茨城に注文住宅を建てる予定の方必見!吹き抜けの掃除方法を紹介

「住宅に吹き抜けを設置したいな。」
このように、お考えになったことはありませんか?
確かに、吹き抜けは家全体を広く見せてくれるといったメリットがたくさんあります。

しかし、中にはどのように掃除をすればいいのか気になる方もいるのではないのでしょうか?

そこで、今回は吹き抜けの掃除方法についてご紹介いたします。

▢吹き抜けの掃除は難しい?

吹き抜けは、天井が高くなることから部屋全体を広く見せるという効果があります。
しかし、それは逆に、掃除が難しいのではという心配もありますよね。
確かに、吹き抜けは高い位置にある上、壁のほかに照明器具や窓の掃除もしないといけないため掃除箇所が多くなっています。
そのため、多くの方が吹き抜けの掃除は難しいと考えていらっしゃることでしょう。

ところが、そのような難しい問題でも掃除を可能にさせる方法があります。

▢吹き抜けの掃除方法

まず、必要なものとして梯子とハンディーモップを購入します。
高いところを掃除するため、できるだけ長さのあるものを購入するのが良いでしょう。

これらの準備ができたら、掃除を開始します。
最初に、下にあるものをすべて移動させます。
また、動かせないものには新聞紙をひくようにして、ホコリが被らないようにしておきましょう。
次は、ハンディーモップを最大限に伸ばして上から壁のホコリを払い落します。
このようにして壁の拭き掃除が終えたら、次は窓に移ります。
窓は、ハンディーモップに雑巾をつけて拭くのが良いです。
この方法は、照明器具も同様に行います。
そして、最後に下に落ちたホコリを掃除機で吸い取れば、掃除は完了です。

▢吹き抜けの掃除の時期

このようにして、吹き抜けの掃除を行います。
では、いつごろに掃除を行うのが適切なのでしょうか?
吹き抜けにはクモの巣やホコリがつきやすいので、1ヶ月に一度簡単な掃除を行うことがポイントです。
クモの巣やホコリを取り払うだけで十分です。
しかし、大掃除は半年から1年に一度は行うことをおすすめします。
そして、天気の良い日に掃除をして、必ず窓は開けます。
室内から掃除をするとき、ホコリを充満させないようにするためです。

▢おわり

こちらの記事では吹き抜けの掃除方法について解説いたしました。
その他にも、カビの除去方法や天井の掃除方法といったものもあります。
また、なかには業者に依頼したほうが良い部分もあります。
吹き抜けが感じさせる開放感を十分に味わうためにも定期的に掃除を行いましょう。

建築事例