MENU

リゾート地でテレワーク?ログハウス風の平屋はどんな家?

快適なテレワークができる家

 

会社での業務のうち、出勤日よりテレワークが多くなった人は少なくありません。そろそろ1年になろうとしているテレワークの毎日を、皆さんはどのようにお過ごしですか?

始めのうちは、毎日、満員電車に乗らなくてはならないストレスがなくなることや、通勤時間を自分の時間に使えることなどから、それほど悪くないな…と感じていた人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ところが、テレワークの期間が長引いてくるにつれ、様々な暮らし難さが出てきているケースもあります。家族の寛ぎの場であるはずの自宅を、仕事場としても、使わなくてはならないことの歪みが出てくることもあれば、仕事の合間にする仕事仲間との何気ない雑談が、実は気分転換になっていたことに気づくこともあります。

リクルート住まいカンパニーが行った「テレワーク×住まいの意識・実態調査」を見ると、およそ70パーセントの家庭が、テレワークをきっかけに、仕事に適した環境を整えているという結果が出ています。現在は、仕事をしている人のうち、約16パーセントがテレワークをしていますが、潜在的には約42%の実施者を見込んでいるということです。政府がテレワークを推進していることもあるので、今後はますますテレワークをする人が増えていくと考えられます。

これから家を建てようと計画しているご家族においては、仕事をしている人にとっては、働きやすい環境、家族にとっては、テレワークをしている人がいても、気にならない環境の家を建てるように、計画していくことが必要なのではないでしょうか?

参考サイト テレワークを前提とした家選びや街選びの潮流が!職住融合

テレワークをする家族がいる環境に適した家づくり

テレワークをする家族がいる家の間取りの基本的な条件は、家族の寛ぎの場と、仕事の場がどちらも確立されていることです。その当たり前のことに、プラスアルファの要素を加えてみませんか?子供たちが毎日を楽しく過ごせ、大人は癒しを感じられる環境を持つ家、まるでリゾート地で暮らしているような毎日を過ごせる家にするという要素です。

テレワークをする家族がいても、家族全員が、ストレスを感じることなく、楽しく暮らせる家について考えてみましょう。

家族の寛ぎの場を確保する

家族の誰もが、家にいる時間はリビングで過ごし、それぞれ好きなことをするというライフスタイルの家族が増えています。そのような暮らしを実現するためには、広いリビングが必要です。広いリビングを造るため、書斎や客間を造らない間取りが増えています。

その結果、すでに家を建てている家族の場合、リビングでテレワークをする、または、急遽リフォームをして、リビング内にワークコーナーを造るといった方法をとっているケースも多いようです。

この方法は、テレワークをする本人にも、家族にとってもストレスを生んでしまいます。テレワークをする本人にとっては、子供が気になって仕事に集中できない、家族にとっては、音楽やテレビの音量に気を使う、友達を呼べない、リモート会議の度に部屋から出されるなどのストレスを生み出します。

テレワークをする人がオンとオフを切り替えられる

テレワークに備えた間取りでのリビングは、寛ぎの場所として考えていくことが大切です。リビングが家族の寛ぎの場として、確保されているという間取りは、家族全員にとって、家族の愛情を育む場所があるということであり、テレワークをする本人にとっては、オンとオフをくっきり切り分けられるということに繋がります。

オンとオフを切り分けられるようにするためには、独立したワークスペースを設けること、家族の寛ぎの場と、仕事の場が干渉しあわないようにすること、仕事上の来客を通しやすい場所にワークスペースを設けることなどに対する工夫が求められます。

建築事例

テレワークをしやすいワークスペースの条件

ログハウス風住宅の書斎

仕事に集中でき趣味も楽しめる秘密基地のような書斎

オンとオフを切り替えられる、家族の行動を妨げない、仕事が捗る…そんなスペースを造るためには、どのようなことが必要でしょうか?

ワークスペースの形態と広さ

理想は個室です。昔は、広い書斎を備えた住宅も多くありましたが、リビングを広くとるためには、広い書斎を構える訳にはいきません。それほどの床面積を避けない場合、DENを造るという方法はどうでしょうか?DENとは、穴倉を表す言葉で、本を読んだり書きものをしたり、趣味を楽しんだりする、書斎より小ぶりなスペースです。

壁面収納と組み合わせると、わずか1畳でもパソコンデスクを置いて仕事の場として使えます。もう少し床面積に余裕があり、3~4畳の部屋にできれば、壁面収納の他に、仕事に必要な資料の為の収納スペースも作れるでしょう。

書斎に使える床面積を捻出できない、という場合には、夫婦の寝室の一部に間仕切りを設けてワークスペースを造る方法や、子供と共用できる勉強部屋にするという考え方があります。どちらも、昼間は使わない場所なので、平日の日中は、一人で仕事の集中できます。

ワークスペースの場所

LDKからの声や音が、届きにくい場所であることに加え、仕事上の来客が多い場合には、玄関の近くにするなどの配慮も必要です。

日当たり

ワークスペースは、リビングと違い、集中力を必要とする場所なので、南からの陽射しより、北からの陽射しの方が、仕事をしやすい環境が調います。南からの陽射しは明るく暖かいのですが、眩しさもあるからです。北からの陽射しは、直射日光ではないので、眩しさがなく、PCモニターに光が反射することもありません。北向きの部屋は過ごしにくいと倦厭されがちですが、ワークスペースにすると、仕事のしやすい環境が調います。

コンセントの位置

PC、プリンター、スマホ・タブレット用の充電器などを賄えるだけのコンセントの数が必要です。コンセントが十分にないと、タコ足配線になってしまい、漏電の危険があり、掃除もしにくくなるだけではなく、肝心の仕事の効率が低下します。

特に部屋が狭い場合には、足を引っかけたりする恐れもあります。間取り計画の段階で、デスクを置く場所、プリンターを置く場所などを想定し、適切な位置に適切な数のコンセントを配置することが大切です。家具の配置に合わせて、コンセントの位置を決めることで、PC用抜け防止コンセントや、スマホの充電ができるUSB付きコンセントなど、最適なコンセントを最適な場所に設置できます。

建築事例

リゾート地で暮らしているような毎日を過ごせる家

ワークスペースの造り方のポイントを抑えた上で、家全体の造り方について考えていきましょう。家族全員が暮らしを楽しめる家、気持ち良く過ごせる家、子育てがしやすく、家事負担の少ない家などの条件を満たす家として、候補に挙がる家として、ログハウス風住宅が挙げられます。

シンプルな外観と、ログハウスのような住み心地の良さを併せ持つログハウス風住宅の中でも、平屋は、庭や周辺の環境をより楽しめ、暮らしやすい家です。平屋では、どの窓からも、庭や、敷地周辺の景観を楽しめます。仕事で疲れた時に、職場仲間との雑談タイプがない分、窓からの景色で、ほっと一息つく時間を持てます。また、仕事上の来客が多い場合でも、ワークスペースに来客を通しやすい間取りが造りやすいという利点もあります。

庭や窓からの景色と融合し、ログハウスのような内観と住み心地を持つログハウス風住宅は、家族にとってリゾート地で暮らすような日常を実現します。ログハウス風住宅が、ログハウスのような住み心地の良さを持つ理由は、内装に無垢材が使われているからです。無垢材には、調湿性や蓄熱性、断熱性で室内の温度や湿度を適切に保ちやすくします。また、無垢材の香りや木目模様は、心を落ち着かせ、リラックスさせる効果を持っています。

そのような環境は、家族の健康に貢献するだけではなく、仕事で疲れた目や脳を休めてくれます。テレワークをしやすい環境を目指す家づくりでは、仕事のしやすさだけではなく、テレワークが長く続いた場合の、心と身体の健康を守る環境作りも、考えてみませんか?

たくさんの平屋、ログハウス風住宅の建築事例がございます。ぜひご覧ください。

平屋の施工事例

建築事例

エイ・ワンの取り組み

ヒバ無垢材を使った二階建てのリビング|行方市の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

行方市の二階建て|ヒバ無垢材の魅力あふれる住まい

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談