MENU

一人暮らしをする平屋を新築するメリットとポイント、費用はどのくらいかかる?

ドッグランのある平屋

「毎月のアパートの家賃がもったいない」
「一人暮らしとは言っても、隣家や階下の住民に気を使わない戸建て住宅に住みたい」

現在賃貸住宅で暮らしている若い人の中には、そんな風に考える人が増えています。

「伴侶は早くに亡くし、子供も独立していったので、今の家を売って平屋を建てたい」

広すぎる家を持て余して、コンパクトな平屋への住み替えを、検討されている方もいらっしゃると思います。もし、アパートの家賃と同額で、戸建て住宅を建てられるとしたら、日々の暮らしにも、将来の暮らしにも良い影響が得られるのではないでしょうか?

建築事例

平屋の一人暮らし

アパートの家賃がもったいないとは言っても、戸建て住宅に住むことを考えると、一人暮らしの場合、デメリットの方が多いように感じられるのではないでしょうか?広すぎて掃除が大変、使わない部屋が多いというような管理面での煩雑さです。

住宅は、使っていない部屋が多いと、埃が溜まるだけではなく、風通しが悪くなるので、早く劣化してしまいます。せっかく、新築住宅を手に入れても、使わない部屋が多いと、無駄なだけではなく、住宅の健康に悪影響を与えてしまうのです。

子供が独立して、広すぎる家に一人で暮らしている場合も同じことが起こります。さらに高齢になれば、2階は全く使わなくなってしまい、掃除も行き届かなくなるかもしれません。

アパートからの脱出を考えている人にとっても、広すぎる二階家を持て余している人にとっても、コンパクトな平屋を新築するという考えは、とても良い選択肢です。

建築事例

結婚前の人が平屋を新築するメリットとポイント

カリフォルニア風サーファーズハウス

つくばみらい市の平屋|無垢材を使ったカリフォルニア風サーファーズハウス

まだ結婚する予定がなく、当分は一人で暮らす予定である場合、最小限のサイズの平屋を建てればよいので、建築費用もかなり抑えられます。ただし、ここで考えておきたいことは、結婚して、子供が生まれてからの生活です。

平屋は、敷地の周辺の環境によって、暮らしやすさに大きな影響があります。周辺が自然の多い地域であれば、風通しや日当たりが悪かったり、通りや隣家からの視線が気になったりすることはありません。防犯性に配慮すれば、快適な暮らしができるはずです。しかし、住宅が密集している、交通量の多い道路に面しているというような場合には、日当たりや風通しが悪く、プライバシーも確保しにくい家になってしまう恐れがあります。

さらに将来的に、結婚して、子供を育てるようになった時に、増築することを考えると、土地の選び方が重要です。それほど住宅が密集していない、近隣に2階建て以上の住宅はない、というような地域の環境であっても、用途地域によっては、数年後には住宅が増え、3階建て以上のマンションが建つこともあるかもしれません。

土地探しの際には、現在、日当たり、風通し、プライバシーが確保できる土地であることに加え、将来の土地の状況の変化の有無を知るために、用途地域についても調べておくことが大切です。

また、将来の増築に備え、可変性の高い間取りにしておくことも、重要なポイントです。できるだけ間仕切りの少ない間取りにしておくことで、可変性が高くなると同時に、建築費が抑えられます。また、間仕切りの少ない間取りは、家事動線も帰宅動線もスムーズに作れるので、暮らしやすい家にできます。そして、ガレージハウスにする、趣味の天体観測を楽しめるスペースを造る、ドッグランを庭に造る、中庭に向けて浴室を造るなどの贅沢さを採り入れると、一人暮らしをより楽しめる家にできます。

結婚前の人が平屋を建てる場合のポイントは、将来の敷地周辺の環境の変化を考えた上で、敷地を選ぶことと、可変性の高い間取りにすること、一人暮らしを楽しめる贅沢空間を造ることです。

建築事例

シニア世代が平屋を新築するメリットとポイント

シニア世代が建てた平屋

つくば市の平屋|ロフトや玄関収納のある家

シニア世代が平屋を新築する場合の最も大きなメリットは、階段のない暮らしができることです。今はまだ元気でも、やがて高齢になると、階段があることによって、掃除や洗濯など、移動をともなう家事負担が大きくなっていきます。また、階段での事故のリスクも高まります。2階にある為に、使わない部屋が増えれば、風通しが悪くなり、家も劣化してしまいます。

また、平屋にすると、家の中の温度差が少なくなるという良さがあります。古い間取りの家の多くは、居室が細かく区切られているため、それぞれの部屋で冷暖房をしています。その結果、冷暖房をしていない廊下やトイレは、夏は暑く、冬は寒くなってしまい、冷暖房をしている部屋との温度差が大きくなってしまいます。高齢になった時、家の中の温度差が大きいと、ヒートショックのリスクが高まってしまいます。平屋の場合、家の中の空間が繋がるような間取りにしておくと、一台の冷暖房機器で、家中を快適な温度に維持できます。

加えて、万が一、車椅子を使うようになった時にも、平屋なら、家中を車いすで移動できるので、一人で暮らし続けられます。

室内の温熱環境と、車椅子でも暮らしやすい環境を調える為には、間仕切りの少ない間取りにし、開き戸をなくすこと、出入り口の通行の幅を広くすることが必要です。室内の出入り口も、玄関も、開き戸より引き戸の方が、バリアフリーには向いています。開いた扉が邪魔にならないので、車椅子や、介助者と2人での通行がスムーズにできます。また、引き戸には吊り引き戸というタイプがあります。吊り引き戸は、床面に溝がないので段差がないので、躓く心配がなく、掃除も楽です。

シニア世代が平屋を新築する場合のポイントは、家の中の区間を繋げて、温度差のない温熱環境を創ることと、通行の幅を広げる、段差をなくす、手すりを付けるなど、高齢になった時に、改めてバリアフリーの為のリフォームをしなくても済むように、バリアフリー対策を講じておくことなど、終の棲家にできる家にすることです。

建築事例

平屋の新築費用はどのくらい?

若いご夫婦が新築した平屋

鴻巣市の平屋|夫婦で暮らす無垢材住宅

結婚前の人にとっても、一人暮らしをするシニア世代にとっても、もし高額な費用がかかるのであれば、今のままで我慢しよう…という結論になってしまうでしょう。アパートの家賃と変わらない費用で建てられれば、無理をせずに、新しく暮らしやすい家が手に入れられます。その為には、平屋の得意な工務店を探すことが大切です。

なぜ工務店なのか?その理由は、ハウスメーカーより建築費が抑えられるからです。ここ数年、平屋の人気が高まっているので、大手ハウスメーカーでも、若い人向き、子育て世代向き、シニア向きなど、様々な平屋シリーズを販売しています。そして、どのシリーズも建築費は高額です。アパートの家賃と同じ程度の額という訳にはいきません。ハウスメーカーではモデルハウスやテレビコマーシャルに莫大な費用をかけているので、その費用は、建築費に上乗せされています。その為、日本中のほとんどの人が、いくつものハウスメーカーの名前を知っている状況です。

工務店は、モデルハウスを持たず、テレビコマーシャルもしません。その理由は、建築費を抑える為です。その結果、日本中のほとんどの人が、いくつもの工務店の名前を知っているという状況ではありません。ハウスメーカーと同じ住宅性能を持つ家なら工務店の方が、低価格な建築費で家を建てられます。ハウスメーカーと同じ建築費なら、工務店の家の方がより高い住宅性能の家が建てられます。

次に、工務店の中にも差があります。良く、平屋は建築費が二階建て住宅より高いと言われます。平屋を建てることを躊躇している人の中には、そのことに不安を感じている人もいるはずです。確かに、二階建てを中心に戸建て住宅を建築している工務店の中には、平屋の建築費が割高になってしまう工務店もあります。二階建て用の建材は大量購入していても、平屋用の建材は数が少ないので割高になってしまうからです。しかし、平屋を二階建てと同じくらい立てている工務店なら、平屋の建材が割高になる心配はありません。モデルハウスもテレビコマーシャルもないので、平屋が得意で、自分の好みに合うデザインや雰囲気の家を建てている工務店を見つけ出すのは大変です。しかしその出会いが、満足できる一人暮らしの平屋をアパートの家賃と変わらない住宅ローンで実現させます。

 

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

かすみがうら市の平屋|家族で暮らすナチュラルテイスト住宅

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例
オンライン相談会
ライン相談
ログハウスのような木の家を低価格で建てるエイ・ワンの資料請求はこちら
電話相談