茨城に住む方へ!ローコスト住宅の平屋における生活動線の考え方

住宅購入をできるだけ安くしたい場合は、どうしたら良いのでしょうか?
その方法の一つに、平屋を設計することが挙げられます。
平屋を設計することで無駄が省かれ、コストを抑えられるという特徴があります。

その場合、生活動線はどうなるのでしょうか?
生活動線とは、リビングやキッチン、トイレを移動する「線」のことです。
そのため、二階建てから平屋に変えるという方は、どのような間取りにすればいいのか想像することが難しいという方もいらっしゃるのでは?

そこで、今回は、平屋における生活動線の考え方ついてご説明いたします。

▢平屋の生活動線

ローコスト住宅にするために平屋を建設した場合は、生活動線について考える必要があります。
ここでは、ケース別に分けて生活動線の考え方をご紹介いたします。

*主婦のための生活動線

家事により家全体を移動する主婦にとって、生活動線を考慮した間取りはとても重要です。

まず、洗濯の場合です。
平屋にすることで2階にバルコニーを設けて干すといった動作がなくなり、1階に干すということになります。
そのため、水回りを集約し、洗濯物を近くに干すといった動線が出来上がるのです。
つまり、浴室の近くに洗濯機を置き、その付近に洗濯物を干せば、移動は少なくなります。
これにより、重いものを運んで遠くに移動する必要はなくなります。

次は、キッチンです。
物の収納スペースが足りないときは、近くに倉庫を設置することをおすすめします。
また、使用頻度の少ない家具を入れられるというメリットもあります。

このように、主婦への生活動線を考えるコツとして、室内を一周できる間取りにすることです。
リビングから洗面室、廊下、キッチンといったように一周するようにすれば、家事をスムーズに行えます。

*将来性を考えた生活動線

これから、子育てをするつもりの方にとっては将来を見据えた生活動線作りは、極めて重要です。
子育てをするにあたって必要となってくるのは子供部屋ですよね。
子供の成長に沿った大きさのある部屋に、作り替えていけることができれば子育てもやりやすく感じるのではないでしょうか。
そこで、間仕切りがどのような場合でも可能なように窓や戸を設置するのです。
つまり予め、間仕切りばかりを設けないようにすることがポイントです。

▢おわり

このように、平屋にするとたくさんの生活動線の考え方があります。
上記でご紹介した以外にも考えておいて損のない生活動線の考え方は、たくさんあります。
詳しくお知りになりたい方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お待ちしております。

建築事例