耐久 ~家の骨格をしっかり守るから家が長持ち

家を長持ちさせるには、家の骨格である構造体をしっかり守ることが重要。
構造体の大敵である雨水、湿気対策を施します。
 

通気工法

外部通気工法と基礎パッキン工法を採用することにより壁と床下の湿気を屋外に放出します。
その結果構造体を腐朽やシロアリから守ることができます。

 

外部通気工法

外壁の内側に風の通り道を作り湿気を屋外に排出します。常に乾燥状態を保つことで建物の長寿命化につながります。

 

基礎パッキン工法

基礎パッキン工法は従来の工法に比べて1.5~2倍の換気性能を発揮。
床下全域を乾燥させることで断熱材の性能を維持。
土台の腐朽を防ぎます。

 

長期優良住宅対応

長期優良住宅は「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)によって定められており、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かでより優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

長期優良住宅に必要な条件は以下の通りです。

 

1.耐震性能 地震に強く、倒壊しにくい安心の家
2.耐久性能(劣化対策) 構造や骨組みのしっかりした長く住める家
3.住戸面積 必要な広さが確保された、暮らしやすい家
4.省エネルギー性 地球にやさしく、家計にもやさしい家
5.居住環境 地域のまちなみと調和した家
維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

 

このような条件を持つ家が長期優良住宅と認定されます。