三重でログハウス風の平屋を建てる工務店│エイ・ワン

【2016年春】最初の出会い

三重でログハウス風の平屋を建てるご依頼をいただいたお施主様との出会いのきっかけは、2016年3月にお施主様から資料請求をいただいたことから始まります。

三重県でログハウス風の平屋を建てる│資料請求資料請求をいただいたお客様に、直接お電話をすることは無いのですが、メールでのご挨拶は必ずさせていただいています。

そのメールのやり取りから、三重でログハウス風の平屋を建てることになるお施主様とのお付き合いが始まりました。

 

お施主様と直接お会いしたのは、メールのやり取りを始めてから数週間後、A-1 GROUPのA-1 PROJECTの東京事務所でのことです。

 

そこで初めて、現在は神奈川県に住んでいるが、奥様のご実家のある三重県に引っ越されること。そのために、転職しなければならないということ。奥様のご実家の近くにマイホームを購入する(建てる)ために資料請求したこと。などを聞きました。

 

その中で強く記憶に残っているのは、

「三重県に引っ越した場合、三重県での転職先を探さなければならないため、三重県に引っ越しをした後、会社での待遇がどうなるか現段階ではわからない。今の会社に所属しているうちに、住宅ローンの借入をして、三重県に家を建てることも考えている」

という言葉です。

 

確かに、今の会社で働いているうちに、住宅ローンの借入れ手続きをした方が、有利な条件で住宅ローンの借入をすることができると思います。

しかしそれは、非常に危険な考え方だと思いました。

 

マイホーム購入の予算は、金融機関が貸してくれる金額ではなく、返済できる金額で考えるべきです。

今(神奈川)の会社の給料ベースで返済計画を考え、十分な借り入れができたとしても、三重県の会社に転職した後、神奈川県の会社と同じ待遇となる保証はありません。

職種や企業規模にもよりますが、一般的には待遇は悪くなると予測されます。

 

<参考>

・神奈川県の平均年収 531万9000円

・三重県の平均年収 491万1400円

(賃金構造基本統計調査2017年〔厚生労働省〕より)

 

三重県に引っ越しをしてすぐに転職できないという可能性もあります。

 

悲観的なことだけではないとは思いますが、ご家族のことを考えれば、できるだけリスクの少ない方法を選ばれた方が良いと思いました。

 

そのことをやんわりと伝え、家づくりの流れなどをご説明し、三重県でログハウス風の平屋を建てることになるお客様との最初のお話は終わりました。

 

三重でログハウス風の平屋を建てる工務店|資料請求

 

 

建築事例