MENU

注文住宅の家づくりに大切なおすすめの要素とは?

茨城,低価格注文住宅

外観も、内装も、間取りも、住宅性能も、すべて自由にできる注文住宅は、家族の暮らしにあった快適な家を実現します。その一方、何もないところから始めるので、家づくりにかける準備期間が必要です。どこから手を付けてよいかわからない…すべて自由にできる分、考えなくてはならないことがたくさんあります。

夢を詰めこむばかりでは、注文住宅には、規格がないので、予算も、どんどん上昇していきます。家づくりを成功させるためには、限られた予算内で、優先順位を決めていかなくてはなりません。家づくりをする上で、おすすめしたい優先するべきことについて、考えていきましょう。

おすすめしたい優先順位の一位は住宅性能

日本は地震の多い国です。昨年11月末から、12月の初めにかけて、関東地方が震源地である、震度1以上の地震は16回発生しました。12月に発生した、茨城県北部を震源とする最大震度4の地震は、1回では終わらず、次の日も続き、2日間で震度3以上の地震が、5回も発生しました。この地震は、東日本大震災の余震と考える学者もいますが、首都圏直下地震につながるという意見を持つ学者もいます。

どちらにせよ、正確な地震発生の予測はできないという現実がある以上、「耐震性能の高い家を建てる」ということは、絶対に外せません。したがって、家づくりにかける予算の中での優先順位の一位は、耐震性能です。

次に大切な住宅性能は、断熱性です。断熱性とは、家の中に出入りする熱の量を抑える性能です。どんなに冷暖房をしても、夏は、たくさんの太陽の直射熱が家の中に流入し、冬は、多くの暖房の熱が、家の外に逃げだしてしまえば、心地よい室温は維持できません。夏は暑く、冬は寒い家、家の中の温度差が大きい家という室内環境の家では、家族の健康は守れません。

さらに、そのような室内環境では、室内を適温にするために、冷暖房を最大限、稼働しなくてはならないので、エネルギーの無駄遣いになり、光熱費も嵩みます。冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる家、エネルギーの無駄遣いをしない家、光熱費を倹約できる家にするためには、「断熱性の高さ」を優先させる必要があります。

おすすめしたい暮らしやすさに直結する要素

「居心地の良い家、暮らしやすい家を実現するために必要な要素」について考えてみましょう。

■ 暖房設備

新築時に迷うことの多い設備の一つが、暖房設備です。置き型の暖房器具は、住宅完成後に設置できます。しかし、床暖房、床下エアコン、置き型エアコンなどは、新築時に設置した方が、費用の無駄が抑えられます。ただし、抑えられるとは言っても、床暖房の種類によっては、100万円以上の費用がかかるので、多くの人が設置に迷うのです。寒さの厳しい地域では、必要度の高い設備ですが、家を建てる地域の気候によっては、それほど必要ない場合もあります。

茨城県の中でも、鹿嶋市や神栖市などの南東端部、北茨城市や日立市、高萩市などの北部沿岸部は、海洋性の気候です。冬はそれほど冷え込まず、夏は涼しい過ごしやすい地域です。このような地域では、他の予算を削ってまでは、床暖房を設置する必要はないでしょう。

反対に、つくば市や龍ケ崎市、水戸市などの中央部から南部平野部へかけての地域、常陸大宮市や常陸太田市、大子町などの北部山間部は、冬の寒さが厳しい地域です。このような地域では、暖房機器への優先順位を、高めておいた方が良いかもしれません。

床暖房は、費用がかかりすぎるが、効率の良い暖房設備を設置したいという場合には、床下エアコンという選択肢もあります。床下エアコンとは、一般的な壁かけエアコンを、新築時に床下に設置し、暖房器具として使う方法です。この方法は、エアコンメーカーが推奨している方法ではありませんが、床暖房よりはるかに費用を抑えられます。

ただし、床下エアコンが有効に使える要素として、土台が、断熱材で覆われている基礎断熱であることと、断熱性と気密性の高い家であることが、求められます。また、「床下エアコンとして、使い勝手の良いエアコン」の種類も限られています。床下エアコンの設置経験のある工務店であれば、「床暖房は費用がかかるので、床下エアコンにしたい」という旨を伝えれば、相談に乗ってもらえます。

■ ロフト

新築で後悔していることの中で、意外に多いのがロフトです。作ったけれど、使い勝手が悪くて使っていないというケースです。この理由は何でしょうか?その一つは、収納のしづらさです。ロフトの階段が、折り畳み式、または梯子式だった場合、衣装ケースなどを、抱えての上り下りが難しいからです。家族の誰かが手伝ってくれなければ、収納できないこともあるでしょう。もし、固定式の階段であれば、両手に荷物を抱えていても、安全に昇り降りができ、楽に収納できます。

もう一つ考えられることは、暑さと寒さです。「子供部屋として使おうと思っていたが、夏は暑くて、使えない」「冬は、暖房の熱がロフトに上がってしまい、階下の部屋が寒い」というようなことがおこるのです。しかし、断熱性の高い家であれば、そのような問題が起こりません。

子供部屋は、子供が独立すれば、いらなくなってしまう部屋です。ロフトを子供部屋として使えれば、子供部屋を作らず、リビングを広くできます。リビングが広くなれば、家族全員が居心地よく過ごせるリビングが、より快適になります。また、子供はロフトのような隠れ家的なスペースが大好きです。住宅の断熱性の高さと、固定式階段がついたロフトの組み合わせがおすすめです。

■ 玄関~リビングの収納スペース

収納スペースの使いやすさの条件は、2つあります。収納しやすい位置にある、収納するものの大きさにあっているということです。収納しやすい位置とは、家族の暮らし方と動線にあっている位置であり、収納する人の背丈にあっている位置でもあります。

家族が家にいる時間は、ほとんど全員が、リビングで過ごすという家族の場合、玄関、または玄関からリビングへの中継地点や、リビング内に設置するファミリークローゼットがおすすめです。リビング中心の間取りでは、玄関からリビングに直行する動線が、考えられるからです。玄関~リビングに収納スペースがあれば、自分の部屋に戻らずに、外出時の上着や、荷物を収納できるので、リビングが散らかりません。

そして、ウォークインタイプの大型収納は、内部を家族構成や、収納するもののサイズに合わせて、棚やパイプハンガーを設置できます。小さな子供でも手が届く棚の高さ、家族分のコートや、上着が収納できるだけのパイプハンガーなど、家族に合わせて作ると、使いやすい収納が完成します。玄関に作る場合は、土間収納と組み合わせられるので、スポーツ用品、ベビーカーなども収納できます。

■ 洗面所内の家事スペース

ほとんどのご家庭では、洗面所内に洗濯機を置きます。そこで、洗面所内に、洗濯物を干すスペース、アイロンをかけるスペース、下着やパジャマなど、入浴後に使う衣類を、収納するスペースがあると便利です。

浴室乾燥の設置も、迷う人が多い設備ですが、洗面所から、洗濯物を干す場所までの距離が遠い場合、浴室乾燥があると、家事の時短ができます。ただし浴室乾燥は、導入時だけではなく、ランニングコストがかさむことも考えておく必要があります。その点、洗面所内に洗濯物を干すスペースを作っておくと、電気代もかからず、洗濯物を干したり取り込んだりする時間を節約できます。

また洗面所内に、アイロンをかけられるスペースと、パジャマや下着を収納できるスペースがあれば、洗濯物を干す場所と、アイロンをかける場所、衣類を収納する場所の往復が減らせます。

***

住宅性能は、家族構成や、家族の暮らし方にかかわらず、絶対に譲れない要素ですが、その他の要素は、家族構成や家族の暮らし方、地域の気候によって、優先度が変わってきます。大切なことは、家族構成や家族の暮らし方、地域の気候に合わせて、優先順位を決めることです。家族の暮らしにあった理想的な家づくりが、居心地がよく快適で安全な家を実現します。

茨城でおすすめの注文住宅・建築事例

■ ロフト・玄関収納付き1LDK平屋

コンパクトで開放的、木の香りと居心地の良さに包まれた快適空間の住まいです。

茨城,低価格注文住宅

ロフトへは、固定階段で上がります。

茨城,低価格注文住宅

広々とした風が通り抜けるロフト

茨城,低価格注文住宅

コンパクトでありながら窮屈さを感じさせない空間

ロフト,玄関収納付き1LDK平屋のリビング2|茨城の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

延べ床面積 67.90㎡ (20.5坪) + ロフト19.87㎡(5.7坪)
価格帯 本体価格 1,000万円~1,500万円
LDKの広さ 15.5帖
nLDKタイプ 1LDK+ロフト
仕様 平屋ロフト付き グレード:Original 内装:Woody
建築事例

茨城でおすすめの注文住宅「ログハウス風低価格住宅」を建てるならエイ・ワンにご相談ください。

ロフト,玄関収納付き1LDK平屋の犬|茨城の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例