地域から探す

アイランドキッチンは、コンロとシンク、調理スペースのすべてが、どの部分も壁に接していない独立したキッチンレイアウトです。

アイランドキッチン以外の対面キッチンは、キッチンの一部が壁に接していることに加えて、キッチン前面に腰壁があり、手元が隠れるタイプもあります。

その為、キッチンの周辺を回遊できる唯一のキッチンレイアウトであり、隠れる部分のないキッチンです。

数年前から、システムキッチンを製造しているメーカーのテレビコマーシャルや、インテリア雑誌に掲載されている画像から、魅力的なアイランドキッチンのイメージが、人々に浸透しています。メーカー側も、力を入れているので、他のキッチンレイアウトよりも、洗練されたデザインが揃っています。

アイランドキッチンの魅力

近年、リビングとダイニングが繋がっている間取りが増えています。そして、家にいる時間のほとんどをリビングで過ごすという暮らし方をする家族も多いです。そのようなライフスタイルに、ぴったりなキッチンレイアウトであることが、アイランドキッチンの人気の理由の一つではないでしょうか?主婦や主夫だけが食事の支度をするのではなく、家族全員で食事の支度をしても動線がぶつからない、調理をしている人とリビングにいる人の会話が途切れないという状況が、リビングで過ごすことの多い家族には、ぴったりだからです。お客様をお迎えしてのホームパーティも、ホストとゲストが一緒になって楽しめます。

また、リビングからの視覚という点で考えても、見せるキッチンであるアイランドキッチンから生活感は感じられません。リビングで寛ぐ家族にとっても、お客様にとっても、おしゃれで洗練されたキッチンの風景が視界に入ってきます。

アイランドキッチンを導入する前に知っておくべきこと

アイランドキッチンは確かに魅力的ですが、現実的には問題がないわけではありません。まず、リビングダイニングの床面積が広くない場合には、使いにくいキッチンレイアウトです。

キッチンの部分だけで6畳程度は必要です。これに加えて出入り通路の幅は約1.6メートル、キッチン後ろの通路0.9m、さらに収納スペース、冷蔵庫置き場も必要です。

また、調理のニオイや、油汚れが広がりやすいという問題もあります。ニオイ対策としては、高機能な換気扇、油汚れの対策としては、キッチン前面のパネル設置があげられます。キッチン前面のパネルは、アイランドキッチンの魅力を減少させてしまうと思われる方もいらっしゃるでしょう。

その場合には、前面に腰壁のついた対面型Ⅰ型キッチンという選択肢もあります。

地域から探す