階段をリビングにつける?茨城の注文住宅建築事務所が解説!

注文住宅をするにあたって、階段の設置をどうするのかについて考える必要もあります。
小さい子どもがいる場合、危険性があるため設置に戸惑うこともあるかもしれません。
今回は、リビングに階段をつけるメリットとデメリットをご説明します。

 

▢階段設置のメリット

*開放感

階段があることで、開放感が増し、空間のアクセントとなっておしゃれに仕上がります。

*家族と顔を合わせる機会が増える

リビング階段は、構造上リビングを通らなければ2階に行けません。
そのため、子どもの様子を見る回数が自然と増えます。
些細な変化や、子どもが帰宅する時刻の把握もできます。
反対に、外出するときも同じです。
リビングを通って玄関に行く必要があるため、誰が家にいないかを把握することができます。
また、子どもが勝手に外出しないように見張る役割もできます。
家族の気配を感じられるのが、リビング階段の特徴なのです。

*コミュニケーションをとりやすい

階段の設置によって、2階と自然なつながりを構築させられます。
これにより、上下のコミュニケーションが取りやすくなります。
2階の部屋まで呼びに行くこともなく、1階から呼ぶことができます。
また、子どもが2階で遊んでいる声も聞こえるため、相互に存在を確認し合えるのです。

*収納・くつろぎのスペース

階段の後ろに隙間があれば、収納スペースとしても使えます。
また、階段をベンチ代わりにすることもできるので、家族団らんの生活を送れます。

 

▢階段設置のデメリット

*上から冷たい冷気が降りてくる

1階と2階は直接つながっているため、1階で暖房を効かせても2階から冷たい空気が流れ込むという弱点があります。
反対に、1階の温かい空気が、2階に昇っていくこともあります。
暖房の空気循環の効率性が悪くなってしまうことが挙げられます。

*プライバシーを保つことが難しくなる

リビング階段があることで、家族と接する機会が増える反面、一人で過ごす時間が限られてしまいます。
また、家族の顔を見る機会が増えるため、家族に会うのが気まずい時や、一人の時間を大切にしたい方は、不向きかもしれません。

*音や臭いが伝わりやすい

吹き抜けであることから、音や臭いが2階に伝わりやすくなります。
生活音が響くため、これもプライバシーを保つ難しさに直結します。

 

▢おわりに

今回は、リビングに階段をつけるメリットとデメリットをご紹介しました。
リビング階段は、家族との団らんが増える一方で、一人で過ごす時間が減ってしまうこともあります。
しかし、リビング階段のデメリットを改善する方法はたくさんあります。
詳しく知りたい方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

建築事例