋 3LDK

 

この他にも1,000万円台の建築費の平屋が多数ございます。
平屋暮らしという夢をあきらめず、ぜひ平屋の暮らしを手に入れてください。

平屋特集のページ

建築事例

エイ・ワンの取り組み

ヒバ無垢材を使った二階建てのリビング|行方市の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

行方市の二階建て|ヒバ無垢材の魅力あふれる住まい

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談