無垢材を使った家の暮らしやすさ

家族の心と身体の健康に良い室内環境

住宅の内装、外装に使われる建材には様々な種類がありますが、その中の一つに無垢材という建材があります。天然の建材である無垢材は、家族の心と身体の健康に良い室内環境を整える性質を持った建材です。

そんな無垢材とはどんな建材なのか、なぜ心と身体の健康に良い影響を与えるのかということを詳しく確認していきましょう。

無垢材とは?

天然木から切り出し、家の内装や外装、家具に必要な形状に整えた木材のことです。今でも歴史的な建造物として残っている神社や仏閣はすべてこの無垢材で建築されたことからもわかるように、非常に耐久性の高い建材です。

無垢材の良さ

無垢材には暮らしを快適にするたくさんの良い性質があります。

自然環境による急激な温度や湿度の変化を緩和して快適な室内環境を作る

無垢材が使われている家は、夏涼しく冬暖かい、梅雨はジメジメせず、冬はカラカラにならないという快適さがあります。その理由は無垢材が持つ木の性質によるものです。

無垢材は熱伝導率が低いので、無垢材を内装や外装に使うと断熱性の高い家が建ちます。断熱性の高さとは、暑い季節には外気の熱を家の中に取り入れない、寒い季節には家の中の熱を逃さないということです。断熱性の高さが、家の中でエアコンや暖房機で温度調節をしている部屋と、廊下や浴室など温度調節をしていない部屋との温度差を少なくします。その結果、玄関や廊下が極端に寒いということがなくなり、ヒートショックをおこすリスクが下げられます。また、電気代や灯油代の節約に繋がります。

また湿度の高い時期には、湿気を吸収し、乾燥した時期には吸収した水分を放出して室内の湿度を調整するという働きもします。この働きによって室内の快適な湿度が維持されます。さらに、人間にとって快適な湿度は、カビやダニ、ウィルスにとっては生存しにくい湿度であるため、発生しにくくなることも、家族の健康に良い影響を与えます。

家族の心と身体を護る

無垢材は住宅の建材や家具となった後も、呼吸を続けており、森林揮発性物質(フィトンチッド)を発散し続けています。その為、森林浴をした時に感じられるような心の癒しや気分のリフレッシュが家の中にいても常に得られるのです。

特に、マツ、ヒノキ、スギなどの針葉樹が発散しているα-ピネン(アルファピネン)という森林揮発性物質には、森林浴効果だけではなく、元気で丈夫な体を作る作用、血行を促す作用、抗菌作用などがあり、私たち人間が本来持っている免疫力をより高めます。

その為、無垢材に囲まれて生活すると、穏やかな気持ちになり、病気になりにくい身体になるのです。

無垢材が発散する森林揮発性物質(フィトンチッド)の中には、シックハウスの原因として悪名が知れ渡ってしまったホルムアルデヒドもあります。しかし、無垢材から発散されるホルムアルデヒドの量は極めて少なく、建築基準法では、告示対象外に分類されています。(ホルムアルデヒドを発散する基準は、は、ホルムアルデヒドの放散量が多く、内装材には使えない☆、は、ホルムアルデヒドの放散量がやや多く、床面積の0,3倍以内にしか使えない☆☆、ホルムアルデヒド放散量が比較的少なく、床面積の2倍以内なら使える☆☆☆、が規制対象外で、ホルムアルデヒドの放散量がほとんどない☆☆☆☆に分けられています。)

無垢材の持つ美しい樹木の年輪が生み出す模様である木目は、ゆらぎ効果という働きをして、心を安らげます。ゆらぎ効果とは規則正しさと不規則さがちょうど良いバランスになっているパターンのことです。木目の他にも、星の瞬きや波の音など、自然が生み出す機械的ではないリズムが人間に与える自然からの恩恵の一つです。

無垢材には紫外線が目に与える疲れも緩和する働きがあります。日差しが降り注ぐ室内は、明るく気持ちの良いものですが、同時に紫外線の反射が眩しい時もあります。そして紫外線の眩しさは目を疲れさせる要因の一つです。しかし、無垢材には紫外線を吸収する働きがある為、眩しさを防ぎ、目の疲れを防ぎます。

無垢材の持つ吸音性が反射音を吸収し、不快な音をまろやかな音に変えるという働きも暮らしを快適にするポイントの一つです。足音や物を落とした時の衝撃音などを和らげるので、赤ちゃんのいるご家庭や、時間帯の異なる生活をしている家族がいるご家庭でも音による不快さを少なくできます。

家の耐久性を高める

無垢材の持つ断熱性と吸湿性は結露を防ぎます。結露は冬場、窓ガラスに水滴がつくといった目に見える問題だけではありません。結露によって、住宅の建材が湿気を帯び、家の構造部分にまで悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。もしそうなってしまうと、耐久性が低下し、住宅の寿命が短くなってしまいます。

無垢材は断熱性と吸湿性が高い為、結露を防ぎ、住宅の耐久性を維持します。

建築事例

無垢材を使ったエイワンの住宅

内装に無垢材の建材が多く使われているエイワンのログハウス風住宅は、家族の体と心に優しい家として快適な暮らしを実現します。

つくば市に建つ自然素材の家。吹抜や書斎、パントリー付き

オール無垢の家 外観

外観(オール無垢他・2階建て)
DIYを存分に楽しみ、家族の「やりたい」を全部叶えた大満足の家です。

明るい陽ざしに溢れるリビング

20代のご夫妻とわんぱく盛りの兄妹、生まれたばかりの赤ちゃんの家族5人が集うリビングは明るい陽ざしに溢れています。

吹き抜けのあるアイランドキッチン

吹き抜けのあるアイランドキッチン

寝室とWIC、書斎がぐるりとつながる回遊動線

寝室とWIC、書斎がぐるりとつながる回遊動線

広くて明るい子供部屋

自然素材の家,ロフト付き3LDK平屋、間仕切り一つで4LDKに発展

オール無垢平屋 外観

外観 (オール無垢地・平屋・木造軸組工法)
天然無垢材と白い壁のナチュラルな空間が家族の時間をやさしく包む家です。
ナチュラルな雰囲気に溢れる室内

天然無垢のパイン材と白い壁でナチュラルな雰囲気に溢れる室内

明るく開放的なアイランドキッチン明るく開放的なアイランドキッチン

広々とした子供部屋

広々とした子供部屋

茨城に誕生した自然素材の家とスマートハウスの融合した家

太陽光パネル搭載スマートハウス 外観 (オール無垢他・2階建て・太陽光パネルを搭載スマートハウス)
平屋のよさを備えた、子どもの成長を見据えた間取りの2階建ての家です。

広々としたリビングダイニング

広々としたリビングダイニング
2階の子ども部屋への階段が子どもが大きくなっても家族のふれあいが自然と生まれる間取りにしています。

明るいエントランス

明るいエントランス
子供たちの荷物がリビングに散らからないよう工夫されています。

建築事例

無垢材を使った住宅なら、エイ・ワン(株)にご相談を

エイ・ワン(株)では無垢材を内装に使ったログハウス風住宅やエネルギーの消費量を抑えるスマートハウスなど、暮らしやすい住宅を建築する会社です。

そして、エイ・ワン(株)は、施主様のライフスタイルや人生観に合わせたの住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する暮らしやすい家の創り手です。

”全ては笑顔の為に”

これは、当社が常に心掛け、実践している家づくりです。

エイ・ワン(株)では、これまでに培ったノウハウと、数多く施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える木の家のプランを設計し、ご提案いたします。

ご提案の過程で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどの、ご希望を存分にお聞かせください。
当社のスタッフが全力で、お客様の家づくりに寄り添います。

エイ・ワン(株)の建築実例はコチラから

建築事例