茨城に住む方へ!子育て中の注文住宅を建設するタイミングとは?

子育てが落ち着いたら、お子様のこれからの成長に備えて注文住宅を購入したいという方はいらっしゃいませんか?
確かに注文住宅は自由な設計ができますし、子育てのためにあらゆる工夫を施すことができます。

しかし、子育てが落ち着いたからといって、すぐに注文住宅の準備に取り掛かってもいいのでしょうか?
他に適切な時期があるのではないのでしょうか?

そこで、今回は、子育て中の注文住宅を建設するタイミングをご紹介いたします。

▢子育て中に注文住宅を建設するタイミング

子育てが大変な中注文住宅を建てても大丈夫なのか、または子育てが落ち着いてから建設したほうがいいのか、様々な疑問が思い浮かぶのではないのでしょうか?
そこで、ここでは、小さなお子様の年代別に住宅を建設するタイミングについてご紹介いたします。

*0歳から2歳

お子様が生まれてすぐの場合は、注文住宅建設に関する打ち合わせに長い時間をかけられない問題が挙げられます。
また、子守をしながら説明を聞くことになるので話し合いを遮断させてしまうかもしれません。
話し合いの場に、子どもが遊べるスペースがあるようなところでできたら良いです。
また、建設中に実家に移動して子育てをするといったように工夫をすれば、小さいお子様であっても建設は可能です。

*3歳から6歳

この年になると、多くの方は幼稚園または保育園に入学させようと考えるでしょう。
そうすれば、お子様が外出している間に、建設を進められるからです。
しかし、問題は待機児童が増えている中、果たして入園できるのかといった問題です。
認可保育園に入ることができれば小学校も含めて、スムーズな入学ができます。
逆にそうではなければ、お子様が在宅中に建設を進めなければいけません。
お子様が3歳から6歳のときに注文住宅を建設する時は、保育園または幼稚園の通学が確定してから進めたほうが良さそうです。

*6歳以降

お子様が6歳になれば、小学校に登校しているため建設準備に当てる時間が増えます。
それは、これからのお子様の成長も同様に言えます。
特に、中学生になれば帰宅時間が遅くなるため、建設を余裕を持って進めることができます。

子育て中に注文住宅を建設したいときは、ある程度お子様が自立して余裕のある時間を確保できてからの方がおすすめです。

▢おわり

このように、子育て中の注文住宅の建設時期は慎重に選ぶ必要があるとわかりました。
ご自身のタイミングと合わせてご検討くださいね。
弊社では茨城県を中心に住宅の設計、施工を承っております。
注文住宅をお考えの際はぜひお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。

建築事例