建築可能な最小敷地面積は?

with コメントはまだありません
【建築可能な最小敷地面積】
 建築基準法によりまして建蔽率が決められております。これは土地毎に異なりますが小さい値で50%となっております。分かりやすい表現をいたしますと「建物の建築面積の2倍」ということになります。キュート165Tの場合は、54.65m2ですので、単純に計算しますと54.65×2=109.3m2で、約10m×10mの大きさの敷地面積となりますが、駐車スペース等を考慮しますと、13m×13m位がベストと考えます。キュート135Tの場合も同様です。

Leave a Reply