MENU

平屋は新築するとどのくらい費用がかかる?低価格で建てられる平屋はある?

低価格,平屋,家づくり,建築費家を建ててからの家族の生活の、移り変わりを考えた時、平屋を建てたいと考える人は多いと思います。暮らしやすい家の条件は、年齢や、子供の成長など、生活スタイルによって変わってきますが、平屋は、どの段階においても、安全な暮らしを営めるからです。

ただ、その一方、2階建ての家に比較して、十分に床面積を確保できるのだろうか?陽当たりが悪くなるのでは?建築費用が嵩むのではないのか?といった不安を持つ人も多いと思います。

平屋の大きな魅力は、耐震性が高いという安全さですが、その他にもいくつかの特徴があります。

平屋が、ライフスタイルにおけるどの段階においても、安全で快適に暮らせる家である理由と、平屋で床面積を増やす方法、室内環境を良くする方法、平屋建築に関わる費用について、考えていきましょう。

建築事例

ライフスタイルの変化があっても暮らしやすさを維持できる平屋

最も大きな理由は階段がないことです。階段のない暮らしの特徴を見ていきましょう。

子供の見守りと家族のコミュニケーション

平屋は1階だけの暮らしなので、家の中に視線が届きやすく、「家事をしながらでも子供を見守れる間取り」が作りやすいという特徴があります。

また、天井によって上下に分かれていないので、家の中の空間が繋がっています。その為、どこにいても家族の気配が感じ取れる、家族の自然な触れ合いが増えるという良さがあります。

階段の事故がない

子供が小さい時には、階段から転落するなどの事故が防げます。2階建ての家で子育てをしていると、ちょっとした踏み外しというようなことも含めれば、階段での事故は皆無ということはないでしょう。

子供であれば、ちょっとした踏み外しは、怪我にはつながりませんが、高齢者であれば、深刻な事故に繋がってしまうこともあります。

家の中での怪我や死亡の多い場所は、階段と浴室です。浴室の場合には、心臓や脳に関わる病気による、深刻な事故も含まれているので、物理的な事故に絞った場合、階段が最も事故の多い場所と考えられます。

平屋は、この階段事故が防げるので、子供が小さい時期から、家を建てたご夫婦が高齢になる時まで、どの時点でも、安全な暮らしができる家です。

家事負担が減る

階段と関わる家事には、洗濯と掃除があります。2階リビングの家であれば、食料品の運搬も含まれます。これらの家事は、毎日することなので、少しでも負担を減らせれば、時間と疲労の節約につながります。

2階建ての家では、ほとんどの場合、1階に洗濯機があり、2階のベランダに洗濯物を干すスペースがあります。その為、毎日濡れて重くなった洗濯物を、階段を使って、1階から2階まで運ばなくてはなりません。

午後になれば、洗濯物を取り込み、1階に運び、アイロンかけをするなど仕上げをし、再び2階に運んで、各居室に収納します。これらの一連の作業から、階段の上り下りがなくなれば、家事負担は大きく減らせます。

子育て中には洗濯物の量が多く、日に何度も洗濯物を運び上げなくてはならないでしょう。子供たちが独立していき、洗濯物の量が減る頃には、20代、30代のような体力はなくなり、洗濯に関わる階段の上り下りが負担になっていきます。

掃除も階段があると、掃除機を持って階段を上り下りしなくてはなりません。階段のタイプによっては、掃除機をかけられないので、毎日の拭き掃除も必要です。平屋であれば、掃除機をかける代わりにお掃除ロボットが使えます。

バリアフリー

車椅子や杖が必要になった時に、階段があると、行動が大きく制限されてしまいます。車椅子ではエレベーターがなくては、2階へは上がれません。杖を使っての階段の上り下りも非常に危険です。

平屋であれば、段差をなくしておけば、車椅子や杖で、家の中を自由に動き回れます。

2階からの騒音がない

間取りにもよりますが、2階建ての家では、2階からの足音や、排水音などによって、睡眠を妨げられる、来客中に気を遣うといったことが起きます。平屋であれば、2階からの騒音に煩わされることがありません。

建築事例

平屋で床面積と快適な室内環境を確保する方法

平屋は、2階建ての家に比べると、床面積が少ないことは事実です。ただし、間取りの造り方、ロフトを作る、間仕切壁を減らすなどの方法で、十分な居住面積を確保することができます。

平屋には、階段下の無駄なスペース、階段を設置するための廊下や、間仕切壁などが必要ありません。階段下の2畳弱の面積が倹約できることに加えて、廊下や玄関ホールを広く取らなくてもすむからです。その結果、床面積のうち、有効に使える部分を増やすことができます。

また、平屋には、夏には温度が上昇する、家の中心部分は日当たりと風通しが悪くなるという問題があります。2階建ての家では、夏は2階の方が1階より暑く、冬は1階の方が2階より寒いという環境になりがちです。平屋の場合には、2階がないので、夏は2階建ての家の2階と同じような暑さになる恐れがあります。また、冬場には、空間が繋がっている分、暖房効率が落ち、寒い家になる恐れもあります。

このような状況にならないようにするためには、家全体の断熱性を高めておく必要があります。

加えて、家の中心部の日当たりと風通しを確保するためには、家の向きに合わせた窓の配置が大切です。加えて、周辺の環境が、隣家との距離が近い、2階建て以上の住宅に囲まれているというような場合には、勾配天井と組み合わせた吹き抜けやトップライトを採用するなどの工夫が必要です。

建築事例

平屋の建築費と低価格で実現する平屋建築事例

平屋は費用が嵩むといわれる主な理由は、広い土地が必要であることと、建築費です。

2018年に行われたフラット35の利用者調査では、首都圏の建築費の相場は、3687.8万となっています。これに加えて平屋は10~20パーセント建築費が嵩むと考えると、かなり高額です。建築費が2階建てに比べて嵩むといわれる理由は、床面積が約半分であるにもかかわらず、基礎工事と屋根にかかる費用は、同じだからです。

加えて、2階建てで使う部材と、平屋で使う部材は、すべて同じではありません。2階建てを主に造っている工務店に平屋を依頼した場合、2階建ての部材は大量に仕入れるので、価格は抑えられても、平屋用の部材は高額になりやすいという事情もあります。

平屋を多く作っている工務店には、平屋用の部材が豊富にあることに加えて、効率よく施工できるという面も、建築費に影響を与えます。2階建て中心の工務店が平屋を建てる場合、平屋が得意な工務店に比べると、工期が長くなるからです。

そのような事情から、一般的に、2階建てと比べて10~20パーセント建築費が嵩むとされていますが、依頼する工務店によって、価格の幅があるということ面もあります。

鉾田市の平屋|ホワイトとブラックのコントラスト住宅

低価格,平屋,家づくり,建築費

片流れ屋根のシンプルでモダンなフォルムの平屋

低価格,平屋,家づくり,建築費

外観と対照的なホワイトを基調とした内観、勾配天井のリビングは通常より空間を広く感じることができ、開放感のある暮らしを与えてくれます。

詳しくはこちらからご覧ください。

延べ床面積 92.74㎡(28坪)
価格帯 本体価格 1,500万円~2,000万円(税別)
LDKの広さ 18帖
nLDKタイプ 4LDK
仕様 その他

 

行方市の平屋|解放感のあるリビングとアイランドキッチン

低価格,平屋,家づくり,建築費

インディゴブルーの外壁が美しい、シンプルかつスタイリッシュなデザインの平屋です。

低価格,平屋,家づくり,建築費

南面には通常の1.5倍サイズの掃き出し窓を設置し、採光と開放感を確保しました。

詳しくはこちらからご覧ください。

延べ床面積 110.96㎡(33.5坪)
価格帯 本体価格 1,000万円~1,499万円(税別)
LDKの広さ 25.5帖
nLDKタイプ 平屋 4LDK
仕様 Open

 

建築事例

エイ・ワンの取り組み

夫婦で暮らす無垢材の平屋の自転車|鴻巣市の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例