茨城に住んでいる方は必見!無垢材の家具の手入れはどうやるの?

新しい家に住むことになれば、家具もこだわりを持ちたいものです。
そのこだわりの一つに、無垢材の家具を使いたいと思っている方はいらっしゃいませんか?
自然の質感を味わえるのは、無垢材の大きな特徴です。

しかし、反対に敏感でもある無垢材は手入れが大変だという話も、聞いたことがあるのではないのでしょうか?

そこで今回は無垢材の家具の手入れについてご紹介いたします。

▢無垢材の手入れは難しい?

無垢材は手入れが難しいと、聞いたことはありませんか?
それは、果たして本当なのでしょうか?

確かに、無垢材のデメリットとして、温度や湿度の変化で反ってしまったり、傷が付きやすくなることが挙げられます。
また、物をぶつけてしまったときは、すぐに凹みができてしまうときもあります。

そのため、コストも高くなります。
一般の材質よりも高いうえに、メンテナンスも必要なので、無垢材に当てる費用が多くなってしまいます。

しかし、無垢材の手入れは次のように行えば、傷や反りを阻止することができます。

▢無垢材の手入れ方法

こちらでは、無垢材のお手入れ方法について解説いたします。

それは、表面塗装を行うことです。
表面塗装には、2種類あります。

まず、「自然オイル仕上げ」があります。
これは、植物油を原材料として作られた自然油です。
無垢材に染み込むことで、質感と風合いを感じさせます。
この塗装をすれば、あとはこまめに掃除をするだけで傷や反りを防止することができます。
水拭き掃除をした後に、乾拭き掃除をすると良いでしょう。

次は、「ウレタン塗装仕上げ」です。
合成樹脂のウレタン系で作られたオイルを使用します。
無垢材の表面に薄い膜を作り上げるようになっており、木材の質感とともに手触りも良くします。
また、耐水性があり、傷を付きにくくさせる効果もあります。
ただし、滑りやすいこともあるため傷が全くつかないといったことはありません。
傷を増やさないようにするため掃除機の使用頻度を減らしましょう。
また、化学雑巾を使うことも危険です。
化学雑巾を使用すると色が変色する可能性があります。

塗装を終えた後は定期的に、塗り直しをすることをおすすめします。
使用しているうちに塗料が剥がれ落ちてしまうからです。
年に1度の目安で、塗り直しをするのが良いでしょう。

▢おわり

こちらの記事では、無垢材家具の手入れ方法についてご紹介いたしました。
また、その他にも手入れ方法は、たくさんあります。
気になる方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お待ちしております。

建築事例