茨城に移住して木の家の平屋に暮らす

「子供はのびのびした環境で育てたい」

「東京で定年までしっかり働いた。 残りの人生は自然に囲まれて暮らしたい」

子育て中の若い家族にも、引退後の暮らしを考えるご夫婦にも、家の新築と同時に、茨城に移住するという選択肢があります。豊かな自然と、穏やかな気候に恵まれた茨城県に、木の家の平屋を建てて、暮らしませんか?

建築事例

茨城の環境

茨城県は、住宅環境に恵まれた地域です。

関東平野が広がっている為、居住に適した土地が多く、一戸当たりの敷地面性の広さは、日本一です。平成25年に、総務省統計局が行った住宅・土地統計調査では、茨城県の平均的な敷地面積は、全国平均の約1.6倍もあります。

太平洋に面しているので、温暖で穏やかな気候であることも、茨城の魅力です。雪の日が少なく、年間を通して、すっきりと晴れる日が多いので、暮らしやすい気候です。

気候の良さは、農業にも大きく貢献しています。茨城の農業産出額は、北海道に次いで、全国で2番目に多いのです。白菜、レンコン、ピーマンなどの野菜類、メロンやナシなどの果物類、鶏卵、常陸牛、豚、奥久慈しゃもといった畜産物が、茨城県の特産品です。加えて、太平洋に面しているので、魚介類も豊富です。

子育て中のお母さんにとっては、自然の恵みをそのまま食卓にのせられるという、食育環境が整っています。リタイア後のご夫婦にとっては、季節ごとの新鮮な海の幸が、手軽に手に入るグルメな環境です。ヒラメ、ハマグリ、岩ガキ、ウニなど、東京では高価な海の幸を、手頃な価格で食卓にのせられます。

東京へのアクセスの良さも、茨城県の住みやすさの一つです。つくばと秋葉原は、つくばエクスプレスで45分、水戸と上野は、JR常磐線特急で65分です。子育てのために茨城に越しても、仕事は東京というお父さんでも、通勤ができる範囲内です。

土浦の花火

リタイア後のご夫婦の、東京に住む子供や孫にとっても、それほどの長旅をせずに、遊びに行ける距離です。夏休みには、海水浴や花火大会、春や秋にはサイクリングが楽しめるので、東京に住む子供家族にとっては、嬉しい訪問先になるに違いありません。

自治体の中には、お試し移住を受け付けている地域もあります。夢物語にせず、体験してみてはいかがでしょうか?

茨城県での戸建て住宅なら、平屋がおすすめです。

住宅が密集している地域に、平屋を建てると、日当たりや風通しが悪い家、外部からの視線が気になる家になってしまいがちです。でも、敷地面積に余裕のある茨城なら、住み心地の良い平屋が建てられます。

その平屋が、木の家であれば、無垢材の持つ特徴によって、さらに快適な暮らしが生まれます。

無垢材には、室内の湿度を調整する働きがあるので、湿度が上がり過ぎて、カビが発生したり、空気が乾燥しすぎて、肌や喉粘膜の炎症を起こしたりするようなことがありません。

また、熱を移動させないという働きもあるので、冷暖房の効率が良く、夏涼しく、冬暖かい室内環境が整います。

そして、地震に強いことも、平屋の強みです。さらに、平屋であれば、万が一、火災などが起きてしまい、家の外に逃げなくてはならない場合も、2階建ての家よりも素早く脱出できます。

建築事例

木の家の平屋の魅力 子育て中の家族

子育て中の家族の暮らしは、子供の成長と共に変わっていきます。

小学校に上がるまでは、1日中見守りが必要な時期です。食事の支度をしたり、洗濯や掃除をしたりしている時、常に子供を見守らなくてはなりません。間仕切壁の少ない間取りの平屋なら、お母さんの視線が行き届き、子供も常にお母さんの気配が感じられます。

子育て中のお母さんは、大量の洗濯物を、毎日2階のベランダまで運んで干す、子供が入浴の際には、2階の子供部屋から下着やパジャマを運んでくる、掃除機を持って、階段を上り下りするなどの家事負担が、大きいのですが、階段のない平屋では、その家事負担が、かなり減ります。

子育て中は、子供から目が離せない中で、洗濯、掃除、食事の支度と後片付けをしなくてならないので、時間のやりくりが大変です。そんなストレスが解消される生活が、平屋の暮らしです。

赤ちゃんは生まれて、半年もすると、寝返りをうつようになり、次の月には一人でお座りできるようになる赤ちゃんもいます。9カ月くらいになると、ハイハイを始め、次の月には伝い歩きを始める赤ちゃんもいます。

そんな赤ちゃんを子育て中のお母さんは、はらはらしながら見守っています。まだ、頭が大きく、筋肉や靭帯がしっかりしていないので、バランスを崩すこともあるからです。そんな時に、木の家の無垢材の床は、その柔らかさと、弾力性で、赤ちゃんの安全を守ります。

2歳を過ぎて、もっと自由に移動できるようになった時に、怪我をしやすい場所は階段です。でも、平屋の家なら、階段がないので安心です。

就学後は、少しお母さんの手を離れますが、小学生のうちは、お母さんと一緒に過ごす時間が長い子供が多いです。しかし、中・高校生になると、勉強のための独立した子供部屋が必要になってきます。

平屋の家は、このような変化に対応しやすく、子供が勉強部屋を欲しがるまでの時期は、リビングを広く取っておき、その後、間仕切壁を設置して子供部屋を作るというようなこともできます。子供の数が増えれば、子供部屋をさらに区切ったりもできます。

長く暮らすうちに、子供は大学を卒業し、働き始め、独立や結婚で、家を離れていく時期も来ます。その時に、平屋なら、子供部屋を効率よく使えます。

2階建ての家では、2階の子供部屋は、最終的に放置されてしまうケースが多いからです。始めの数年は、書斎や、趣味の部屋として使っていたものの、2階への上り下りがめんどうになり、物置状態になってしまうというような状態です。

平屋であれば、リビングと繋げて、その一部をたたみコーナーにし、客間として使う、間仕切りをつけたままにして書斎として使うなど、多様な使い方ができます。

また、子供の独立後、何年かして、夫婦のうちのどちらかが、車椅子が必要な生活になった時にも、平屋ならバリアフリーの家に改修しやすいという強みがあります。2階建てで、バリアフリーにする為には、エレベーターが必要になり、高額なリフォーム費用がかかってしまいますが、平屋なら、手軽にバリアフリーにできます。

平屋は、子育て期間が終わり、夫婦がやがて高齢になっても、家事負担が少なく、安全に暮らせる家です。

建築事例

木の家の平屋の魅力 引退後のご夫婦

日本本来の家屋の魅力の一つには、自然との融合があげられます。平屋住宅は、どの窓も庭に面しているので、季節の移り変わりを楽しめる家です。庭に咲く草花の色鮮やかさや、木々のざわめき、季節によって訪れてくる鳥類を、身近に感じ取れます。

広々とした敷地に建つ木の家の平屋には、家の中の環境を、調えやすいという魅力もあります。家の中の温度差が少ない、風通しが良い、適切な湿度が保たれるなど、自然に健康が維持できるような、室内環境が整います。

さらに無垢材の床や壁は、冬でもヒヤッとせず、夏にはベタベタしません。冬には温もりを感じ、夏にはサラッとした感触が心地よい床と壁です。

平屋には、階段がないので、洗濯や掃除の家事負担もかなり軽減されます。若いころには、気にならなかった重いものを持っての階段の上り下りが、辛くなるような年齢になっても、安心して暮らせます。

さらに、平屋は、家の中を全てバリアフリーにできるので、終の棲家として、安全に暮らせる家でもあります。

バリアフリー化する際のリフォームにかかる費用や、外壁や屋根のメンテナンスにかかる費用は、2階建ての家に比べると、それほど嵩みません。2階がなくシンプルな間取りなので、バリアフリー化しやすいことに加えて、高い足場を組まなくてもすむからです。

季節を楽しみながら、ゆったり過ごせる木の家の平屋の暮らしを、始めてみませんか?

建築事例

茨城で木の家の平屋が得意な工務店

無垢材を使った平屋が得意な工務店 エイ・ワンの建築事例をご覧ください。

子育て世代向け間取りの平屋

天然無垢材の心地よさと太陽光発電のエコな暮らしが、未来につながる楽しみになる家

延べ床面積 79.3㎡ (24坪)
価格帯 本体価格 1,000万円~1,500万円
LDKの広さ 16帖
nLDKタイプ 2LDK~3LDK+ロフト
仕様 平屋ロフト付き グレード:Original 内装:Woody

ご夫婦が愛犬と暮らす平屋

木の香りとぬくもりが満ちるログハウスのような室内空間の家

延べ床面積 67.90㎡ (20.5坪) + ロフト19.87㎡(5.7坪)
価格帯 本体価格 1,000万円~1,500万円
LDKの広さ 15.5帖
nLDKタイプ 1LDK+ロフト
仕様 平屋ロフト付き グレード:Original 内装:Woody

建築事例

茨城で木の家の平屋が得意な工務店をお探しならエイ・ワン(株)にご相談を

エイ・ワン(株)は無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、ローコストで暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

ローコストではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応できる性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

エイ・ワン(株)は、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりです。

エイ・ワン(株)では、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

建築事例
建築事例