茨城にお住みの方は必見!無垢材と集成材の違いはなに?

家を建てる際、どの材質を使用するのか多くの方々が迷われます。
耐震性のあるものにするのか、木のぬくもりを感じられるものにするのか、のように様々な考えが思い浮かびます。

その一つに、無垢材か集成材のどちらにするか迷われたことはありませんか?
そこで、今回は、無垢材と集成材でどのような違いがあるのか、無垢材のメリットについてご説明いたします。

▢無垢材と集成材の違い

家を建設する際に目にする、無垢材と集成材には、どのような違いがあるのでしょうか?

*無垢材

無垢材は、自然素材のことを指します。
天然の木であるため素材の中で水分のやり取りを実際にしています。
そのため、湿度が高ければ水分は増し、逆に湿度が低ければ乾燥した状態になります。
この特徴から、無垢材を使用した家は、結露ができにくく快適な暮らしを送ることができます。
これは、カビやシミ、シロアリの発生も防ぐことに繋がり、家の耐用性にも影響します。
ただし、人がコントロールしにくい面もあります。
水分が多すぎては、ひびが入って割れてしまう危険性があります。
そのため、ある程度乾燥が必要ということになります。
しかし、その乾燥状態を人の手でコントロールすることが難しいのです。

*集成材

一方、集成材は、人工材に位置します。
挽き板や「ラミナ」と呼ばれる小角材のピースを接着剤でつなぎ合わせたもののことを指します。
木材を余りなく使用しているのが特徴的です。
切り方を工夫させて余らないように、柱や梁に多く使用します。
また、小さく切った木材を活かして耐震性を高めることもできます。
ただし、接着剤を使用していることから、日が経つにつれて劣化が起こってしまうことがあります。
劣化を放っておくと家全体が不安定な態勢になってしまう危険性があるのです。

▢無垢材のメリット

では、無垢材のメリットとは一体何なのでしょうか?

まず、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしやすい環境を作り出してくれます。
木の断熱性はコンクリートよりも高いため、周囲の温度に合わせて快適な空間を作り上げます。
そのため、エアコンに頼ることも少なくなるので、省エネにもなるでしょう。

そして、湿度を調節する機能もああります。
無垢材に使用される木材は伐採した後でも、水分の調節は引き続き行われています。
そのため、家が建てられても湿度を調節し、心地のよい暮らしを送ることができます。

▢おわり

無垢材と集成材の違いや特徴をご理解いただけたでしょうか?
無垢材または集成材に興味を持たれた方は、ぜひ住宅の設計、施工を承っております弊社までお問い合わせください。
お待ちしております。

建築事例