対面キッチンは良いの?茨城の注文住宅建築事務所が解説!

注文住宅をするにあたって、キッチンのデザインにこだわりたいという方もいるのではないでしょうか。
しかし、数多く存在するデザインの中から選ぶのは中々難しいですよね。
今回は、キッチンのデザインの一つである対面キッチンに注目して、そのメリットとデメリットをご紹介します。

 

▢対面キッチンのメリット

*開放感がある

棚や壁が一切ないため、部屋がより広く感じられます。
さらに、開放感があることから、キッチンカウンターに観葉植物を置くこともできます。
これにより、コンロの後ろに油が飛び散らないかを気にする必要がなく、有意義に調理することができるのです。

*コミュニケーションが増える

キッチンにいても、リビングといつながっているため、家族が集まりやすい部屋で調理をしながら会話を楽しむことができます。
特に、子どもがいる家庭では、子どもの様子を確認しながら調理ができます。
また、リビングにテレビがあれば、それを視聴しながら料理をすることも可能です。
孤独に感じることなく料理ができるので、楽しめる要素が増えます。

*食前の準備や食後の片付けがしやすい

対面キッチンは、ダイニングとつなげることもできるので、ご飯を並べに行く手間が省けます。
また、ホームパーティーをすれば、食事の進捗もすぐに確認できるのでペースよく、配列を整えることができます。
片付けもしやすくなるので、手伝いもしやすくなります。

これらにより、料理の効率が上がることが、大きなメリットだと言えます。

 

▢対面キッチンのデメリット

*臭い

一方で、対面キッチンの大きなデメリットは、臭いが挙げられます。
特に、急な来客が来た場合、換気する余裕がないと嫌な臭いをかがせてしまいます。
また、調理中の臭いや音も気になる可能性があります。

片付けも同様に言えます。
日頃からきれいに掃除をしている場合は問題ありませんが、片付けが苦手な場合は、急な来客時のとき、開放感があるためきれいになっていない状態を見られるかもしれません。

開放感というメリットと反面した弱点が挙げられます。

 

▢おわりに

今回は、対面キッチンのメリットとデメリットをご紹介しました。
また、対面キッチンのデメリットへの対策方法もあります。
例えば、クローズキッチンの導入といったものが挙げられます。
対面キッチンに興味のある方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。
実際使ってみた経験談を知りたい場合も、同様にご説明いたします。

建築事例