ログハウスからログハウス風低価格住宅に切り替えた理由

ログハウス風の低価格住宅を建てる工務店エイ・ワンから伝えたいこと 1
ログハウス風低価格住宅(Cute)1号

ログハウス風低価格住宅(Cute)1号

 

株式会社A-1建築事務所(1981年10月設立)の家づくりは、1988年にスタートしたログハウスの販売からスタートしました。A-1グループとして、多くのログハウスを建築してきた経験の中で、たどり着いた住宅がログハウス風低価格住宅です。ログハウスの良さを活かし、ログハウスのデメリットと言われる、メンテナンスや維持にかかる手間や費用の面を改善した暮らしやすい家です。

建築事例
エイ・ワンが造るログハウス風低価格住宅の特徴
無垢材の内装

無垢材のフローリングは多くの人に好まれる床です。エイ・ワンが造るログハウス風低価格住宅は、床だけではなく、天井や壁も、好みに応じて全ての内装を無垢材で仕上げるのが標準仕様となります。

木のぬくもり溢れる自然派住宅の外観|富山の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン 低価格

ご要望に応じて、3種類の仕様が用意されています。ご予算に応じた無理のない資金計画で家づくりをすることで、暮らし始めてから余裕のある生活を維持できる、住宅ローンの返済で苦労しない家づくりができます。

 

暮らしやすい間取り

家族の成長とともに変化するライフスタイルにより、現在の生活スタイルと将来の生活スタイルは、変化していきます。それぞれのご家族が、現在も将来も最も暮らしやすい間取りをご提案します。

 

 

ご予算に応じたプランと総額の概算はお見積もりを無料で作成致します。下記の資料請求からお申し込みください。

 

資料請求

建築事例
無垢材内装 ログハウス風住宅 ログハウス

 

エイ・ワンの家づくりの流れ

 

ログハウス風 低価格住宅の誕生秘話

ログハウスの販売からスタートしたA-1グループの家づくりは、長い年月をかけて、技術者が創意工夫した結果、ログハウス風 低価格住宅へと進化しました。
ログハウス風 低価格住宅が誕生した背景は、A-1GROUPの歴史と深く関係しています。

1981年10月 株式会社エイ・ワン建築事務所の設立

A-1GROUPは、1981年10月 株式会社エイ・ワン建築事務所の設立からスタートしました。
名刺などには、「A-1建築事務所」と表記されていますが、当時、会社登記に英数文字が使用できなかったため、A-1と表記することができず、カタカナでエイ・ワンと書いて登記をしたそうです。
そのために、契約書などの公文書での会社名は「株式会社エイ・ワン建築事務所」となっています。
株式会社エイ・ワン建築事務所を設立した先代社長は、大学の建設学科を卒業後、地元のゼネコンに就職し、父親の介護のために独立を決意したそうです。
建築事務所として設立した株式会社エイ・ワン建築事務所の設立当時の主な収入は、一部上場企業からのプラント設計などの依頼だったそうです。

1983年10月 エイ・ワン株式会社設立

一部上場企業の設計の仕事を請け負っているうちに、建築依頼もいただくようになってきたために設立したのが、エイ・ワン株式会社です。
エイ・ワン株式会社の主な仕事内容は、建築会社として登記されています。

1988年 ログハウスの販売・施工事業開始

創業者がある会合に出席した時に、たまたま出会った人物からログハウスの販売の仕事を紹介されたそうです。
そこから、エイ・ワン建築事務所でログハウス事業がスタートしました。
ログハウスを取り扱うようになった理由を「エイ・ワン建築事務所の設立当時からプラントなどのコンクリ―トと鉄でできた建物の設計ばかりしていたために、木の建物の設計をしたくなった」と、創業者は言っています。
企業としては、収入の源を1社に依存することのリスクを逃れるためという理由もあるのかもしれません。
1988年ころ、茨城県内でログハウスを販売している企業はほとんどなく、当時、ログハウスの販売棟数では、茨城県内でトップ企業だったそうです。
ちなみに、エイ・ワン株式会社が建てた1棟目のログハウスは、今でも「イタリアンレストラン・トムソーヤ」として活用されています。

エイ・ワン株式会社が建てた1棟目のログハウス

「イタリアンレストラン・トムソーヤ」

1991年 ログハウス風 低価格住宅 第一号建設

1991年のある日、ログハウスを建てたいというご夫婦がお見えになったそうです。しかし、予算が厳しく、ご希望される内容でのログハウスの建設は不可能でした。ちょうどその時、企画していたのが、「ログハウス風 低価格住宅」だったのです。ログハウス風 低価格住宅を企画したきっかけは、「天然素材である無垢材で囲まれたログハウスの室内環境のすばらしさは他に類を見ないが、ログハウスの宿命ともいえるメンテナンス面の苦労を軽減することができないだろうか?」ということだったそうです。
また、当時から一般住宅と比べ、ログハウスは高価な住宅でしたから、「価格をおさえて、天然素材である無垢材で囲まれたログハウスの室内環境のすばらしさを、より多くの人に実感してもらいたい」という気持ちもあったそうです。そこで、
・ログハウスの室内環境を維持するために室内を無垢材で仕上げる。
・ログハウスのメンテナンスの中心となる外壁を現代住宅の仕様で施工することで、メンテンナンスの手間と費用を軽減する
というログハウスと現代住宅、双方の長所を取り入れて企画されたのが、「ログハウス風 低価格住宅」なのです。

2000年代 ログハウス風 低価格住宅の進化

1990年代前半に企画されたログハウス風 低価格住宅の外壁は、当初“ガルバリウム”を採用していましたが、現在は“窯業系サイディング”を標準としています。ガルバリウムから窯業系サイディングに変更した主な理由は、ガルバリウムの価格高騰と窯業系サイディングと比べて総合的な機能がより上だと判断したからです。
窯業系サイディングの優位性は、デザインバリエーションの豊富さもさることながら、耐候性、防火性能、防音性能に優れていることにあります。お客様により良いログハウス風 低価格住宅をより安くご提供するために外壁材の変更を決断しました。
お客様により価値のあるログハウス風 低価格住宅をご提供するために、その他にもマイナーチェンジを繰り返し行ってきました。
これからも、お客様により笑顔になっていただくために、ログハウス風 低価格住宅の仕様の改良は、随時おこなっていくことになると思います。

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例