茨城に住む方へ!ローコスト住宅を平屋にしたときの収納について

ローコスト住宅の一つに、平屋があることを皆さまはご存知でしょうか?
平屋は、建設の無駄を省くことで、コストを抑えられます。
そのため、ローコスト住宅にしたい方に平屋は大変おすすめです。

その平屋の収納は、どのようにしてすればいいのでしょうか?

今回は、平屋を設計したときの収納の考え方をご説明いたします。

▢平屋での収納の考え方

平屋にすることで、収納スペースが二階建てと比べて少なくなるというイメージはありませんか?
しかし、考え方や間取り次第では、その問題は解消され、むしろ物の運びの行き来が少なくなるといったメリットが生まれます。

ここでは、そのための考え方、すなわち対策をご紹介いたします。

*パントリーの設置

まず、おすすめなのが「パントリー」の設置です。
「パントリー」とは、食品や調理器具を収納するスペースのことです。
そのため、最近ではキッチンと隣、あるいはキッチン内に設置することが多いです。
キッチンはたくさんの物を置くところです。
食品や調理器具の他に、電子レンジや炊飯器といったものまであります。
そこで、パントリーを設けることで一つのスペースに収めるようにするのです。
そうすれば、キッチン全体がスッキリとした見栄えに変化します。
その他にも、壁に棚を取り付けるという方法もあります。
たくさん備え付ければ、その分多くの物を収納できます。
ただし、奥行きのあるものは設置しないようにするのが良いです。
あまりにも奥行きがありすぎると、遠くて取り出せなくなるからです。

*屋根裏収納の設置

平屋を半階分高くした屋根裏に収納するのも、おすすめです。
主に、思い出の物といった普段あまり使わないものを収めるのに良いでしょう。
よく使用するものと使用しないもので、分けていたほうが取り出すときに不便がありません。
混合して取り出せにくくさせる問題を解決するのが、大きなメリットです。
固定階段を設置して、上り下りを楽にするように仕上げます。

*間仕切りの設置

間仕切りの設置は、敷地面積が狭いときに使える収納方法の一つです。
例えば、小さいお子様がいるときは最も過ごす時間の多いリビングに、おもちゃ収納スペースを作っておけば、身近で見守ることができます。
また、間仕切りは、お子様の成長に合わせて設置しておいたほうが良いものです。
お子様が大きくなるに従ってものは増え続けるため、間取りを設けて少しずつ収納スペースを確保できることにもつながります。

▢おわり

このように、平屋の収納には様々な考え方があるとわかりました。
以上を踏まえて、平屋について詳しく知りたい方はぜひ弊社までお問い合わせください。
弊社では住宅の設計、施工を承っております。
詳しくご説明させていただきますので、ぜひ一度お問い合わせください。

建築事例