子育てしやすい家はどんな住宅?間取り・収納・室内環境について

若い世代のご夫婦、子育て中のご家族が家を建てる計画を作る時、真っ先に考えるのは、子供をのびのび育てられる家にしたいということではないでしょうか?

のびのびと自由に、そして安全に子供を育てる、さらにお母さんのストレスを生まない家の間取りについて考えてみましょう。

子供は成長する

今は、乳児や幼児であっても、あっという間に子供は成長し、幼稚園や保育園に行き始めます。そして小学校、中学校と進学していき、いずれは独立していくでしょう。もしかしたら二世帯で暮らすことになるかもしれません。そのようなライフスタイルの変化に対応して、増改築できる間取りにしておくことは、一つのポイントです。

子供が小さいうちは広い子供部屋にしておき、中学、高校生になるころには分割して独立した子供部屋にする、両親と共用のウォークスルークローゼットを作った場合には、子供が成長し、親との共用を嫌がるようになったら分割して、それぞれのウォークインクローゼットにする、子供が独立して家が広くなり過ぎたら2階部分を減築して平屋にする、子供夫婦が一緒に住むことになったら二世帯にできるよう2階にも水回りを作っておくなどの工夫をしておくと、将来的にリフォームや増改築がしやすくなります。

子供の安全は見守り

子供をのびのびと過ごさせたいと思って広い子供部屋を作っておくことは良いことですが、もっと小さなうち、子供はリビングで過ごします。子供はお母さんと一緒にいるのが大好きだからです。それと同時にお母さん側から考えても、目が届く範囲に子供がいることは、安全確保のために重要なポイントです。

そこで、のびのび過ごせる広いリビング、調理中でもリビングや庭が見渡せる対面式キッチンなど、リビングや庭で子供が遊んでいても常に子供が視界に入るような間取りを考えましょう。

ただし、LDKには、子供がキッチンに入りやすいという問題点もあります。キッチンには火、包丁、オーブントースターや炊飯器などの熱くなる電気製品があり、危険な場所です。子供が小さいうちはキッチンに入ってこられないようベビーゲートを設置する、危ないものを置けるよう子供の手が届かない位置に棚を作るなどの工夫が必要です。

家事の負担を軽減する動線と収納

子育て中のお母さんはすることがたくさんあり、忙しい毎日です。その中で少しでも家事の負担を軽減する為には、スムーズな移動、無駄のない移動ができる動線が必要です。

キッチンの位置

キッチンへの出入りが一か所しかないと、動線が反復移動になってしまうので効率が上がりません。複数で調理するような場合にもストレスが生まれてしまいがちです。2か所からできりできるような位置にしておくと、通り抜けができるので、複数でもストレスなく食事の支度ができ、一人で支度する場合にも家事効率が上がります。

お勝手口とパントリー

防犯性を考えて、キッチンにお勝手口をつけないお宅が増えていますが、お勝手口はあると便利です。お勝手口のそばにパントリーを設置すると、買い物をしてきた食料品をスムーズに収納できます。お勝手口と駐車スペースが近ければ、雨の日でも荷物を楽に搬入できます。またお勝手口の外にちょっとした屋根や収納スペースがついていると、庭掃除の道具やガーデニング用品を収納したり、ごみの収集日までごみを仮置きしたりできます。

脱衣所を有効に利用する

脱衣所に洗濯機を置く場合、雨の日に洗濯物を干せるスペースがあると、浴室乾燥をするほどではない少量の洗濯物をいつでも干せます。また、子供の下着やパジャマをしまっておく収納スペースがあると、子供の入浴の準備の手間が少なくなります。

建築事例

子供は片付けが苦手

子育て中のストレスはいろいろありますが、多くのお母さんが感じているストレスは、室内が片付かない、いつも玄関に靴が散乱しているという現象です。この状態を解消するカギは収納スペースの工夫です。

多くの子供は片付けが苦手ですが、子供でも片付けやすい収納スペースと動線が、お片付けの習慣を身に付けることに繋がります。

外出後の荷物は玄関で完結させる収納を考える

まず帰宅して自分でも手の届く位置に扉を開けなくても靴を置ける場所があれば、子供は靴をしまうようになります。

その為には、玄関にウォークスルークローゼットを設ける方法があります。玄関のウォークスルークローゼットは、玄関とリビングをすっきりさせる2つの役目を果たします。中にシューズラックの他にコートラックがあれば、帰宅して上着やコートをかけられるからです。土間収納にしておけば、雨傘や三輪車、ベビーカーもしまえます。

玄関からリビングへの通路を2つ作り、家族はウォークスルークローゼット通過してリビングに入る、お客様は直接リビングに通っていただく間取り、玄関を広くとり、玄関内に仕切りを作る間取りなど、様々な方法が考えられます。

リビングをすっきりさせるウォークスルークローゼット

リビングには、ウォークスルークローゼットを設けることで、室内がすっきり片付きます。

子供のランドセルやおもちゃが置ける高さの子供用のスペースを作っておけば、子供が自分で片づける習慣を身につけさせやすくなります。子供の物だけではなく、リビングの棚に入りきらない本やDVD、リビングで使う消耗品の買い置き、掃除用具なども収納できます。

子供部屋は子供でも片付けやすい工夫が必要

子供部屋で大切なことは、子供が興味を持って片付けられる、遊びの一環として片づけられるような部屋づくりの工夫です。

その為には、子供が好きなアイテムを並べられる浅い装飾用の棚と、片付け用の大きな棚が必要です。装飾用の棚は、子供が楽しみながらおもちゃをしまえるようなデザインにし、大きな棚は、大きなおもちゃを入れるキャスター付きのボックスを収納します。また、子供の手が届く高さに引き出しやコートハンガーを作り、自分で服をしまえるようにしておきます。

小学校に行くようになれば、飾り用の棚が本棚として使えます。大きな棚は、学習道具や図鑑をしまう場所として使えます。

子供部屋の他に、隠れ家的なスペースが大好きな子供の為に吹き抜けなどを通して、子供の気配が確認できるロフトを作っておいてあげるのも良い方法です。お母さんの目が届かない場所でも遊べるようになった年齢の子供にとって、昇り降りなどの安全に配慮したロフトは格好の遊び場所になるに違いありません。

子供を健康に育てる室内環境

天井が高い子供部屋

いつでも子供に目が届く間取りや、効率よく室内が片付けられる収納も大切ですが、もう一つ忘れてはならないことがあります。

それは子供を健康に育てられる室内環境です。ハウスシック症候群はもちろんですが、その他にも子供の健康に悪影響を与える住宅の環境があるのです。

カビ、ダニ、ウィルスを発生させない湿度管理

子供の健康に悪影響を与えるカビやダニは、湿度が60パーセント以上になると、活発に繁殖し始めます。ここ数十年、子供のアレルギーが問題になっていますが、カビやダニは喘息やアトピーの原因の一つでもあります。反対に、湿度が低くなり過ぎ、室内が乾燥した状態になってしまうと、インフルエンザや気管支炎などの呼吸器系の感染症を発症しやすくなってしまいます。その為、子供の健康管理には適切な湿度の調節が必要です。

湿度の管理には、除湿器や加湿器を使う、無垢材を使った壁や床にする、吸放湿機能のある壁紙にするという方法があります。

この中で無垢材を使った内装は、調湿機能に加えて、裸足で室内を歩き回る子供たちの肌にも優しく、感触も良いという特徴があります。さらに、無垢材には高い断熱性があるので結露を防ぎます。結露は室内の湿度を高くする原因の一つなので、無垢材には二重の調湿機能があるのです。

紫外線の反射から子供の目を守る

紫外線は屋外にいる時だけではなく、室内にも降り注いでいます。室内に侵入した紫外線は、家具や壁に反射して部屋中に広がるので、その眩しさで目を疲れさせます。しかし、無垢材の壁や床であれば、紫外線を吸収し、眩しさを軽減するので、子供の目に優しい光に変わります。

 

建築事例

 

子育て中のご家族が暮らす住宅をどうぞご覧ください。

つくば市に建つ自然素材の家。吹抜や書斎、パントリー付き

大きいソファのあるリビング2

 

茨城に誕生した自然素材の家とスマートハウスの融合した家

天井窓のあるリビング

 

 自然素材の家,ロフト付き3LDK平屋、間仕切り一つで4LDKに発展

漫画本がある小部屋

子育てしやすい住宅なら、エイ・ワン(株)にご相談を

エイ・ワン(株)では無垢材を内装に使ったログハウス風住宅やエネルギーの消費量を抑えるスマートハウスなど、暮らしやすい住宅を建築する会社です。

健康で元気な子度をのびのび育てられる家を建てたいというご希望があれば、どうぞご相談ください。

エイ・ワン(株)は、施主様のライフスタイルや人生観に合わせたの住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりです。

エイ・ワン(株)では、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える木の家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

エイ・ワン(株)の建築実例はコチラから

建築事例