茨城にお住みの方へ!注文住宅を建てる際子育てのために工夫することとは?

これから子育てをするにあたって、家づくりにこだわりを出したいといった方はいらっしゃいませんか?
子育ては母親にとってとても大変なので、母親の負担にならないような構造にしたいものです。
また、お子様の生活にぴったりな空間に仕上げるとさらに良いです。

そこで、今回は、子育てのためにどのようなこだわりを家づくりに適用すればいいのかについてご説明いたします。

▢子育てのための家づくりの工夫

子育てをするにあたって工夫しておくべき点はたくさんあります。
今回は、その中でも代表的な工夫方法をご紹介いたします。

*家事動線の工夫

家事動線とは、奥様が家事をする際に移動する「線」のことです。
この家事動線を工夫すれば子育ては、より行いやすくなります。
例えば、洗濯物を干す場所は、浴場に近いところに設けるケースが挙げられます。
お風呂に入る前は必ず洗濯物が出ます。
そこで、洗濯物を持って移動する距離を短くするために、お風呂場の近くに洗濯機を置いて外で干すような動線を作るのです。
そうすれば、時間は短くなり移動する負担も減ります。
このように家事を一つの場所に集約させて行えるように考慮しながら、立てていくことをおすすめします。

*家族の顔を合わせやすくする

子育てをする前提として挙げられるのが、家族とのコミュニケーションを増やすこと子どもの安全性です。
そのためには、家族同士の顔を合わせる機会を増やさなければいけません。
その方法の一つに、リビング階段があります。
リビングは、家の中心に設けて、どの部屋に行くにも必ずリビングを通らなければいけないような間取りにするのです。

また、そのようなリビングに階段を設けたら、玄関から直接2階に上がることはできなくなります。
そのため、お子様の外出や帰宅様子を確認することができます。
また、リビングに階段があることで椅子替わりにもなります。
このように人が最も集まりやすいリビングに様々な工夫を施すことがおすすめです。

*無垢材の床の使用

お子様に、自然のぬくもりを感じながら成長してほしいという方には、無垢材の使用がおすすめです。
無垢材は、天然木材をそのまま使用しているため、自然の香りを楽しむことができます。
また、温度や湿度を調節する機能があるため、気候変動の激しい環境の中では最適です。
さらに、温もりのある床であるのでお子様は裸足で移動させられます。
自然感のあるなかで、思う存分に子育てをしたい方には必見です。

▢おわり

このように、子育ての面から考える家づくりへのこだわりは、たくさんあることがわかりました。
注文住宅をご検討されている方、詳しくお知りになりたい方、こだわりに関してご不明な点がある方は、いつでも弊社までお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

建築事例