茨城にお住いの方は必見!無垢材の床はどう掃除すればいい? 

「無垢材の床はどのようにして、掃除すればいいのだろうか。」
このように、考えたことはありませんか?
確かに、無垢材は掃除の仕方によっては傷がつくかもしれません。
無垢材の床を無駄にしないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、無垢材の床の掃除方法をご紹介いたします。

▢無垢材の床の掃除方法

無垢材の床は、掃除の仕方を間違えると傷が付いたり、痛んだりしてしまうことがあります。
では、傷を付けないためにはどのように掃除をすればいいのでしょうか?
ここでは、無垢材に施されている塗料別に掃除方法を紹介させていただきます。

*ウレタン塗装

「ウレタン塗装」とは、合成樹脂がウレタン系で光沢のある磨きに仕上げます。
この塗装が施されている無垢材の日頃のお手入れは、必ず乾いたぞうきんで拭くことです。
水拭きをしてしまうと、塗装がはがれてしまうかもしれません。
また、掃除機を全体にかける頻度もできるだけ少なくしましょう。
ゴミは一つに集めて、最後に掃除機で吸い取るようにすることをおすすめします。
汚れが付いているときは、中性洗剤につけたぞうきんを固く絞ってから拭き、最後は必ず乾拭きをします。
隙間にゴミが溜まっているときは、つまようじで取るようにしましょう。

*自然塗装

「自然塗装」とは、天然オイルで仕上げて、木材本来の表情を醸し出します。
この塗装が施されている無垢材は、水に弱いため日頃から汚れを拭き取るようにします。
また、ゴミは一か所に集めてから掃除機で吸い取るようにするのも忘れないようにしましょう。
そしてこの場合、年に一度はオイル塗装を再度するように心がけます。
専用のワックスクリーナーが販売されているので、それを使用します。
それから、最後に乾拭きを行います。

▢無垢材の掃除で絶対にしてはいけないこと

上記では施されている塗装別に無垢材の掃除方法をご説明いたしました。
こちらでは無垢材の掃除をする際に絶対にしてはいけないことをご紹介します。

まず、スチームクリーナーを使うことです。
これは、床を傷つけてしまいます。
また水分や蒸気を床に当てることで、無垢材が反ってしまう危険性があります。
艶を出したい場合は、専用のワックスをかけるようにしましょう。

次は、化学雑巾やモップを使用することです。
これらを無垢材の床に当てると、色が変色してしまう恐れがあります。
メーカーによっては、無垢材にも対応できる薬品があるので、それを使うようにします。

▢おわり

このように、無垢材の床の掃除は様々な方法ですることができます。
また無垢材の床は用心して掃除しないといけないことをおわかりいただけたでしょうか?
弊社では住宅の設計、施工を承っています。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

建築事例