注文住宅の素材選び中の方必見!注目の自然素材、無垢材の効果とは

注文住宅づくりで素材選びにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

機能面、デザイン面においてもなるべくよいものを使って、自分だけの注文住宅を住み心地の良いものにしたいですよね。

では、無垢材についてご存知でしょうか。今回は、自然素材の中でも無垢材とその効果についてお知らせします。

実はすごい無垢材、あなたの家づくりの救世主になってくれるかもしれません。

・無垢材とは

無垢材とは、建材になる木材の一種で、一本の木から建材に使う形に切り出したものです。合板などは、複数の木材を張り合わせて作るのですが、この無垢材にはそういった張り合わせる工程がなく、最初から一本の木であるというのが特徴です。

この無垢材には様々な面で効果を発揮します。

・機能面

まず建材としての機能ですが、一番の特徴はその調湿性です。湿度の高い日には、湿度を吸収し、乾燥した日には水分を放出することによって、お部屋の湿度を保ってくれます。

また、断熱性もコンクリートよりはるかに優れており、夏は涼しく、冬は暖かい家にすることができます。夏のじめっとした暑さからも、冬の乾いた寒さからも、無垢材なら湿度温度の両面からご家族を守ってくれるのです。

また、木の香りによるくつろぎ効果もあります。無垢材の精油分により、森林浴をしているかのようなリラックス、健康効果もあります。木のぬくもりを肌で感じられるのではないでしょうか。

・デザイン面

次に、見た目からも木のぬくもりを感じることができます。一枚の木から作られる建材であるため、不自然な継ぎ目がなく、自然の木を堪能することができます。

また、木によって木目の違いを楽しむことができたり、年を経るごとに味が出てくるといった楽しみ方もあります。

・安全面

安全面では無垢材を使用した家は、一般的な家に比べて化学物質を使う量が少ないため、健康被害が少ないということが挙げられます。

家を建てる際に使われる化学物質が空気を通して人に達することによっておこるシックハウス症候群を防ぐことができるからです。

 

自然素材である無垢材の効果についてご理解いただけましたでしょうか。3つの面から様々なメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

長い間住むことになる家の建材選びは非常に重要です。少しでもご自身の快適な住環境に資するものを選ばれることをお勧めします。

A1グループでは、無垢材を使用した安全で高機能な住宅をリーズナブルな価格でお作りいたします。建材選びのご相談ももちろん承っておりますのでお気軽にご相談ください。

ログハウスで自然素材のデザインを感じたい、そんな方に読んでいただきたいログハウスのデメリットと解決のご提案

ログハウスに住みたいとお考えの方はいらっしゃいませんか?

木のぬくもりを感じられる家はデザインの面でも心の安らぐもので、憧れる方も多いのではないでしょうか。しかし、ログハウスには自然素材を使っているからこそのデメリットも存在します。

では、どうすればそういったデメリットを回避しつつ木のぬくもりのあるログハウスのような家に住むことができるのでしょうか。

今回は、ログハウスから生じるデメリットと自然素材のメリットを活かしつつ快適な家に住む方法についてお伝えします。

・ログハウスのデメリット

ログハウスに生じるデメリットは一言でいうと、メンテナンスが必要であるということです。

ログハウスは自然素材である木を使って作られているため、その木に生じる様々な問題によって状態が変わってきます。木はその柔軟性や伸縮性が良くも悪くも特徴で、デメリットでいうとセトリングの原因になります。

セトリングとは、家が建ってから時間がたつごとに壁が下に沈んでいくことで、ログハウスの建材に使われている木が自分の重さと乾燥によって下に縮んでいくことから発生します。

その他にも、木自体が割れたりひびが入ったりすることもありますし、経年劣化に対応して外壁塗装の塗りなおしが必要になるなど、メンテナンスが欠かせません。

しかし、ログハウスには木の香りやぬくもり、保温性等多くのメリットがあります。このメリットを活かしたまま、デメリットをなんとかできないのでしょうか。

・CUTEという選択肢

皆さんはCUTEをご存知でしょうか。CUTEは弊社が自信をもってお客様に提供する新しい住宅です。

外装はシンプルモダンなもので、おしゃれなデザインでありながらコストを抑え、内装はログハウスのように無垢材を使用することで、木のぬくもりを感じられる温かみにあふれたデザインとなっております。

このCUTEの最大の特徴は、先ほど挙げた、ログハウスのデメリットを補っているという点です。外壁を現代建築から踏襲しているため、日光や雨風による木の劣化を防ぎ、メンテナンスの手間を大幅に省略しています。

また、壁そのものがすべて木でできているわけではないため、セトリングも防いでくれます。

ログハウスを考えられている方の中に、メンテナンスを自信をもってできるとはいえないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方でも、自然素材のぬくもりやデザインを感じていただけるのがCUTEです。

A1グループでは、お客様のリーズナブルで安心な住環境のために、自信をもってCUTEをお届けします。ぜひ一度ご相談ください。

ログハウスで子供の健康を守る?自然素材の家のメリットとは

注文住宅をお考えの方で、お子様がいらっしゃる方はいませんか。

子育て環境において住まいは大変大きな影響力を持っています。子どもが大きくなる前に家を建てたいという方の中でも安全な家に住んで、子どもの健康を守りたいという方も多いのではないでしょうか。

では、住まいによって子どもの健康に被害が発生するとはどういったことなのでしょうか。また、そういった問題を解決するためにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、住宅が子供に与えうる健康被害とそれを抑えてくれるログハウスを含めた自然素材の住宅のメリットについてお伝えします。

・住宅が子供に与える健康被害

シックハウス症候群ということばをご存知でしょうか。これは、住宅の建材に使われる化学物質が空気を通して人間に達することで、めまい、頭痛、発熱、アトピーなど様々な症状を引き起こすものです。

大人もシックハウス症候群にかかりますが、子どもの場合免疫力が低いこともあるため心配ですよね。数十年住む予定の家を建てる際に、そのようなリスクを抱えるのはでできれば避けたいものです。

ではそのような被害を抑えるために、住宅を建てる際にできることとはいったい何でしょうか。

・自然素材の家とそのメリット

化学物質の使用をできるだけ抑えた自然素材の家をお勧めします。ログハウスのように、無垢材を使った家は化学物質の使用が一般的な住宅よりも抑えられているため、シックハウス症候群のリスクが低いです。

無垢材とは、建材の材料となる木を様々なものを張り合わせて作られる合板材とは区別される、一本の木から一つの建材が作られるものです。

こういった無垢材を使用したような住宅は、化学物質の使用を抑えているだけではなく、木のデザイン上のぬくもりや、調湿機能、断熱性、保温性、防火性など多くの面でメリットがあります。

住宅を考える際に自然素材の使用を検討してみてもよいかもしれませんね。

 

自然素材の家のメリットについてお分かりいただけましたでしょうか。一概に自然素材の家といっても、メンテナンスの大変なログハウスだけではありません。

A1グループでは、現代住宅とログハウスのいいところどりをした新しい住宅のCUTEを取り扱っております。

CUTEは、室内でのログハウスのような居心地やあたたかさと、外観からはモダンな住宅のような装いを両立した健康にもデザインにも優れた住宅です。
お子さんの健康を守る家づくりのためにも、一度お気軽にご相談ください。

おしゃれで健康的な家に住みたい方に気を付けていただきたいポイントとは

おしゃれな家に住みたいと思う人はきっと多いはずです。

しかし、おしゃれでも住みにくい家であったり、何か問題の発生するような家に住みたくはありませんよね。中でも、健康に問題の発生するような家に住むことはお勧めできません。

では、おしゃれで健康的な家に住むためにはどうすればよいのでしょうか。今回は心も体も満足する家にするために重要なポイントをお伝えします。

・おしゃれだけど住みにくい家

おしゃれな家と一口に言っても、数多くの家があります。ただおしゃれな家をデザインするのは簡単ですが、ここで重要なのはそのおしゃれがほかの機能性などの住むうえで重要なポイントに悪影響を及ぼしていないかということです。

住宅は毎日何年も住むものです。小さなストレスでもつもり重なると大変なものになるかもしれません。

例えば生活を想定した動線を考えた際に明らかに非効率な動線になったり、邪魔な位置に柱があったりしませんか。

そういった実際の生活を想定した動線のチェックをしっかりとすることで、おしゃれだけど住みにくい家を避けることができます。

・健康的な家に住む

住んでいて家が原因で病気になる、なんてことになると、中々その家から逃れられない分、質が悪いものです。

家の建材に使われる化学物質が原因でシックハウス症候群が起きるといったこともあるので、できるだけ自然素材を使った家にするのがおすすめです。

自然素材を使った家では、シックハウス症候群を予防できるだけでなく、木の調湿性や保温性などといった面からも健康的な生活をすることができます。

また、気持ちの面からも日々木のぬくもりに触れることで健康的でいられるのではないでしょうか。

また、採光も重要です。日光にほどよく身体をあてることで、体内でビタミンDが生成され、癌をはじめとする様々な病気を防ぐことができます。

また、日光はうつ病のような精神疾患にも効果がされており、そういった面からも心と体の両面で健康な家にとって必要といえそうです。ご検討中の住宅では採光面ではしっかりと対策がなされているか、一度見直してみてもよいかもしれませんね。

今回はおしゃれで健康的な家に住む方法を二つに分けてご説明しました。

なかなか両立するのは難しいかもしれませんが、しっかり注意するポイントを決めて、住みよい家にしてくださいね。

A1グループでは、内装にログハウスのような無垢材を使用し、外壁には現代住宅のようなモダンでおしゃれな装いを施した、まさに二面が両立する住宅であるCUTEを取り扱っております。お気軽にご相談ください。

家づくりに無駄なコストをかけたくない、コスト削減の有効な方法とは

注文住宅づくりは、すでに作られている住宅を買うこととは違って、自分で一から住宅を作ることのできる自由度の高さにその魅力がありますよね。

自分だけのこだわりの家を作ろうと色々と考えていたら、いざ見積もった時に予算オーバーといったこともありうるかもしれません。

自分のこだわりのポイントと予算の両立は難しいかもしれませんが、なるべく妥協はしたくありませんよね。

では、家づくりにおいてコストを削減するためにできることとはどのようなことがあるのでしょうか。今回は、注文住宅における家づくりで節約できるコストについてお伝えします。

・コスト削減の方法

1.必要最低限で考える

収納スペースやロフトなど、あなたが機能面で必要だと思ってこだわっているポイントは、実は不必要なものかもしれません。

収納スペースはいくらあってもよいものだと思っていませんか?なんとなく整理していないだけでご自宅には使わないものがたくさんあるかもしれません。使わないものをしまうためだけに何十万円も払わなければいけないのはもったいないですよね。

このようなことを防ぐためにも、自分の今の生活に照らし合わせて必要最低限の収納スペースなどに抑え、必要不可欠でない設備は思い切って削減してしまうのも一つの手です。

また、二階が必要なかったというケースも実は多いです。毎日家の中を階段移動するのは実はかなりの肉体労働です。

身体が衰えてきて二階に行かなくなったということもままあり、本当にスペース的に二階が必要なのかということも考えてみるとよいかもしれませんね。

2.シンプルなデザインのものにする

基本的に家の施工はデザインを複雑なものにしようとすればするほど、お金がかかります。ご自身の住みたい家はどのような家でしょうか。

作りがシンプルでもおしゃれな家にすることはできます。実は構造的なおしゃれにはあまりこだわりがないという場合なら、思い切ってシンプルでおしゃれなデザインにして、その分を家の機能面や貯蓄に回してみるのもよいかもしれませんね。

家づくりのコスト削減の方法についてご理解いただけたでしょうか。

自分で設計から携わる分、つくりの部分からコスト削減が行えるのは注文住宅づくりの強みです。こだわりのたくさん詰まった快適なお住まいをリーズナブルに建ててみませんか?

A1グループでは、お客様のニーズをかなえながらも、一般的な価格よりかなり安く注文住宅の施工を承っております。質と値段の両立をお約束いたしますので、一度お気軽にご相談ください。

新築の家を作るときに考えたい、生活動線を考えて無駄をなくすことによる効果とは

注文住宅をお考えの方で、生活動線という言葉を聞いたことのある方はいらっしゃいませんか?

無駄のない住宅を考えることは、住み心地の面からも予算の節約の面からも重要です。

では、そのために考えておくべき生活動線とはいったいどのようなものでしょうか、またそれを考えておくことでどういった効果があるのでしょうか。

今回は生活動線とその無駄をなくすことによる効果についてお伝えします。

・生活動線とは

生活動線とは、実際にその家で暮らしたときに生活するうえで頻繁に行き来するような動きのコースのことを言います。

例えば、お風呂に入った後、冷蔵庫の前で牛乳を飲み、歯を磨いた後にベッドに入って寝るというようなものです。

人によって生活の仕方やルーチンには違いがありますので、ご自身やご家族の場合にはどうかを考える必要があります。実際の生活に照らし合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

・生活動線を考えることによる効果

生活動線をしっかりと考えることにより、無駄のない家にすることができます。では、無駄のない家にはどういった効果があるのでしょうか。

1.暮らし心地がよくなる

生活に合った家にすることができるため、住み心地がよくなります。家具や間取りの配置によっては、何度も往復しなければならないものが一回で済むようになったりと、生活する上での小さな不便をどんどんカットすることができます。

一つ一つは小さな不便かもしれませんが、これから住む家では何千回も感じるものかもしれません。

2.お金の節約になる

生活動線に必要のないスペースをカットすることができるため、お金の節約になります。具体的にいうと、そもそも必要な土地の広さを節約できるため土地代が節約できたり、その無駄なスペースを作るために必要な施工費が節約できます。

本当に必要なところにしっかりとお金を使うためにも、生活動線を考えることは重要といえそうですね。

3.家族のだんらんが増える

生活動線を考えると、より効率的に人口密度の高い家にすることができます。それは決して狭苦しいという意味ではなく、必要な箇所に必要なスペースを作ることができるという意味です。

人の集まるところにはしっかりとスペースを作ることができるため、自然と家族が集まり会話が生まれるのではないでしょうか。

 

今回は、新築の住宅を作る際に考えたい生活動線とその効果についてお伝えしました。

生活動線を考えるだけで様々な無駄を省くことができ、効率のいい暮らしができることをおわかりいただけたでしょうか。

一度ご家族と検討されてみてもいいかもしれませんね。

家づくりで後悔しない、成功させるために重要な3つのポイント

家づくりは、多くの方にとって人生に一回しかない大事な機会ではないでしょうか。

ゼロから自分で考えられる注文住宅づくりでは、あれもこれもと欲張りたいけど予算との兼ね合いがあって難しいということもよくあります。

すべてを把握して予想通りに家づくりをするのは難しいかもしれませんが、できるだけ後悔のない家づくりにしたいですね。

今回は家づくりで後悔しないために押さえておきたいポイントについてお伝えします。

・業者選び

家づくりは自由とは言え、複雑な知識が多く必要になります。

その中で住まいづくりを成功させるには、安心できるパートナー選びが非常に重要です。自分のわからないところを補ってくれる業者をしっかりと選びましょう。

具体的には、話をしていて気持ちのいい人がついてくれているかというところが一つの基準になります。

自分の希望を伝えてそれに対してアドバイスをもらうというときに、自分の理想の家がしっかりと伝わっていなければよい家は作れません。コミュニケーションをしっかりととれる人がいる業者なのかを見極めましょう。

また、過去の実績を調べてみてもよいかもしれません。過去にその業者が作られた物件が自分好みのものが多いなら、その業者に依頼すればご自分の家づくりも成功する可能性が高いです。

・予算の管理

作りたい家は決まったけれど予算が思ったよりかかる、というのもよくあるケースです。

家づくりは思っていたよりお金がかかるのが普通です。家を建てるのにかかるお金はもちろん、土地の購入にかかる税金や、司法書士への報酬などご自分で想定していた額とはかけ離れたお金がかかることもあります。

あらかじめ余裕を持った予算を組んでおくことや、こだわるポイントの取捨選択をきちんとしておくことが非常に重要です。

・重要な打ち合わせ

注文住宅づくりでは、何度も業者と打ち合わせをくり返して作る家を決めていきます。家の設計から価格の見積もりなど、話の内容は多岐にわたりますが、どれも非常に重要なものです。

わからないところがあったら聞き逃さずにしっかり質問して、できるだけ頭の中で全体像を把握した状態で家づくりをされることをお勧めいたします。

 

家づくりを成功させるためのポイントについてご理解いただけましたでしょうか。

それほど難しいことではないですが、常に気を付けておきたいですね。

この三つのポイントをしっかり押さえて、いつまでも快適な家で暮らしませんか。

新築の値段を抑えたい!ローコスト住宅のメリットとは

新築の住宅を建てることをお考えの方で、なるべく値段を抑えた住宅が建てたいとお考えの方はいませんか?

余りに値段を抑えすぎたローコスト住宅だと、安かろう悪かろうで満足のいかない家になるのではないかと考えられる気持ちもわかります。

しかし、しっかりと住まいづくりにおいても取捨選択をすることで、ローコスト住宅でも満足いただける暮らしが実現可能です。

今回は、ローコスト住宅とそのメリットについてお伝えします。

・ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、様々な方法でコストダウンが図られた1000万円台で買うことができる家のことを指します。

その方法は様々で、会社によっては、人件費の削減や広告費の削減といった経営自体のコストカットから、建材の規格化や工場での大量生産によるコストカットというような生産面でのコストカットなどが挙げられます。

さらに、設計の段階では凹凸のなるべく少ない家にすることや、間取りがオープンなものにすることで複雑な設計を避け、ローコスト住宅を実現することができます。

必ずしも質の悪いものを使っているから安いのではなく、様々な不断の努力によってローコスト住宅は作られています。

・ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅のメリットは何と言ってもその価格にあります。通常3000万円を超えることも多い新築の住宅を1000万円台で作ることができるというのはかなりの節約になります。

数百~数千万円の額が浮くわけですから、その分のお金を旅行などのちょっとした贅沢に使ったり、日ごろの生活に余裕を持たせたりと様々な使い方をすることができます。

注文住宅づくりでは、特に見積もりをしてみると予算をオーバーして考え直すことになったというケースが多いです。そういった想定外もローコスト住宅なら安心して対処できるのではないでしょうか。

また、しっかりと業者と相談して作った家であれば、安いとはいえこだわりの詰まった家にすることができます。ログハウスのような内装にしたいといったような要望も、しっかりと打ち合わせをかさねることによって実現可能かもしれません。

 

ローコスト住宅とそのメリットについてご理解いただけたでしょうか。実は価格と質の両方をしっかりと兼ね備えた住宅にできるのですね。

また、そういった家づくりにはしっかりとした業者が必要不可欠です。A1グループでは、お客様の家の価格を抑えたいというご要望をプロの視点からしっかりとサポートいたします。ぜひ一度ご相談ください。

新築マイホームにかかる費用はどれくらい?概要を知って予算計画に役立てましょう

夢のマイホームを建てるうえで、予算の管理は非常に重要です。当初想定していたよりもお金がかかって、設計や見積もりのやり直しということになるのは嫌ですよね。

しかし、住宅の購入にかかるお金は意外と把握しにくいものです。

今回は、新築マイホームを購入する際にどんなお金がかかるのかをお伝えします。

・購入するときに必要なお金

1.住宅ローン頭金

物件を購入するときに最初に現金で支払うものです。ここでしっかりと支払っておくと、後々の住宅ローンの返済額が少なくなるため、なるべく多めに準備したいところです。

2.他の購入代金

住宅への費用に加えて、手付金や申込証拠金が必要になるケースがあります。不動産会社や売主に対して支払われるものですが、最終的にはその家の購入代金の一部となります。

3.税

意外と忘れがちなのがこの税です。印紙税、不動産取得税、登録免許税、固定資産税、都市計画税などかかる税の種類は多岐にわたります。

税の種類によっては払わなくてよいものもあったり、家の価格によっては想像以上に支払わなければならなかったりするため、実際自分の場合どれくらいかかるのかは専門家の方に相談してみてください。

4.仲介手数料

不動産会社に物件を仲介してもらったことへの手数料です。中古の物件や一部の新築マンションを仲介会社に紹介してもらった場合に発生します。

・購入した後に必要なお金

1.引っ越し代

その家に住むなら、引っ越し代がかかります。運ぶものの量と距離に応じて費用は変わり、想定より高い額になることもままあります。

自分たちでやってしまおうと思われる方もいらっしゃると思いますが、せっかくの新築のマイホームを傷つけるよりは業者に頼んだ方が安心かと思います。

シーズンとして、2月、3月には繁忙期で引っ越し料金が高くなるため、そういった点を考慮して業者に依頼するとよいのではないでしょうか。

2.住宅ローン

住宅を買う際に一括現金で支払われる方はそう多くないかと思います。ご自分の収入としっかり相談して無理のない住宅ローンを組まれることをお勧めします。

3.維持費、保険費

家の管理において、例えば壁の塗りなおしが必要になったりすることもあります。家は建てて終わりではなく、その後も修繕しながら使っていくものですので、その分お金がかかります。

また、火災保険などのお金も毎年継続して必要になります。

マイホームの購入に必要なお金についてご理解いただけたでしょうか。概要をざっと把握したあとには、実際に自分の場合だとどれくらいかかるのかを計算してみると良いのではないでしょうか。

注文住宅で起こる健康被害とは?予防のために自然素材がおすすめです

注文住宅作りをお考えの方で、健康に対する影響が気になるという方はいらっしゃいませんか?

自分たちの体を雨風から守ってくれる住宅ですが、実はその住宅が原因で健康に被害が及ぶこともあるのです。しっかりと知識を備えて、安全で健康な生活を送ってみませんか。

今回は、住宅の及ぼす健康被害とその予防策、対処法についてお伝えします。

・住宅の及ぼす健康被害

シックハウス症候群という言葉をご存知でしょうか。
シック(病気)ハウス(家)というように、家が原因となって、健康被害が発生するものです。

頭痛や動悸、目が痛くなる、鼻詰まりがするなど、その症状は人や環境によって様々で、その原因には、家づくりの際に使われる化学物質が住宅内の空気を介して人々の粘膜や皮膚に触れることが挙げられます。

長年住む家が原因で病気になりたくはありませんよね、また、一度住んだ家がシックハウスだとわかったら、その原因をなくすためには多額の資金が必要になります。

ではどうすれば住宅がシックハウスになるのを防ぐことができるのでしょうか。

・予防策としての自然素材

シックハウス症候群は住宅に使われる化学物質によって発生します。そのため、できるだけ自然素材を使った住宅づくりをすることが予防策として挙げられます。

住宅づくりの自然素材というと、真っ先に挙がるのが木です。木には保温効果や、調湿効果など、機能として優れた部分が多くあるのに加えて、そのぬくもりやデザイン性などといった点からも評価が高いものです。

そのような木を使って家づくりをすることがシックハウス症候群の予防策になります。住宅づくりの際に、自然素材をできるだけ使ったものにすることが、健康な住宅環境の構築につながるかもしれません。

・対処法としての換気

完全に化学物質を使わない家づくりは非常に難しいものです。そのため、お住まいになってから気を付けたいことは換気です。

空気を通して化学物質が人に到達するため、定期的に換気をすれば、シックハウス症候群を防ぐことができます。夏場冬場は気が進まないかもしれませんが、健康のためにも定期的な換気をお勧めします。

住宅での健康を守るために、少しでも参考になったでしょうか。注文住宅づくりをお考えの方には、是非自然素材を使った家づくりをお勧めします。

エイワン株式会社では、お客様の健康なお住まいづくりを全力でお手伝いさせていただきます。自然素材を使った家づくりに自信がありますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。