茨城で子育てをする方は必見!注文住宅で土地選びをする基準とは?

子育てをすることになった場合、皆様は何を基準に住宅を建設しますか?
土地選びからこだわりを考えることで、子育てがよりしやすくなることを、皆様はご存知だったでしょうか?
たくさんの土地からある基準に沿って選択するだけで、子育ての負担はかなり軽減されるからです。

今回は、子育てを考慮した土地選びの基準をご紹介いたします。

▢子育てをしやすくする土地選びの基準

子育てをしやすくするために土地を選ぶ方法は、たくさんあります。
その方法とは、次のようなものが挙げられます。

*敷地面積が大きい土地

子育てをするにあたって考慮すべき点は、家の広さです。
家が広いと、住宅内に子どもの遊び場スペースを設けることができます。
リビングに限定してしまった場合、遊具がたくさん散らかってしまい後片付けが面倒になると予想されます。
しかし、リビングの隣に遊び場スペースがあれば、後片付けはその範囲だけに絞れるのでとても楽になります。
あえてリビングにするのは、目の届く範囲に子どもがいるようにするためです。

また、庭の広い面積があるとさらに良いです。
庭があれば、子どもを思う存分に遊ばせます。
例えば、持ち運びが可能なブランコや小さいお子様用のプールを置くことができるからです。
さらに、家の敷地範囲なので、子どもの安全も確保されます。

そして、なかには広い庭を利用して家庭菜園をしている家庭もあります。
子どもの情操教育に適しているからです。

このように、敷地面積が大きければ、子どもが遊ぶ機会が増えるほかに、子どもの安全が保障されて家族とのコミュニケーションが増えるといった、様々なメリットが生まれます。

*母方の実家に近いところ

母親は、やはりなんといっても子育ての中心を担う存在です。
そのため、父親よりも母親の実家に近いところに住宅を構えることをおすすめします。
そうすれば、子育て中に緊急事態が起こったときには、すぐに実家に頼ることができます。
また、子育ての悩みがあれば夫以外に相談できる相手が身近にいるので、とても心強くなります。
出張の多い夫といったように普段あまり家にいない家庭には、参考にさせていただきたい選択基準です。

*夫の職場が近いところ

子育てをするにあたって、夫婦といっしょにやりたいと考えている奥様はいらっしゃるのではないのでしょうか?
しかし、仕事から帰った夫はすぐに寝てしまって、子育ての手伝いをしてくれないといった現状の方も多いのでは?
そこで、夫の職場に近いところに住宅を建設する方法があります。
こうすれば、夫の通勤時間が短くなり、子育てを手伝ってもらう時間が確保されます。
しかも、家族と一緒に過ごす時間が長くなることも可能です。

▢おわり

このように、土地選びだけでも様々な選択基準があるとわかりました。
この他にも、知っていて損のない土地選びの選択基準はたくさんあります。
弊社では住宅の設計や施工を承っております。
ご興味を持たれた方はぜひお問い合わせください。
ご連絡お待ちしてお待ちしております。

建築事例