MENU

注文住宅の価格はどのくらい?

注文住宅,価格,予算,低価格住宅,家づくり

「家を建てるかあきらめるか」ということを決める大きな要素のうちの一つが価格です。注文住宅にはしたいが、価格的に無理だろう考え、注文住宅をあきらめる人も少なくないでしょう。

でも注文住宅の価格には大きな幅があります。加えて、注文住宅には、建売住宅や規格住宅にはない自由度の高さという魅力があります。注文住宅を予算不足であきらめないために、注文住宅の価格を変える要素について考えていきましょう。

建築事例

延床面積、住宅性能、外観と内装・間取り、土地、施工業者などの要素によって、注文住宅の価格は変わってきます。

延べ床面積

家全体の床面積を合計した面積が延べ床面積です。延べ床面積が増えれば増えるほど、建築費が嵩むので、住宅の価格も高額になっていきます。

ただし、同じ2階建ての家であっても、設計の手法によっては、延べ床面積を増やさずに、空間や収納部分を増やすことができます。

  • ベランダやバルコニー

ロフト,玄関収納付き1LDK平屋のウッドデッキ|茨城の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

外壁から飛び出している部分の幅が、2メートル以下のベランダやバルコニーは、延べ床面積に含まれません。

ベランダは屋根のついた屋外スペース、バルコニーは屋根のない屋外スペースで、洗濯物を干す以外にも、くつろぎの場としても活用できます。

ベランダやバルコニーを、掃き出し窓でリビングと繋げると、リビング自体の床面積を広げなくても、広々としたリビングを演出できます。

  • ロフト

二階建ての作業所のロフト|鹿嶋市の注文住宅,ログハウスのような低価格住宅を建てるならエイ・ワン

小屋裏収納として利用できるスペースです。天井の高さは1.4メートル以下までにし、ロフトのある階の2分の1までの面積であれば、床面積に算入されません。ロフトのある階の床面積に対して、8分の1以上の面積のロフトを作る場合には、各階の壁量を増やさすことが義務付けられています。

昇り降りの手段に関しては、自治体によって規定が異なり、固定式の梯子や固定階段が認められないケースもあれば、固定式の梯子や、固定階段がつけられるケースもあります。固定階段を作った場合、その面積が床面積に算入されるケースもあります。

その他にも、細かな制限が自治体によって定められていますが、工夫次第で、収納以外にも、子供の遊び場や趣味のスペースとして活用できます。

  • 吹き抜け

1階と2階の空間を繋げる吹き抜けは、2階部分の床面積が減ります。吹き抜けには、その他にも、2階の陽射しを1階まで届ける、風の通り道を拡げる、空間を縦に広げ、開放的な雰囲気を演出するといった効果があります。

  • インナーガレージは延べ床面積が増える

敷地内に駐車する場合、家に隣接させてカーポートを作っても、延べ床面積には算入されません。しかし、家の中に駐車するインナーガレージを作る場合、居住スペースではないから、算入されないのでは?と考える人もいますが、屋根や壁、柱があるため、延べ床面積に算入されます。

建築事例

住宅性能

長く暮らせる家にするためには、住宅性能が大きく影響します。長く暮らせる家に、絶対的に必要な要素は、毎日の暮らしが快適にできる家、命が守られる家です。

毎日の暮らしが快適にできる家に必要な住宅性能

  • 断熱性・気密性

最小限の冷暖房で、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすためには、家の出入りする熱を抑える必要があります。断熱性と気密性が高くなれば高くなるほど、熱の出入りは少なくなります。その結果、快適な室内環境が調えやすくなるとともに、エネルギーを節約できますが、その分建築費は嵩みます。

  • 耐震性

地震に備える性能です。耐震性が高くなればなるほど、耐震性は高まりますが、同時に建築費は嵩みます。

住宅性能全般に関する考え方

住宅性能には、劣化対策、バリアフリーなど、たくさんの項目があります。注文住宅では、建売住宅や規格住宅と違って、住宅性能のグレードも選べます。ただ、すべての住宅性能を完璧にしようとすれば、莫大な建築費になってしまいます。

耐震性能は、どこの地域であっても必須住宅性能です。しかし、地域や敷地の周辺の環境、暮らし方によっては、すべてを最高性能にする必要はありません。例えば、茨城県のように、比較的な温暖な土地であれば、北海道で求められるような高断熱性能の必要はないからです。住宅性能の高さと建築費は、大きな関係があるので、様々な条件を考え併せて、必要な住宅性能の高さを選ぶことが大切です。

建築事例

外観・内装と間取り

外観

黒色サイディングの平屋の外観|大山町の注文住宅,ログハウスのような低価格住宅を建てるならエイ・ワン

外観が建築費に影響をあたえる要素は、主に、形状と建材です。屋根や住宅本体の形状がシンプルであればあるほど、建築費は抑えられ、凝ったデザインになればなるほど、建築費は嵩みます。

例えば、片流れ屋根や切り妻屋根、総二階建ての箱形の家は、建築費が抑えられ、寄棟屋根や、陸屋根、コの字型やL字型の形状の家は、建築費が嵩みます。

加えて、建材によって建築費が変わります。

内装と間取り

内装が建築費に影響をあたえる要素は、主に、間取りと建材です。家の中が細かく区切られている間取りは、間仕切壁、建具などの量が増えるので、建築費が嵩みます。廊下や玄関ホールを作らない、細かい収納スペースを数多く作らず、まとめて大型収納を作るなどの工夫が、床面積の節約につながり、建築費に影響を与えます。

建築事例

土地

土地を持っていない場合には、土地の価格が住宅全体の価格に影響を与えます。土地の価格は、大きく分ければ、県によって変わりますが、その中でも、地域によって価格が変わってきます。同じ地域の中でも、用途地域によって、土地の価格が変わります。

スーモに掲載されている茨城県の土地の価格情報を見ると、茨城県の中で、最も土地が高額な地域は守谷市です。守谷市全体の土地価格相場は、24.5万円 / 坪ですが、低層住居専用地域相場は27.5万円/坪、それ以外の住居専用地域は32.2万円/坪です。

もちろん、それ以外にも土地の価格にかかわる要素はさまざまあります。乗り換えなしで都心に行ける路線の駅周辺の地域、急行が停まる駅と、普通だけが停まる駅、駅への距離などで、土地の価格は異なります。公園や緑の多さ、治安の良さ、学校や幼稚園への通いやすさ、日常的な買い物ができる環境などによっても、土地の価格が変わってきます。

すべての条件を満たす土地を購入すれば、高額な土地になってしまうと考えられます。土地に対する要望の優先順位を作り、家族の暮らしに合わせて、予算内の土地を選ぶことが大切です。

建築事例

施工の依頼先

注文住宅は、大きく分けて建築事務所、工務店、ハウスメーカーに依頼できます。そして、依頼先によって、注文住宅の価格が変わってきます。一般的には、建築事務所で建てる注文住宅が最も高額、次がハウスメーカー、そして工務店と考える人が多いでしょう。

建築事務所の場合、建築費の他に、設計料の支払いもあるので、割高に感じるからだと思います。一方、ハウスメーカーや工務店の場合には、設計料は建築費に含まれています。しかし建築費に含まれているからと言って、ハウスメーカーや工務店の設計が、建築事務所の設計より、劣るという訳ではありません。

設計事務所、ハウスメーカー、工務店それぞれの設計の中には、非常に優れた設計から、暮らしにくい家にしてしまうような設計まであります。建築事務所だからすべて素晴らしいわけでもなく、ハウスメーカーや工務店の設計だから優れていないという訳でもありません。決め手になるのは、設計者の技量と、それを支える技術です。

もう一つ、施工先選びで大切なことは、設計力や技術力に加えて、家づくりの姿勢です。家づくりの姿勢は、注文住宅の価格に直接かかわってくるからです。

贅沢な造り、最高級の建材を使い、一般的には手が届かないような家づくりをする建築事務所もあれば、テレビコマーシャルや、モデルハウスで夢を売る家づくりをするハウスメーカーもあります。そして、できる限り低価格で家を造ろうとしている工務店もあります。低価格で家を造ろうとしている工務店の中には、実直な家づくりをしている工務店もあれば、安易な家づくりをしている工務店もあります。

最終的に注文住宅の決め手となる要素は、このような数多くの依頼先候補の中から、自分たちの好みと予算にあった依頼先、自分たちの家づくりと誠実に向き合ってくれる依頼先との出会いではないでしょうか?

例えば、地元密着型の工務店に依頼すれば、土地探しも手伝ってもらえます。自分たち家族に最も適した住宅性能の高さについても、的確なアドバイスがもらえます。注文住宅の価格は、1,000万円台から4,000万円以上まで、非常に大きな幅があります。

自分たちの予算内に収まる建築費で家づくりを進められる工務店、次に、自分たちの好みに合う家づくりをしている工務店を探すことが、家づくりのファーストステップです。

建築事例

エイ・ワンの取り組み

三角形のユニークな二階建ての外観正面|成田市の注文住宅,ログハウスのような低価格住宅を建てるならエイ・ワン

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

掘りごたつのある平屋の玄関|行方市の注文住宅,ログハウスのような低価格住宅を建てるならエイ・ワン

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例