MENU

子育てに備える家づくりで大切なこと

子育てに備えた家

「どうして家を建てるのですか?」

家を建てよう!と決心するきっかけは様々ありますが、現在の住まいでは、理想の暮らしができないという想いが、その根源にあるのではないでしょうか?

「理想の暮らしができる家に住みたい」

という想いを基に、家づくりを始められることと思います。

「子育てをしやすい家を建てたい」

家づくりをする平均的な年齢は40歳前後、多くの人は、子育てをしやすい家を建てたいと願っていることと思います。

それでは、理想の暮らしができる家、子育てがしやすい家とはどんな家なのでしょうか?家族が暮らしやすい家、子供がのびのび育つ家、見栄えの良い外観と、内装が整った家…というように、イメージとしてだけ、理想の家を捉えていると、家づくりの途中で、行き詰ってしまうことがあります。

そんな時に、どうして自分たち家族は家を建てようと決心したのか、どんな家を建てたかったのか、どうすれば子供が幸せに育つ家になるのか、ということが、難しい判断をする際の助けになります。イメージだけではなく、具体的な家づくりの繋がる自分たちの想いを、明確にしておくことが大切です。そして、子育てに良い環境には、地域的な環境と、家の中の環境が同時に求められます。それぞれについて考えていきましょう。

建築事例

子育てに向く地域的な環境

子育てしやすい2階建て住宅

つくば市の二階建て|アイランドキッチンのあるログハウス風住宅

子育てに必要な利便性のある地域、子供が安全に過ごせる地域を目安に、土地探しを進めていくことと思いますが、具体的にはどのようなことに注意するべきでしょうか?

子育てに必要な利便性

学校、子供を連れていける病院、塾や習い事の教室、日常生活に必要な買い物をする施設が整っている地域は、小育てをしやすい地域です。児童館や公民館、図書館なども、近くにあると便利です。子育て相談を受けたり、育児サークルに参加したりすることもでき、雨の日に子供を遊ばせることもできます。

また、子供は、皮膚科や歯科に定期的に通うことになったり、急な発熱や怪我で救急医療が必要になったりします。通いやすい場所に小児科や歯科、皮膚科があり、夜間の救急に対応してくれる病院がある地域では、安心して子育てができます。

加えて、子育て中には、子供を連れていきやすいスーパーなどの日常品を購入できる施設も必要です。

地域の安全度

子供が就学するまでは、家の中で過ごす時間が多いのですが、学校に通うようになると、外で過ごす時間が増えてきます。小学校までの通学路や、近所のお友達と遊ぶ場所が、安全であると考えられる地域にはどのような条件が必要でしょうか?

子供が小さいうちは、緑の多い公園や神社は、草花や樹木に触れることもでき、親子で遊ぶにはうってつけの場所です。しかし、子供だけで遊ぶ場合には、注意が必要です。周辺の家の窓や通りから死角になっている場所がある、出入り口が多いというような公園や神社は犯罪や事故が起こるリスクが高いからです。

また、集団登下校の際の通学路は、車の往来が少ない、ガードレールが設置されている、横断歩道に誘導者がいる、集合場所までの距離が短いといった道路が子供の通学時の安全を守ります。

学校

公立校に行かせる場合には、地域によって学力や、校風が異なるので、一貫校など希望する公立校がある場合には、あらかじめ学区を調べておくことも必要です。私立に行かせる予定であれば、目標の私立校までの交通の利便性を考える必要があります。

建築事例

子育てに向いた家の中の環境

子育てしやすい家のリビング

行方市の二階建て|ナチュラルモダンな白壁の家

子育てしやすい家の中の環境に必要な要素は、たくさんありますが、基本的には、子供の見守りがしやすいことと、子供の健康が守られることが挙げられます。

子供の見守りがしやすい間取り

子供が就学するまでは、常に大人の見守りが必要です。母親が、家事をしながらでも常に子供を見守れるように、対面キッチンにする、キッチンとダイニング、リビングを直線状に並べるといった間取りが求められます。このような間取りは、子供が成長してからも、家族の自然な触れ合いが途切れない家族の愛情を育む間取りでもあります。

キッチンにカウンターを設けておくと、子供が就学してから、お母さんと会話をしながら宿題ができ、リビングに続き間に和室を設けておくと、目の届く場所でお昼寝をさせられます。

子供と一緒に入浴しやすい浴室と洗面所

子供が就学するまでは、親子で入浴します。東京ガスが行ったアンケートの結果を見ると、親子のコミュニケ―ションをとるタイミングで最も多いのは、夕食時、次が入浴時でした。9歳以下の子供を持つお父さん、お母さんのうちの約9割が、親子で入浴する時間は貴重な時間だと考えているそうです。

9~10歳を境に、親子で入浴することは少なくなっていきます。生まれてから、約10年間だけが、親子で入浴を楽しめる期間と言えるのではないでしょうか?小さいうちは、お風呂で遊ばせながらスキンシップ、お話ができるようになったら、保育園や学校での出来事を聞くなど、会話を楽しむという過ごし方をする親子が多いようです。

一方、寒い、床が冷たい、浴室が狭い、浴槽が小さいという不満を感じている親子もいます。新築の場合、システムバスを採用するので、暖かい浴室、清潔な浴室は間違いなく実現できますが、浴室と浴槽の広さは、間取りプランの造り方で変わってきます。

リビングを広くとるために、浴室や洗面所の床面積を倹約する間取りにしてしまいがちですが、浴室や洗面所は、毎日必ず使う場所です。家を建てるタイミングで、すでに子供が中学生、高校生になっている場合には、最小限の浴室でも、問題ないでしょう。しかし、子育て中には、ゆったりした浴室が理想的です。ベンチがついているタイプの浴槽は、子供を腰掛けさせられるので便利です。

参考サイト 東京ガス ウチコト

室内環境

室内環境の良さは、子供だけではなく、家族全員にとって大切ですが、小さな子供にとっては、家で過ごす時間が非常に長いので、より環境の良さが求められます。家の中にいつもきれいな空気が循環していること、ジメジメせず、乾燥しすぎないことが、家族の健康に貢献します。

そのような室内環境を調える為には、住宅の断熱性や気密性、換気計画が重要ですが、内装に使う建材によって、より良い室内環境を調えることができます。無垢材や畳などの自然素材は、子供の健康に悪影響を与える化学物質を、空気中に放出する心配がありません。

内装に使われる無垢材は、調湿という性質によって、室内の湿度を調整し、常に適切な湿度を維持します。子供の皮膚は、大人に比べて皮脂に分泌が少なく、角質も薄いので、肌を守る機能が十分に働かず、乾燥に弱い状態にあります。その為、室内が乾燥していると、乾燥肌になりやすく、炎症を起こしてしまうこともあります。

この状態が続くと、掻きむしってしまい、さらに肌の炎症がひどくなってしまいます。子供は家にいる時間が長いので、気候の変化や、エアコンによって、乾燥しすぎる室内環境は、肌だけではなく、呼吸器の粘膜にも負担をかけます。調湿性のある内装の室内では、乾燥が抑えられ、室内の湿度が適切に調えられます。

参考サイト 健栄製薬 子どもはなぜ乾燥肌になりやすいのか?

■ ■ ■

無垢材には、子供の五感を育てるという良さもあります。無垢材に触れて育つということは、子供の五感に刺激が与えられる環境で育つということでもあります。木育の効果を得る為、無垢材の内装にしている幼稚園や保育園、小学校も少なくありません。緑の多い公園などで自然に触れる、木のおもちゃで遊ぶといったことで、子供は木の持つ独特の香りで情緒が安定するとともに、子供の感覚が育まれていきます。

子育てしやすい間取り、子供の健康に貢献する室内環境を備えた家、子供の五感を育む家を、無垢材の平屋が得意なエイ・ワンで実現しませんか?

建築事例

エイ・ワンの取り組み

ヒバ無垢材を使った二階建てのリビング|行方市の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

行方市の二階建て|ヒバ無垢材の魅力あふれる住まい

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談