茨城に住むつもりの方へ!注文住宅にある勾配天井の空調について

勾配天井を設置したいと考えている方は、いらっしゃいませんか?
確かに勾配天井は、開放感があり通気性が良いというメリットがあります。

しかし、一方で、勾配天井の空調は効きにくいと耳にしたことのある方も、いらっしゃるのではないのでしょうか?

そこで、今回は、勾配天井の空調についてご説明し、冷暖房の効率化のための対策法もご紹介いたします。

▢勾配天井の空調の影響

勾配天井は、勾配のように天井、すなわち屋根が勾配に傾いているものを指します。
つまり、吹き抜けとは違い、下からの暖かい空気が上にいっても天井に溜まってしまう傾向があるのです。
特に冬は、空調が効かない中、過ごさないといけないなどの状況が生まれます。
夏は、涼しい空気が上から下に降りてくるので、空調に関する心配はありません。
しかし、勾配天井は屋根裏がないことから、日光を直接受けている形になります。
そのため、吸収した熱が天井に溜まっているので、部屋が暑くなる状況は避けられなくなるのです。

これらの理由により、夏も冬も冷暖房のコストがかかってしまいます。

▢勾配天井の冷暖房の効率化

冷暖房のコストを下げるには、何よりも空気循環を良くしなければなりません。
そのためには、冷暖房を効率よく使うことが必須となります。
では、その方法とは一体何なのでしょうか?

それは、「シーリングファン」の設置です。
これは、天井につける扇風機のようなものです。
定期的にシーリングファンを回転させておけば、空気が天井に溜まることはなく、部屋全体に空気を循環させるのです。
このとき、天井と羽がぶつからないように設置しましょう。
天井と羽が当たってしまっては危険である他に、風量が減ってしまうというデメリットがあるからです。
各自天井の勾配に適したシーリングファンを選択することが重要です。

その他にも、「キュレーター」の使用もおすすめです。
これは、床に置く小さな扇風機のようなものです。
下から風邪を送ることで、暖かい空気を上に行き渡らせるようにします。

このように、風量を上下に流すことで、冷暖房を効率よく効かせるようにすることがポイントです。

▢おわり

以上より、勾配天井は対策を講じることで空調を効かすことができるとわかりました。
勾配天井をお考えの方はぜひ、シーリングファンやキュレーターの設置をご検討ください。
弊社では茨城県を中心に住宅の設計、施工を承っています。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。

お待ちしております。

建築事例