注文住宅の土地探しはどうする?茨城 つくばでの土地探しと注文住宅

親から譲り受けた土地があるなど、すでに土地がある場合、家の建築に向けて家づくりを始められます。しかし、そのような幸運なケースは多くはありません。また建売住宅や分譲住宅であれば、土地付きの住宅なので、土地は探さなくても済みます。

しかし、建売住宅は、すでに外観も間取りも決まっているので、自分達家族に合わせた家ではありません。分譲住宅は建売住宅よりは自由度がありますが、間取り、外観、建材全てにおいて、規格の範囲内での選択しかできません。

自分たち家族にぴったり合う理想の家を建てたいと思えば、注文住宅が最も適しています。ところが注文住宅の場合には、住宅の建築と同時に土地探しが必要です。土地はないが注文住宅を建てたいという場合、何から始めればよいのでしょうか?

建築事例

注文住宅はどこから始めるべき?

暮らしやすい家の条件には、家族のライフスタイルのあった間取り、快適な室内環境、外観、内装の見た目の美しさなどがあります。そしてそれと同時に、駅や幹線道路へのアクセスがしやすい、日常の買い物ができる商業施設がある、病院が揃っている、静かで治安が良く、緑の多いなど、周辺環境も暮らしやすさには欠かせない条件です。

その両方を兼ね備えた家を建てる為には、まず初めに予算配分を考えることが大切です。そして限られた予算内で予算配分を決める際に大切なことは、理想の家に対する優先順位を決めることです。土地がなければ家は建たないのだからと考えて、高額な土地を購入してしまえば、建築にかける予算が足りなくなってしまいます。駅に近いし、周辺の景色も良いけれど、暮らしやすい家にはできなかったということになれば、納得できる家づくりにはならないでしょう。

反対に、どんなに暮らしやすい快適な家が建っても、駅までが遠く、通勤通学に時間がかかる、車がないと買い物に行けない、いざという時近くに病院がないので不安というような生活は、便利な生活とは言えません。

もちろん家族構成やライフスタイルによって、理想の家は異なります。車の移動がほとんどで夫婦ともに車を持っているので、駅から遠くても問題ないという家族と、家族全員が駅を利用して通勤通学をしているという家族では、駅への利便性の重要さが違います。
共働きの夫婦なので家は小さくても構わないという家族と、子供の数が多い、又は二世帯なので、広い家に住みたいという家族でも、それぞれの優先順位は変わります。

そのような優先順位を踏まえた上で、自分たち家族の持つ新しい家での理想の暮らし方に合わせて予算配分を決め、その予算に見合う土地探しを始めることが大切です。

建築事例

土地の探し方

自分たち家族にとっての理想の土地の条件を整理してみましょう。

周辺の環境

  • 電車を利用する場合は駅からの距離、車を利用する場合は勤務先へのアクセスの良さ
  • 学齢期の子供がいる場合には学区
  • 周辺の自然環境 緑が多い、交通量が少なく静か、公園がある、水はけがよく大雨でも被害がない、火葬場や墓地・ごみ処理施設がない、高圧線が敷地の上空を通っていないなど
  • 周辺の利便性 商店や病院が多い

多少不便でも、静かで緑の多い環境で暮らしたい家族と、家が建て込んでいても利便性の良い土地で暮らしたい家族とでは、理想の土地の条件が変わります。

土地の条件による価格の差
土地の価格は、道路との位置関係、土地の形状などによって変わってきます。価格を抑えたい場合には、敢えて条件の悪い土地を選ぶという選択肢もあります。その場合には、悪条件が暮らしや資産価値に及ぼす影響について理解しておくことが大切です。

道路との関係
道路との位置関係によって、土地の価格は変わります。

  • 敷地が面している道路の幅が広い
  • 道路に面している比率が多い敷地
  • 道路に対して間口が広い敷地

このような土地は、価値の高い土地なので、価格も高額です。新築時の工事にも支障がなく、将来的にリフォームや建て直しをする時にもスムーズに行えます。買い替えをする際にも資産価値が高い土地なので有利な条件で取引を進められます。

反対に、道路に面してはいるが面している道路の幅が狭い、間口が狭く路地の入口のようになっているというような条件の土地は、価格が抑えられます。しかし、将来的に建て替えが難しい、買い替える時には資産価値が低いなどの問題を持っています。特に敷地に面している道路幅が4メートル以下だった場合、道路の中心から2メートルは敷地の境界線を後退させなくてはならないので、敷地全部を有効に使えません。

土地の形
正方形や長方形の整形地は、価値の高い土地なので価格も高額です。反対に、間口が狭く路地の入口のようになっているいわゆる旗竿地や、三角形の土地は価格が抑えられます。その分、設計上の制限が生まれてしまう恐れがあります。

ただし、土地の形状が悪くても、設計の手法によって暮らしやすい家を建てることもできます。三角形の敷地に建つ家でも、設計の工夫で暮らしやすい家になっているケースがあります。また、旗竿地に建つ家にはその形状を利用した外構で、かえって魅力的な家になっているケースもあります。予算が限られていて、利便性や学区など土地の形状以外の条件が調っている場合には、変形地を切り捨てる前に、活用する方法で一考するという手もあります。

インフラ
水道、ガス、下水が整備されている土地は価格が高く、整備されていない土地は低価格ですが、その分整備に費用がかかります。

法的な制限
同じ大きさの土地でも、地域や周辺の状況によって建てられる家の床面積や高さが変わります。また、土地が防火地域、準防火地域であった場合には、家の大きさや高さに加え、仕様にも制限があり、建築費が嵩みます。

地盤
家を建てられるだけの強度のある地盤の土地でなければ、地盤改良の費用が嵩みます。

建築事例

注文住宅を成功させる土地探し

家族にとっての理想の土地を探す為には、土地自体の持つ条件との折り合いが必要です。しかし、土地自体の持つ条件には、法的制限や地盤など、一般的には理解しにくい部分が多いことも事実です。周辺の自然環境や利便性などは自分たちでも調べることができますが、専門家でなければ分からないことも多いからです。その為、土地探しは施工を依頼する工務店と一緒に探すという方法が最も理想的です。

不動産会社に依頼して土地を探すという方法もありますが、この場合、不動産会社が土地を探してくるたびに、施工を依頼する工務店と連絡を取り合わなくてはなりません。工務店は建築の専門家としての見地から家族の理想の家を建てられるかどうかを判断できるからです。工務店が土地探しをする場合には、新築工事がしやすい環境であること、家を建てられるだけの強度がある地盤であること、家族が希望する広さの家を建てられること、日当たりや風通しを確保できることなど、一般的にはわかりにくい土地への条件を考慮して土地を探してくれます。

土地探しをしない工務店では、工務店と連絡が取り合える不動産会社を紹介してくれる場合もあります。したがって土地探しの前に、まず施工を依頼する工務店を見つけることが、最も効率の良い方法です。

土地探しの前に、施工を依頼する工務店を決めることの重要さにはもう一つあります。それは住宅ローンです。銀行は、土地の購入だけの為には住宅ローンを受け付けてくれません。住宅ローンとは、住宅を購入する費用に対するローンだからです。住宅ローンのタイミングは、次のような流れで進みます。

施工先の工務店が決まっている場合 建築プランを基に銀行の仮審査を受ける→施工会社との工事請負契約を締結後、建築確認済証、工事請負契約書など、銀行の求める書類を基に本審査→住宅ローンの契約

この流れでは土地購入と工事請負契約との時間差が少ない為、スムーズには手続きが進みます。

土地購入時に住宅ローンを申し込む場合 土地の購入時にローンの申し込み→審査→契約をします。

この場合、銀行が定めた期間内に家を建築するという条件があります。期間内に着工させる為、施工会社との十分な打ち合わせができず、理想の家ではなく、満足度の低い家になってしまう恐れがあります。

また、土地を探してから施工会社を決めた場合、調査の結果、購入した土地の地盤が弱く地盤改良に費用がかかることが分かった、道路との位置関係で建築の為の工事がスムーズに運ばず余分な出費が嵩むなど、土地購入時には予測しなかった費用が発生する恐れがあります。家自体に関しても、土地の形状と周辺の環境との兼ね合いから思ったような間取りにできない、日当たりと風通しが悪いなど、思い通りの家が建てられない土地である可能性もあります。

茨城 つくばでの土地探しと注文住宅

つくばの街並み(つくば市)

土地がないのに工務店に相談しても話が進まないのでは…?と心配される方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
茨城の工務店 A-1GROUPでは、まだ具体的な計画はないのだけれど…という段階のお客様からのご相談も承ります。家を建てたいというお客様には、土地探しや資金計画へのご提案はもちろんのこと、暮らしやすい家づくりに向けて、専門家としてのアドバイスをさせていただきます。

暮らしやすい家、理想の家は家族によって違います。それぞれの家族にとって、生涯幸せに暮らせる家づくりは、お客様と作り手が思いを共有することろから始まります。

そして夢の実現には家庭の経済を圧迫するほどの費用がかかってはならないということもA-1GROUPの信念の一つです。無理をせずに手に入れる理想の家での暮らしをぜひ手に入れてください。

茨城で土地探しからの注文住宅をお考えならエイ・ワン(株)にご相談を

エイ・ワン(株)は無垢材を内装に使ったログハウス風住宅など、ローコストで暮らしやすいシンプルな住宅を建築する会社です。

ローコストではありますが、建築基準法で定められた耐震性以上の耐震性、家を劣化させない工法による高い耐久性、複層ガラスの窓や断熱材による高い断熱性を備えた長期優良住宅に対応できる性能の住宅です。

長く住まえる家、快適な暮らしができる家は、住宅性能の高い家です。加えて、無垢材の内装の家は、天然の木材が持つ特性によって、家族の健康を守り、心を癒す住宅です。

エイ・ワン(株)は、施主様のライフスタイルや人生観に合わせたの住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりです。

エイ・ワン(株)では、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える無垢材を使ったの家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

建築事例
建築事例