MENU

注文住宅の予算オーバーがおきる原因と対処する為のポイント

家づくり予算

家づくりの方法の中で、注文住宅を選ぶご家族には、自分たちの建てる家に対するこだわりがあります。ただ、これから建てる家に、家族のこだわりを採り入れれば採り入れるほど、家づくりの予算は膨らんでいきます。

一方、家づくりにかける予算が膨らめば膨らむほど、住宅ローンの借入額も増えていきます。住宅ローンの借入額は、家族の年収と照らし合わせて、安全に返済できる額を決めていることと思います。その為、予算オーバーしてしまうと、住宅ローンの返済額が増え、新しい家での暮らしにゆとりがなくなってしまう恐れがあります。

家づくり中には、通常の生活で使う金額とは桁の違う金額が動き、金銭感覚がマヒしてしまう傾向にあります。その結果、こだわりを優先するあまり、予算が際限なく膨らんでいってしまいます。しかし、家が建ってからの暮らしを考え、当初に決めた予算をオーバーしないように家づくりを進めることが大切です。家づくりの予算がオーバーしてしまう原因に合わせた対処法を考えていきましょう。

建築事例

シンプルな外観と床面積を倹約する間取りで予算オーバーを避ける

ブラック外観と無垢材のクールな平屋

小美玉市の平屋|ブラック外観と無垢材のクールな平屋

同じ床面積の家であっても、外観と間取りによって建築費は変わります。

建築費の予算オーバーを抑えられる外観

屋根、住宅の形状は、面が多いほど建築費が嵩み、面が少ないシンプルなデザインほど建築費を抑えられます。

屋根

現在、注文住宅に使われている一般的な屋根には、一面だけの片流れ屋根、陸屋根、三角の切り妻屋根などの面の少ない屋根から、寄棟屋根や方形屋根のような4面の屋根があります。この中で、建築費を抑えられる屋根の形は、片流れ屋根と切り妻屋根です。

ただ、片流れ屋根や切り妻屋根であっても、軒の出を深くしたり、下屋を増やしたりすると、建築費が嵩みます。日射遮蔽の為に深い軒は有効ですが、予算を抑えたい場合には深い軒をあきらめ、それ以外の方法で日射遮蔽対策をするという考え方ができます。例えば、オーニングを設置する、窓のそばに落葉樹を植えるというような方法です。

陸屋根は、屋上を作れるので、人気の高い屋根ではありますが、建築費はすべての屋根の中で、最も嵩みます。陸屋根は傾斜がない為、特別な防水工事が必要であることに加えて、暮らし始めてからのメンテナンスの費用もかかります。その為、予算オーバーする原因の一つとしては、屋上のある家が挙げられます。屋上を作ると予算オーバーしてしまうという場合には、「アウトドアリビングを楽しみたい」という希望を、屋上からウッドデッキに変更するという考え方ができるのではないでしょうか?

住宅の形状

総2階建ての箱形の家が最も建築費を抑えられます。1階と2階のサイズが違うデザイン、コの字型やL字型の家、袖壁のある家など、面が増えると、建築費も並行して嵩んでいきます。ただ、敷地周辺の環境、敷地の形状によっては、コの字型やL字型の家にする必要が出てくるケースもあります。その為、土地の選び方も建築費に影響を与えます。

建築事例

土地の選び方が予算オーバーに繋がることもある

クロスが特徴的なリゾートテイスト住宅

行方市の平屋|クロスが特徴的なリゾートテイスト住宅

もともと所有している土地がある場合を除いて、土地の選び方で家づくり予算は大きく変わります。「家族にとって利便性の良い土地」という土地そのものの価格に関わること以外に、建てたい家によっても、土地の条件が建築費に影響を与えます。

利便性を求めて密集した住宅地に家を建てる場合、敷地周辺の環境によっては、日当たりと風通しを確保できない家が建つ恐れがあります。そのような家にしない為には、吹き抜けやトップライトなど、設計上の工夫が必要になり、建築費が嵩んでいきます。特に平屋の場合は、日当たり、風通しに加えて、防犯対策やプライバシー確保のために、コの字型やロの字型などのする必要性が出てくることもあります。

その為、利便性だけを優先して土地選びをすると、土地の条件によっては、建築費をかけないと、快適な環境を備えた家にできないという状況が生まれ、予算オーバーの原因になってしまいます。一方、土地の形状によっては、土地の価格を抑えられる可能性が出てくることもあります。変形地や段差のある土地などは、設計が難しくなり、建築費が嵩む場合もありますが、土地の価格は整形地に比べて抑えられる傾向にあります。もしそのような土地に、それほど建築費を嵩めることなく、暮らしやすい間取りの家が建てられれば、かなり予算を抑えられます。

家族にとっての利便性の良さは、家族にしかわかりません。そして家族だけで判断できます。しかし、どのような土地に、どのような住宅を建てれば快適な環境を備えた家を、建築費を嵩ませずに建てられるのかということは、家族だけでは判断が難しい問題です。その為、土地探しを始める前に、施工を依頼する工務店を探し、一緒に土地探しを進めるという方法が、家づくりの予算を抑えることと、理想の家を実現することに繋がります。

建築事例

住宅設備機器の選び方が予算オーバーに繋がることもある

性能とデザインを追い求めたZEH仕様のクールな二階建て

石岡市の二階建て|性能とデザインを追い求めたZEH仕様のクールな二階建て

住宅設備機器には、主にシステムキッチンやシステムバス、冷暖房の機器が挙げられます。

冷暖房の機器

冷暖房の方法の選び方は、家づくり予算と、暮らし始めてからの光熱費に影響があります。家づくり時には予算を、暮らし始めてからは光熱費を抑えられる冷暖房の機器が理想的です。

家づくり時に、最も予算がかかる方法は、全館空調、次が床暖房です。全館空調は、全館空調の特性にあった間取りになっていると、光熱費を抑えられます。床暖房は、温水式は導入に費用がかかりますが、ヒートポンプとエコジョーズを組み合わせた熱源機を使用すると、光熱費を抑えられます。導入時にも、暮らし始めてからの光熱費も置抑えられる冷暖房の機器は、床下エアコンでの暖房と、小屋裏エアコンでの冷房です。ただ、この方法をとる場合には、家の中の空気が循環するような間取りになっている必要があります。

床暖房を除いて、全館空調も床下エアコン+小屋裏エアコンも、間取りによっては効率よく働かない場合があります。家の中の空間が繋がっていて、家の中の空気が循環するという間取りであれば、少ないエネルギーで、効率よく冷暖房することができます。そして、家の中の空間が繋がっていて、家の中の空気が循環するという間取りは、間仕切壁や建具が少ない間取りなので、建築費を抑えることにも繋がります。

冷暖房機器の選び方は、導入費用と間取り、暮らし始めてからの光熱費を考え併せて決めることが大切です。その上で、シンプルな間取りと、床下エアコン+小屋裏エアコンの組み合わせが、最も予算オーバーを抑えられる方法です。

システムキッチンやシステムバス

システムキッチンやシステムバスは、日々開発が進み、使いこなせないような多彩な機能を搭載したタイプも増えてきています。グレードが高くなるほど、数十万円単位で価格が上がっていくので、ハイグレードなタイプを選ぶと予算オーバーになる恐れがあります。

一方、標準タイプは、最も多く生産されている為、適切な価格で提供されている上に、十分な機能を備えた仕様です。家づくりの際には、日常生活では使わないであろう多彩な機能に魅かれてしまうことがあります。しかし、暮らし始めてみると、多機能すぎて使いこなせなかった、便利だが電気代がもったいなくて使えないというような感想を持つ人も少なくありません。

システムキッチンやシステムバスの耐用年数は十数年です。家づくりの際には、標準タイプを選び、「耐用年数の長い部分に予算を多く充てる」という考えが、予算オーバーを避けるポイントの一つです。

家づくりプランが進行している最中に、予算オ―バーが発生すると、やりくりの為に他を削ったり、家づくり予算と住宅ローンの借入額の見直しをしたりしなくてはならなくなります。そうならないようにするためには、シンプルな家づくりという基本に立って、まず初めに土地選び、次に外観や間取り、そして間取りに合わせて冷暖房機器の選定というように、優先順位を明確にしておくことが、予算オーバーを防ぐポイントです。

暮らし始めてからのゆとりある毎日の為に、家づくり予算をオーバーせず、暮らし始めてからの光熱費も抑えられる家づくりを進めましょう。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談