平屋において採光のメリットとは?茨城に住みたい方必見!

「注文住宅をするにあたって、平屋で建築するか悩んでいる」
「平屋として建てるメリットが分からない」
このような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。
特に平屋は、部屋全体に光が通らないので、不便だと思う方もいるでしょう。
そこで今回は、平屋において採光面からみたメリットをご紹介します。

 

▢天窓の設置

部屋全体に自然光が行き渡るようにするための工夫として、天窓の設置が挙げられます。
天井に窓を付けることで、家具の設置の自由度が増すのが利点です。

また、日光を直接取り入れることもできます。
従来の窓では、家同士の間に設置した場合、日光の出入れが悪くなってしまいます。
特に、都市部の住宅街では家同士が密接しているため、尚更日光の取入れは困難です。
しかし、天井に窓を取り付ければ、遮るものが空中にないため、多くの自然光を差し込むことができます。
そうすれば、平屋全体に光が届くので、採光面の心配をする必要はなくなるのです。
開放感のある家に完成できるのが、天窓の役割です。

 

▢「光ダクト」の設置

一方で、どうしても天井に窓を付けたくない方は、「光ダクト」の設置がおすすめです。
「光ダクト」とは、「どこでも光窓」とも呼ばれています。

役割は、天窓と同様で、自然光が入りにくい部屋に窓を設置して、太陽光を取り入れる自然採光システムです。
しかし、従来の天窓と大きな違いは、光の反射率が高い特殊な素材を導入した内面鏡を使った筒状の形になっていることです。
複数回反射を繰り返すので、高い素材を使っているほど自然光量も多くなります。
この内面鏡が「光ダクト」なのです。
平屋の場合は、屋根に取り付けることをおすすめします。
他には、光を導入するために天井裏や壁に取り付けて、鏡が見えないように設置する方法があります。
また、光を放出することもできます。
壁や天井に設置し、内装やデザインによって部材も変更していく仕組みです。
この「光ダクト」の導入により、日本各地で支持層が増えています。
平屋に多くの自然光が入ることによって快適な過ごしができるため、天窓を付けない場合でも、採光面の心配は必要ないと言えます。

 

▢おわりに

今回は、平屋において採光面からみたメリットをご紹介しました。
平屋は、ほんの少しの工夫をするだけで、採光面の問題はすぐに解決することができます。
平屋の採光面について詳しく知りたいという方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。
皆様が注文された住宅に沿って、ご説明します。

建築事例