茨城にて注文住宅を建てる方必見!吹き抜けのにおいについて

吹き抜けを住宅に設置すると、においが気になるという話を耳にしたことがある方はいらっしゃいませんか?
例えば、キッチンで作った料理のにおいが吹き抜けに充満するといった事態です。

もし、本当であれば何か対策を打ちたいですよね。

今回は、吹き抜けににおいが充満してしまう理由とその対策について、ご説明いたします。

▢吹き抜けににおいが充満する原因

吹き抜けのデメリットの一つに、においが部屋に充満してしまうことが挙げられます。
中には、料理のにおいが2階まで広がるケースもあります。
これは、吹き抜けが開放感を与えていることと関連します。
また、2階と直結していることや空気の流れが低い位置から高い位置まで移動することも理由として挙げられます。
以上の理由により、吹き抜けはにおいが充満しやすいと言われているのです。

▢吹き抜けでにおいが充満しないようにする方法

では、吹き抜けににおいが充満しないようにするにはどのような対策をとればいいのでしょうか?
それは、次のような方法が挙げられます。

*ファンの設置

まず、天井に「ファン」を設置することをおすすめします。
「ファン」とは、吹き抜けの天井につけた送風機のことです。
これを動かすことで、空気の循環を良くします。
天井でぐるぐる回っていることで、においをこもらせないようにします。
その他にも、「サンキュレーター」を置くとさらに良いです。
「サンキュレーター」とは、小さな扇風機のようなものです。
下から、風を送るので、低い位置ににおいを充満させないようにします。
これにより、自然とにおいを上へ行かせなくするという仕組みです。
ファンやサンキュレーターは、においの他にもエアコンや暖房から出る風の循環も良くするので、時期を問わずに使えるものです。

*キッチンの構造

においの種類は、魚の生臭さといった料理に関係したものが最も多いです。
そのため、キッチンの構造を変える方法も挙げられます。
その変え方とは、コンロを壁側に設置することです。
吹き抜けは、部屋を一体させるという特徴があることから、リビング全体を見渡せるオープンキッチンを使用されることがよくあります。
しかし、におい対策をしたい方は、先が開かれた場所にコンロを設置することはおすすめしません。
壁側にコンロを置いて、料理をするようにすれば、においの広がりを抑えることができます。

▢おわり

このように対策をとれば、吹き抜けににおいは充満しないとわかりました。
また、においの発生を防ぐ方法はこの他にもたくさんあります。

気になる方、またはご不明な点のある方はぜひ弊社までお問合せください。

お待ちしております。

建築事例