茨城にお住みの方は必見!水回りに無垢材の床は使ってもいいの?

木のぬくもりを感じるため、無垢材を用いた家を建てたいと考えている方はいらっしゃいませんか?
確かに、無垢材は自然を味わえるかつ木のぬくもりを大変感じやすい素材です。

しかし、一方で無垢材は水に弱いというデメリットがあります。
その場合、水回りに無垢材を使用しても良いのかどうかを疑問に思わる方もいらっしゃるのでは?

こちらの記事では、水回りに無垢材を使用することについてご説明いたします。

▢水回りに無垢材の床を使用してもいいのか?

この疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいますよね?
結論から申しげますと、水回りに無垢材を使用することは可能です。
確かに、無垢材は水に弱いという特徴を持つため水回りにカビが生えたというケースはあります。
しかし、手入れを適切に行えば、その心配は解消することができるのです。
また、水に強い無垢材を使用することもできます。
例えば、桐は浸透性が低いので、水回りの使用に向いています。
水環境にも適した無垢材が販売されているので、そちらを検討しても良いのではないでしょうか。

▢水回りに無垢材を使用するときに必要なお手入れ

上記で、水回りに無垢材を使用することを可能にするには手入れが必要であるとご紹介しました。
その手入れとは何なのでしょうか?
それはコーティング塗装をすることです。
コーティング塗装には、表面をコーティングするものと、木に浸透してシミやカビの発生を防ぐ塗装の2種類があります。

表面をコーティングする塗装には、「ウレタン塗装」がおすすめです。
無垢材の床との間に薄い膜を作り、表面を光沢のあるものにコーティングします。
そのため、傷や凹みは付きにくいことが大きな特徴です。

また、内部から予防するための塗装をするには「自然オイル塗装」を使うと良いです。
オイルが木に浸透することで、木材の質感や風合いを保たせます。

ただしどちらの塗料を使用する場合でもこまめな掃除が必要であることを忘れないようにしましょう。
乾拭きで掃除をして、傷がつかないように最後にまとめて掃除機でゴミを吸い取ります。
化学雑巾やスチームクリーナーを使うことも避けた方が良いです。
化学雑巾は無垢材を変色させてしまい、スチームクリーナーは傷を付けてしまうからです。

▢おわり

このように、水回りに無垢材は使用できるものの、いくつか注意が必要であるとわかりました。
弊社では茨城県を中心に住宅の設計、施工を承っております。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。
お待ちしております。

建築事例