MENU

家づくりに必要な条件を満たしたフルオーダー低価格住宅とは?

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

「家を建てるなら、家族に合わせた注文住宅を建てたい」と希望する人は多いと思います。同時に、一般的な広さの注文住宅の建築費の相場は、3,000万円以上という厳しい現実もあります。さらに、家づくりでは、建築費の他に、土地を購入したり、新居で使う家具や家電を揃えたりしなくてはならず、建築費だけではすみません。

新居が完成してからの生活設計を考える時、子供の教育資金を蓄えながら、ゆとりのある暮らしを実現するためには、家計を圧迫するような住宅ローンは危険です。そこで、無理をせずに進められる家づくりをしたいと考える人の中には、注文住宅はあきらめるという結論に達してしまう人もいます。

注文住宅には手が届きそうにないから、建売住宅や、セミオーダーの注文住宅に切り替えようという方針転換です。建売住宅は、土地付きの完成住宅なので、土地購入+注文住宅という組み合わせより、家づくりの費用が抑えられます。セミオーダーの注文住宅の中には、フルオーダーの注文住宅より高額な住宅もありますが、ローコストを謳っている低価格な規格住宅もあります。セミオーダーの注文住宅は、建売住宅よりは、家族の好みを反映できます。用意されている間取りの中から、家族の暮らしに合いそうな間取りを選び、用意されている建材や色の中から、外壁や内装の建材や色を選べます。

ただ、家族に合わせて作られている規格ではないので、フルオーダーの注文住宅のように、家族の暮らし方や、好みに合う家にはなりません。「建売住宅や、セミオーダーの注文住宅は、フルオーダーの注文住宅より低価格で建つのだから、それしか選択肢はない」と思われるかもしれません。でも、そんなことはありません。低価格でもフルオーダーの注文の住宅は実現します。

「相場より低価格な分、目に見えない部分にかかる費用が削減されているのでは?」という不安も感じられるかもしれません。しかし、フルオーダーの注文住宅とは、住宅に求められるすべての要素を、注文できる家です。目に見えない部分が削減されるというようなことはありません。フルオーダーの注文住宅での家づくりの際に、注文できる要素について確認していきましょう。

住宅性能

住宅の性能によって、安全性、室内環境、耐久性が変わってきます。建売住宅や、規格住宅の場合、住宅性能は建築基準法に沿って、初めから決められた性能が備わっています。しかし、フルオーダーの注文住宅の場合は、住宅性能に対しても、自分たちの希望に合わせて決められます。

耐震性

地震の多い日本の家に、耐震性は最も重要な住宅性能です。優れた耐震性を備えている家は、家族の命と財産を守ります。

建築基準法には、震度6強から震度7程度地震を指す「数百年に一度の大地震でも倒壊しない程度の耐震性」が義務付けられています。フルオーダーの注文住宅の場合、それよりも高い耐震性を備えることができます。

断熱性

夏涼しく、冬暖かい家を実現する条件のうちの一つが、住宅の断熱性です。住宅の断熱は、外気に触れる家の外側を包む部分が、出入りを妨げられる熱の量によって変わってきます。外気に触れる家の外側を包む部分とは、屋根、壁、サッシ、床です。これらの部分に使われる建材のグレードによって、断熱性の高さが変わります。

熱が出入りする量が少ないほど断熱性の優れた家、熱が出入りする量が多いほど、快適な室温を維持しにくい家ということです。断熱性の優れた家は、家の中が魔法瓶のような状態になっているので、暖かさ、涼しさが家の中から外へ逃げていきません。その為、冷暖房をしている部屋と冷暖房をしていない廊下や玄関、浴室との温度差、冷暖房をしている時間帯と、冷暖房をしていない時間帯との温度差が抑えられます。

断熱性の高さは、冷暖房を最小限にするので、電気やガスなどのエネルギーの節約もできます。

耐久性

家は長く住む所です。子や孫の代まで良いコンディションを維持できる家にするためには、湿度やシロアリから構造部を守るための対策が施されている必要があります。住宅の耐久性を高める劣化対策の方法に関しても希望を出せます。

住宅性能に対する考え方

フルオーダーの注文住宅では、住宅の性能も、家族の希望に合わせて決められます。その際に、住宅の性能は、すべて高くすればよいというものではありません。すべて高くすれば、注文住宅の場合、上限なく費用が嵩んでいきます。例えば、茨城県や千葉県の住宅の断熱性は、寒冷地域で求められるほどの高断熱にする必要はありません。隣家との距離が極めて近い密集した住宅地に建っているわけではない平屋や2階建て住宅には、災害拠点となる消防署や病院に求められるほどの耐震性は必要ないかもしれません。

地域の気候、立地条件、地盤の質などに合わせて、バランスよく住宅性能のグレードを決めていくことが大切です。

住宅のデザイン性

優れた住宅には、住む人の心に満足感を与えられる見た目の良さも大切です。見た目の良い住宅の外観や外構は、帰宅する度に我が家を見た時の満足感を作り出します。周辺の人にとっては、その家に住む家族のイメージを作り出します。

フルオーダーの注文住宅では、屋根や外壁の色や形状、窓の開閉方法とサイズと配置などによって、形作られていく外観デザインに、家族の好みを反映させられます。

室内の居心地の良さは、快適な温熱環境だけでは作れません。内装の見た目の良さも必要です。内装に使われる建材の色や質感、造作家具などが、内装の見た目の良さに影響します。家族の好みに合った雰囲気の内装は、居心地の良さを作り出します。フルオーダーの注文住宅では、家族の好みに合わせた内装にできます。

間取りが作り出す暮らしやすさ

それぞれの家族には、それぞれの家族の暮らし方があります。フルオーダーの注文住宅では、家族構成、家族の暮らし方に合わせた間取りの家を実現できます。自由に決められるということは、同時に、建売住宅やモデルハウスのある規格住宅と違って、完成した状態を体験できないということでもあります。その為、間取りプランには、たくさんのことに配慮しなくてはなりません。間取りプランの際に参考になることについて考えてみましょう。

現在の暮らしの不満点を整理する

家族の暮らし方に合わせた間取りの家にするためのヒントは、現在の暮らしの中にたくさんあります。

例えば、現在の暮らしの中で、不満を感じている部分を整理してみることも、家づくりの間取りに役立ちます。リビングが片付かないとしたら、その原因は何でしょうか?もし適切な位置に、ちょうど良いサイズの収納があれば、解決するかもしれません。来客の際に、リビングからキッチンの生活感が丸見えになってしまうので恥ずかしいという問題があれば、新しい家では、リビングとダイニングキッチンをL字型に配置する、アイランドキッチンを導入して、見せるキッチンにするなどの解決策があります。

階段のある暮らしをシミュレーションする

現在はマンション暮らしで平面の暮らしをしている家族が、2階建ての家を建てると、マンションの方が便利だったと感じることがあります。2階建ての家には階段があるので、洗濯物に関わる家事の負担が大きくなる恐れがあるからです。その為、マンションで暮らしている家族の場合は、2階建ての家での生活を具体的に思い浮かべて、間取りプランを進めていくことも必要です。

周辺の環境、隣家や道路との位置関係に合わせて考える

新しい家には、家族がゆったり過ごせる日当たりと風通しの良いリビングが欲しいという希望を叶えるためには、日当たりと風通しに配慮した窓の位置が大切ですが、同時に窓からの景観の良さ、窓から入ってくる外部の視線にも気をつけなくてはなりません。

エイ・ワンの建築事例

エイ・ワンのログハウス風住宅キュートは、住宅性能、デザイン性の高い外観、居心地の良い内装を備えた、低価格で建てられるフルオーダーの注文住宅です。

行方市の二階建て|ナチュラルモダンな白壁の家

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

つくば市の二階建て|アイランドキッチンのあるログハウス風住宅

 

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

取手市の二階建て|二階リビングで住宅地でも採光を確保できる家

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

ログハウス風住宅,注文住宅,無垢材,低価格,家づくり

低価格でフルオーダー(完全な注文住宅)が建てられるエイ・ワン

エイ・ワンは、無垢材を使ったログハウス風住宅を建てている地元密着型の工務店です。ご家族の暮らし方と価値観にぴったりな家を必ず実現します。

テレビコマーシャルをしていないので、日本中の人に知られている訳ではありませんが、誠実な家づくりをする会社として、地元では信頼の厚い工務店です。住宅ローンに圧迫されずに、フルオーダー(完全な注文住宅)で家族の為の家を建てたいとお考えなら、ぜひご相談ください。

ログハウス風住宅は、暮らしやすさに繋がる断熱性と間取り、「こんな素敵な家に住みたい」と思われるようなおしゃれな外観デザインと、内装を兼ね備えた住宅です。

モデルハウスはありませんが、定期的に見学会を開催しています。新型コロナウイルスによる現状を考え、オンラインの住宅相談もしております。

建築事例

エイ・ワンの取り組み

ブラックとホワイトの平屋の外観横|鉾田市の注文住宅,ログハウスのような木の家を低価格で建てるならエイ・ワン

無垢材を使った低価格住宅が、エイ・ワンの住宅の特徴です。

無垢材には、調湿性や断熱性があります。その結果、無垢材を使った家では、室内の温度や湿度が、自然に調えられ、必要最小限の冷暖房で、快適な室内環境を調えられます。その質感の良さが、インテリア性を向上させることもあり、人気の高い建材でもあります。

ところが、無垢材のフローリングは高そうだから…と思ってあきらめる人が、少なくありません。

エイ・ワンでは、坪数を効率化して床面積を抑える、携わる業種が最小限にする、モデルハウスを持たない、広告費をかけないなどの工夫によって、建築費を抑えています。

その結果、無垢材内装の住宅を低価格で実現しています。

無垢材の内装の家に住みたいけれど、手が届かないだろう…とあきらめる前に、ぜひエイ・ワンにご相談ください。無垢材を使った住宅を低価格で完成させます。

初めてのご相談から土地探し、プラン打合せ、設計、施工監理、アフターフォローまで、豊富な経験と、専門的な知識を基に、ご家族に寄り添って家づくりを進めていきます。

ご家族の構成、暮らし方、理想のイメージをお伺いし、ご家族が幸せな毎日を過ごせる家を、実現させます。

エイ・ワンで注文住宅を建てられたお客様の声をご覧ください。

建築事例

予算内で納得のいく家を建てたいとお考えでしたらエイ・ワンにご相談ください。

無垢材,注文住宅.家づくり,ライフスタイル,家,家族

A-1グループは無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、低価格で暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

低価格ではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応することも可能な性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

A-1グループは、施主様のライフスタイルや人生観に合わせた住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりのテーマです。

A-1グループでは、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使った家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

 

資料請求

建築事例
建築事例