自然素材のメリットについて|茨城の注文住宅建築事務所が解説!

注文住宅をするにあたって、素材選びも重要になります。
しかし、様々な種類があることから、どの素材を選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、自然素材のメリットについてご説明します。

 

▢自然素材とは

自然素材で作られた家は、無垢の木材を使っています。
その他に、珪藻土を使った壁や石材、和紙といった、自然の素材が使われていることもあります。
仕上げに、素材を保護するためにビニールクロスを使っているときもあります。
しかし、大半が自然でできた材料を使っているため、自然素材の家だと言えます。

 

▢自然素材のメリット

その自然素材にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

*有害物質がない

環境に優しい素材を使っているため、有害物資がありません。
そのため、シックハウス症候群になる心配がなく、子どもやお年寄りの方も安心して過ごすことができます。
また、樹木の香りも楽しむことができ、耐久性や保温性もあります。

*省エネ

太陽熱や木質ペレットといった、自然エネルギーを積極的に使っているため、省エネでもあります。
また、光熱費を抑えられることで、コスト面でも良好です。

*快適な湿度を保てる

自然素材は、1年を通して快適な湿度を保ってくれます。
自然素材は、他にはない「素材感」が特徴的です。
既製品のフローリングは、夏場に歩くとペタペタとして張り付いている感じがします。
冬場は、足元から冷たく感じます。
しかし、無垢の木材は、夏でもサラサラした触り心地になっています。
冬も、冷たいと感じることはありません。
これは、木が「呼吸」をしているからです。
これによって、調湿してくれ、湿度が高くても冷たく感じることはないのです。

珪藻土や漆喰も同様です。
これらも調湿機能が備わっており、清浄作用と共に、湿度をコントロールします。
また、嫌な臭いも消してくれます。
近年の住宅は、高気密性と高断熱性を備えています。
そのため、換気をする際に乾燥しすぎてしまう欠点があります。
しかし、自然素材は乾燥しすぎないように調節するため、そのような心配はありません。

 

▢おわりに

今回は、自然素材のメリットについてご紹介しました。
自然素材には多くのメリットがあり、家族の健康面のことや快適に過ごせるための条件が揃っています。
自然素材について興味のある方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。
皆様が注文された住宅に合った素材を、ご紹介します。

建築事例