ログハウスへの吹き抜け設置について|茨城の建築事務所か解説!

吹き抜けとは、1階から数階に渡って天井がなく、繋がっている状態を指します。
ログハウスにこの吹き抜けを設置することに、みなさんはどのようなイメージを抱いているでしょうか。
今回は、ログハウスに吹き抜けを設置するメリットとデメリットをご紹介します。

 

▢吹き抜け設置のメリット

*開放感がある

1階から2階まで突き抜けているため、天井が高く、部屋が広くなったように感じられます。
この特徴を活かして、都市部のように住宅の敷地が狭い場合も、吹き抜けを設置すれば、圧迫感のある部屋はたちまち広く感じられます。
また、開放感があるとおしゃれにもなるので、住宅のデザイン性も向上します。

*部屋全体が明るくなり、風通しが良くなる

吹き抜けにすると、2階にも窓を設置することになります。
これにより、自然と室内は明るくなり、奥の部屋まで自然光が行き届くようになります。
さらに、天窓をつけたら、より自然光を多く差し込められます。
時間に関係なく、外からの光を取り入れられます。
また、窓を設置すると、風通しも良くなります。
下から入った風が上に行くことで、空気の循環も良くなります。

*家族の気配を常に感じられる

吹き抜けは上の階と繋がっているため、空気全体も一体したようになります。
そのため、どこにいても家族の気配を感じられます。

 

▢吹き抜け設置のデメリット

一方で、吹き抜けにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

*掃除が大変

外側の窓は、埃がつきやすく、蜘蛛の巣も張られる場合があるため、掃除が欠かせません。
しかし、吹き抜けの窓、特に天窓は非常に高い位置にあるため、掃除をするときは足場を組むか、業者に依頼する必要があります。
また、吹き抜けの内側の窓は、結露が付きやすいです。
そのため、カビ臭くならないように、掃除方法を考えなければなりません。
最近では、結露に強いガラス窓もありますが、それでもカビの発生を完全に防止することはできません。
特に、北側に吹き抜けを設置するとカビ臭くなるので注意が必要です。

*プライベートの時間が保ちにくくなる

リビングで鳴っている音が、家全体に響き渡るため、一人の時間を過ごすのが困難になってしまいます。

 

▢おわりに

今回は、ログハウスに吹き抜けを設置するメリットとデメリットをご紹介しました。
吹き抜けのメリットやデメリットは、これら以外にもたくさんあり、デメリットの対策方法もあります。
詳しく知りたい方は、ぜひ非弊社までお問い合わせください。

建築事例