MENU

初めての家づくりを理想の家づくりにしよう!

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

自分の家、家族の為の家を建てるということは、人生の中でも大きな出来事です。多額な費用がかかるので、家を建てた後の暮らしにも影響があります。

自分の家を建てなれている人は、ほとんどいないでしょう。多くの人にとって、家を建てるということは、初めての体験です。そんな家づくりは、絶対に失敗させてはなりません。

初めての家づくりを理想の家づくりにするためには、どうしたらよいのでしょうか?

建築事例

家づくりの原点は「どんなマイホームを建てたい?」

家づくりは、外観や内装のデザイン、間取り、住宅設備機器選びなど、夢が広がる楽しい面と、住宅ローンという厳しい面があります。夢が広がる楽しい面を、過大な住宅ローンにしないために、制限していかなくてはならないということでもあります。

その結果、自分たち家族の理想と、予算の制限の間を行ったり来たりしているうちに、どんな家にしたかったのか分からなくなってしまうことがあります。また、ネットやインテリア雑誌に溢れる家づくり情報に、惑わされてしまうこともあるかもしれません。

そのような状態になると、家づくりの舵を失ってしまいます。舵を失ったまま、無理やり家づくりを進めていけば、家が完成してから「こんな家になってしまった」と後悔することにもなりかねません。

そんな時に拠り所になるのは、自分たち家族がどんな家を建てたかったのかという、自分たち家族にとっての家づくりの原点に戻ることです。予算の制限に苦しむうちに、その原点を忘れてしまうと、家づくりは進まなくなってしまいます。

そもそも、その原点がなければ、家族の理想の暮らしができる家は、実現しません。予算の制限にも、溢れる情報にも左右されないような家づくりの原点をしっかり作っておきましょう。

それぞれの家族は、家族構成も、暮らし方も、考え方も異なります。当然のことながら、建てたい家の理想像も違ってきます。予算の制限にぶつかった時に、優先順位を明確にできるので、具体的な建てたい家の理想像を作ることが大切です。

建築事例

どんなマイホームを建てたい?…長期的な視点から考える理想の家「ライフスタイルの変化に対応する家」

完全分離型の二世帯住宅の外観裏|水戸市の注文住宅,ログハウスのような低価格住宅を建てるならエイ・ワン

長く居心地の良さを持続できる家は、子育て期間中には、子育てがしやすい間取り、子供が独立していった後には、高齢になっても安心して暮らせる家です。

安心して暮らせ、ライフスタイルの変化にもその都度、簡単なリフォームで対応できる間取りの家には、家自体の寿命が来るまで、長く暮らせます。

ライフスタイルの変化に対応できないがために、まだまだ寿命の長い家を建て替えるケースも見受けられます。家は本来、三世代以上に渡って暮らせる場所ですから、ライフスタイルの変化に対応できる間取りになっていることがとても大切です。

子育て中、または子育てに備えて家を建てる場合、どうしても、子供中心の間取りで家づくりを進めてしまいがちです。しかし、子育て期間は、20年程度です。家を建てる時点で、子供が小学生、中学生になっていれば、その期間はさらに短くなります。

そして、家を建てたご夫婦には、その後の長い人生があります。それを考えると、子供が独立した後の暮らし、さらには、高齢になった時の暮らしの方が、長いのです。

子供部屋はいらない、子供部屋の代わりにリビングに勉強コーナーを作るというような考え方もあります。子供部屋を作る場合には、子供の独立後に、簡単なリフォームで活用しやすい間取りにしておく必要があります。

高齢になった時の暮らしを考えると、理想の暮らしは平屋です。階段のない暮らしが、転倒などの階段事故のリスクを無くし、家事負担を軽くするからです。ただし、敷地面積によっては、子育て中、平屋では十分な居住面積が確保できないこともあります。そのような場合には、高齢になった時に平屋にできるよう計画された間取りにしておくという選択肢もあります。

家は、ライフスタイルの変化に対応できれば、終の棲家にでききる場所です。子育て中に家を建てる家族にとって、子供のことに心を奪われ、高齢になった時のことは、想像しにくいかもしれません。でも、せっかく建てる家を無駄にしないためには、将来的な視野に立って、家づくりを進めることがとても大切です。

建築事例

どんなマイホームを建てたい?…現在の問題点から考える理想の家「子供がアレルギーを起こしにくい家」

家の理想像には、長期的な視点から考える方法の他に、現在抱えている問題を解決できる家という理想像の作り方もあります。現在の家族の暮らしの中で、マイホームを持たなければ、解決できないことがあり、家づくりを決心したというようなケースです。その中の一つに、子供のアレルギー問題があります。

アレルギーを持つ子供は年々増えています。食物アレルギーが最も多いとは言え、住環境によるアレルギーも少なくありません。住環境によるアレルギーとは、ハウスダストに混ざっているダニが大きな原因で、気管支喘息などを引き起こします。

ダニは、不衛生な環境にだけ発生するわけではありません。
毎日数回、掃除機をかけ、清潔な状態にしている家であっても、発生します。ダニを発生させる原因の一つは、カビです。カビの原因は、換気が悪く、湿度の高い室内環境や結露です。

アレルギーの子供に対して、食物に注意を払わなくてはならないのはもちろんですが、住環境を良くするということも、アレルギー改善の助けになります。そして、カビを発生させにくい住環境を作る方法として、無垢材内装の家にするという選択肢があります。

無垢材には、空気中の水分を調整するという性質があります。これは、調湿性と言われる性質で、空気中に水分が増えて、湿度が高くなると、水分を吸収し、空気中の水分が少なくなり、空気が乾燥すると、蓄積した水分を放出する働きをします。

その為、無垢材内装の室内は、多湿になることが少なく、カビの発生が抑えられます。カビが発生しなくなると、カビを餌に増殖するダニの発生も抑えられます。

住環境が引き起こすアレルギーの原因には、空気中の化学物質という問題もあります。住宅に使われる建材の中には、空気中に有害な化学物質を揮発させるものがあります。具体的には、接着剤や塗料、防腐剤などに含まれているホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレンなどです。

これらの成分を含む塗料や防腐剤には、住宅を劣化させない、シロアリを防ぐなどの役割を果たす働きがあります。しかしその一方、空気中で揮発し、化学物質を空気中に発散させてしまうという問題点があります。特に、気温が高い季節には、発散される量が増える傾向があり、よりアレルギーのリスクが高まります。

そのような建材を使った家では、シックハウス症候群と言われる症状を発症してしまうことがあるからです。目がちかちかする、喉が傷むというような症状の他に、倦怠感、めまい、頭痛などが起こることもあります。無垢材内装であれば、室内の空気にそのような物質が紛れ込む心配がありません。

もう一つ注意したいことは、換気です。最近の住宅には、エネルギーの消費量を減らす為に、高気密、高断熱を求められています。高気密、高断熱であれば、冷暖房の効率が良くなり、エネルギーの消費量を減らせるからです。そこに住む家族も、最小限の冷房で、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます。

その一方、昔の家のような自然の換気、隙間風が吹き抜ける家ではなくなるため、換気が悪い家になりやすいという問題点があります。空気が滞り、アレルギーを起こしやすい室内環境になってしまうからです。

そのような環境にしないためには、換気扇による計画換気はもちろんですが、窓の位置、窓の開閉方法にも工夫をする必要があります。窓は、同じ大きさの窓であっても、対面に設置されている方が、風が通ります。同じ対面の窓であっても、高低差のある位置に設置されている方が、風が通ります。また、風を採りこみにくい環境にある窓は、ウインドキャッチ窓とも呼ばれる縦すべり出し窓にすると、風が通ります。

この他にも、家族ごとに、新しく家を建てなければ解決できない問題は、様々あるはずです。その問題点を解決するための方法を探り、家づくりの原点としましょう。

 

建築事例

エイ・ワンの取り組み

夫婦で暮らす無垢材の平屋の自転車|鴻巣市の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例