ログハウスのメンテナンスについて|茨城に住みたい方は必見!

「ログハウスを建てたいが、どのくらいのメンテナンスをする必要があるのだろうか?」
「ログハウスのメンテナンス費はどれくらい必要なの?」
このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。
確かに、ログハウスは天然無垢材を使用しているため、不備がないか確認し、メンテナンスをする必要があります。
そこで今回は、ログハウスに必要なメンテナンスについてご紹介します。

 

▢ログハウスに必要なメンテナンス

ログハウスは、あらゆる部分にメンテナンスが必要です。
特に、外壁のメンテナンスは欠かせません。

木は建設した後でも、呼吸をしています。
そのため、湿度によってはひび割れが起こり、カビや腐食が進んでしまいます。
これらの症状が最も表れるのが外壁で、定期的なメンテナンスが重要です。
柱梁と外壁の間の接合部、コーキングの点検や手入れなどを行う必要があります。
その他にも、フローリングや屋根の点検も行います。
ログハウスのフローリングは、時間が経つたびに風合いが増す特徴があります。
その効果が発揮されるよう、日常の手入れは欠かせません。
屋根も、防水被膜がなくなっていくため、再塗装する必要があります。
このように、ログハウスのメンテナンスには多くの時間と費用がかかってしまいます。

 

▢メンテナンス作業を手軽に行うには?

ログハウスのメンテナンスを少しでも楽にするために、弊社では「Cute」を実施しております。
「Cute」はメンテナンス性を改善し、ログハウスとともに現代住宅の良さも持つハイブリッド住宅を提供しております。
そのために、次のような運営をしております。

まず、「総額低価格住宅」を行っております。
建設費を抑えてメンテナンス費に回せるようにしています。
無駄を省いて適切な広さにし、少しでもお客様の提案を予算内に収めるようにしています。
もちろん、天然無垢材を贅沢に使用しております。
シックハウス症候群を防止するだけではなく、家族と共に成長できる家になるようにしています。
例えば、子どもの成長に合わせて仕切り間をおいて、個室を増やすといったようなことが可能です。

このように、メンテナンス性の向上に繋がるような工夫をしております。

 

▢おわりに

今回は、ログハウスに必要なメンテナンスについてご紹介しました。
弊社では、メンテナンス性を上げて快適に過ごしていただくために、「Cute」を行っております。
メンテナンスについて詳しく知りたい方は、ぜひ弊社までお問い合せください。

建築事例