MENU

小さな平屋でおしゃれに暮らす

小さな平屋でおしゃれに暮らす

子育てが終わり、子供が独立していったご夫婦には、新しいライフステージが始まります。「子育て中には忙しくてできなかったこと」が楽しめる毎日です。仕事をしながらの子育ては、とにかく忙しく、子供の学費と住宅ローンに追われて家計も大変です。家の中を常にきれいにしていたくても、家族の人数が多いと物が溢れ、テレビコーマーシャルで見るような素敵な暮らしには程遠かった…と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

子育て中に中断してしまった習い事を、仕事の合間を縫えば、復活させられそう、週に1回は夫婦で映画を見に行き、外食を楽しみたいなど、新しい生活への楽しみもあると思います。

同時に、子育て中には気にしている余裕はなかったが、今になると、掃除をしてもきれいにならない、子育て中についた内装の傷やシミが気になる、大人数で暮らしていた間取りが夫婦だけになると暮らしにくいなど、住まいに対する不満が出てくることもあるでしょう。新しい毎日を充実した暮らしにする上で、居住環境は大きな要です。新しいライフステージを始めるにあたって、「小さな平屋でおしゃれに暮らす毎日」を目指して、終の棲家を手に入れませんか?

なぜ平屋なのか

ペットと暮らす小さな平屋

つくば市の平屋|ロフトや玄関収納のある家

都市部で子育て中に家を建てる場合、2階建て以上の家を建てることになるケースがほとんどです。都市部では、土地の価格が高額なので、家族全員がゆったりと暮らせる居住面積を確保しなくてはならないからです。平屋に憧れるご家族の多くが、結果的に平屋をあきらめる理由の多くは、ここにあります。

しかし、夫婦だけの家となれば、平屋という選択肢が出てきます。平屋が新しいライフステージに最適な住宅である理由の一つは、終の棲家にできるということです。50代は、まだまだ現役で、リタイアまでには、20年近い月日があります。それまでの期間を快適に暮らすことを考えた時に、平屋にはたくさんの良さがあります。

家事負担が減る

子育て中ではないにしても、仕事と家事を両立させなければならないことを考えると、洗濯や掃除などにかかる時間と労力は、できるだけ軽くしたいものです。階段のない平屋は、間取り次第で、家の中を繋げることができ、効率の良い動線が作れます。加えて、階段のない平屋は、平面での移動だけなので、洗濯や掃除の家事負担が軽くなります。

洗濯機を洗面所に置く場合には、洗面所に続く勝手口を設け、勝手口の近くに洗濯物干し場を作ると、短い距離で洗濯物を干したり、取り込んだりできます。この際、勝手口に広い土間をつけておくと、雨の日にも洗濯物を干したり、収集日までごみの仮置きをしたりできます。

勝手口を造らない場合は、洗面所を広くとり、洗濯室としても使えるようにするという間取りも考えられます。

階段がないので、お掃除ロボット1台で家中の掃除ができる、2階建てに比べると窓やトイレの数が少ないので掃除時間が短縮するなど、掃除が楽になります。

庭を楽しむ生活ができる

平屋は、二階建て以上の建物に比べて、構造が安定しているので、天井までの窓やロフト部分と繋げる四連の窓など、大開口を作れます。夕食の後や、休日に、リビングでゆっくり過ごす時間も、朝、起床して開ける寝室の窓からも、庭の景観が楽しめます。子育て中には、バーベキューなどを楽しんだ庭を、おしゃれな大人の庭にする楽しさがあります。

バリアフリーにできる

終の棲家にするためには、バリアフリーが絶対条件です。階段のない平屋であれば、間取りの造り方で、完璧なバリアフリー住宅が実現できます。高齢になった時に、階段の昇り降りが辛くなったり、階段での事故が起きたりする心配もありません。

メンテナンス費用

高齢になってから、住宅のメンテナンス費用が嵩むということは避けたいところですが、50代で新築すると、80歳までの期間には、外壁塗装など、メンテナンスの時期がやってきます。平屋の場合、2階建て以上の建物に比べて、外壁や屋根の塗装には、足場にかかる費用が少ないことや、塗装する面積が少ないことから、メンテナンスの費用が抑えられます。また、2階にトイレや洗面所がないので、水漏れなどの心配もありません。

建築事例

小さな平屋でおしゃれに暮らす

おしゃれな平屋

水戸市の平屋|モダンなログハウス風の家

おしゃれに暮らすことの基本は、家の中が常にすっきりしていることです。仕事が忙しく、平日は掃除機をかける程度しかできない生活であっても、常にすっきりした状態にしておくためには、自然に片付く間取りが必要です。

収納の造り方

子育てが終わり、夫婦だけの暮らしが始まる時には、持ち物を整理することが、すっきりした状態を保てる家にする第一歩です。1年を通して日常生活で使う物、季節ごとに使う物、思い出の品など保存しておく物に分け、それぞれの収納スペースを造ります。

パントリー

調理器具、買い置きの食料品などすべてを入れておけるパントリーですが、家族の人数が多かった時のような大型のパントリーは必要ありません。収納する物のサイズと量に合わせた最小限の収納スペースで十分です。対面キッチンの壁側をパントリーにする場合、引き戸にしておくと、生活感の出るものはすべて隠れるので、来客時に視線が気になることもありません。パントリー内部の棚は、収納する物が奥に隠れないよう、できるだけ浅く造ると、買い置き品の見逃しがなくなります。

ウォークインクローゼット

暮らし方に合わせて、適切な位置に、夫婦で使えるウォークインクローゼットを設けると、リビングや寝室に物が溢れなくなります。

寝室と洗面所、リビングの3方向に出入りできるウォークインクローゼットを設けると、起床した後、ウォークインクローゼットで身支度を整え、洗面所に直接行けます。帰宅時は、玄関の収納に靴や上着を収めた後、洗面所で手洗いうがいをし、ウォークインクローゼットで着替えて、リビングに行けます。

洗面所の収納

洗面所に洗濯機を置く場合、洗面所内に下着やパジャマ、タオル用の収納を設けると、乾燥機から直接収納でき、入浴後は、収納から取り出し、そのまま身につけられます。

間取りのポイント

家の中の空間をできるだけ繋げることで、動線と室内環境が向上します。

動線

寝室、ウォークインクローゼット、洗面所、浴室を直線状に並べ、ウォークインクローゼットからは、洗面所と寝室とLDKへの出入り口があると、帰宅した際は、玄関→洗面所で手洗いうがい→ウォークインクローゼットで着替え→LDK、入浴の際には、リビング→洗面所→浴室→洗面所→ウォークインクローゼット→寝室というスムーズな移動ができます。

室内環境

家の中の空間が繋がっていると、家全体の冷暖房という方法がとれます。2階建てで家族が多かった時代には、それぞれの部屋で冷暖房をする生活だった家族もあると思います。平屋では、住宅の断熱性を高めておけば、1台の冷暖房機器で、家の大部分の冷暖房をすることができます。その結果、家の中に温度差が少なくなるので、快適な暮らしができます。高齢になった時にも、ヒートショックや熱中症のリスクを抑えられます。

家の中の空間は繋がっていてもプライベートなコーナーを造る

平屋の良さの一つは、家の中の空間が繋がっていて、お互いの気配を感じられることです。ただ、仕事が忙しさは変わらなくても、子育て時代よりは、自分の時間が持てるようになった世代です。リビングで夫婦そろって寛ぐ時間を楽しむだけではなく、夫婦それぞれの時間を持つことも、暮らしの質を向上させるのではないでしょうか?

ドアで仕切る独立した部屋ではなく、それぞれが趣味や読書に集中できるコーナーを階段下や、ロフトに設けると、平屋の良さは活かしつつ、プライベートスペースが持てます。

子育て中には、たくさんの喜びと同時に、あきらめていたことも少なからずあったのではないでしょうか?子供の独立を機に、ご夫婦の暮らしを楽しめるおしゃれな平屋を建てて、新しいライフステージを充実した毎日にしませんか?

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談