ログハウスの間取りの自由度はどれくらい?茨城の建築事務所が解説!

注文住宅をするからには、デザインもしっかりとこだわりたいですよね。
そのためには、間取りの自由度が重要になります。
そこで今回は、ログハウスの間取りの自由度についてご説明します。

 

▢ログハウスの間取りの自由度

天然無垢材を使用したログハウスは、自由に設計できるという印象があります。
しかし実際は、間取りの自由度は低いです。
従来工法の家は、柱で建物を支えて内側は自由に壁で仕切ります。
一方、ログハウスは、丸太(ログ)が従来工法の柱と壁の役割を果たすため、自由に動かすのは難しいのです。
そのため、希望通りのデザインができない、家族の生活導線に合わないといった妥協点が多数発生します。
また、ログハウスに合う家具や照明器具を探すことも、一手間かかります。
このように、ログハウスの設計における自由度は低いといえます。

 

▢間取りを自由に設計するには

*「Cute」

設計自由度の低いログハウス。
しかし、注文住宅をするからには、希望通りのものに仕上げたいですよね。
そこで弊社では、ログハウスのデメリット克服する「Cute」を実施しています。

「心と体の健康住宅」というコンセプトには、次のような特徴があります。
それは、自由設計スタイルを行っています。
そのために、お客様の想いを聞いて柔軟に取り入れ、オリジナルな「Cute」を提供します。
オーダーメイド住宅より、こだわりの詰まったオンリーワンの住宅を実現できます。
このようにすることで、家族と共に成長できる住宅を建築します。
例えば、子どもの成長速度に合わせて、仕切り間をおいて個室を増やすといった、将来の設計自由度も高めていくことができます。

*提案と工夫

無駄をなくし、適切な広さになるように提案しています。
その分、費用を抑えてシンプルな造りにして、快適に過ごせるようにします。
また、天然無垢材を贅沢に使えるようにしています。
天然無垢材は、シックハウス症候群を防止する効果があります。
そして、森林浴を家の中でも楽しむことができ、家族と過ごす時間を増やせるという効果もあります。
これらを存分に感じていただき、自然と笑顔になるような空間を仕上げていきます。

 

▢おわりに

今回は、ログハウスの間取りの自由度についてご紹介しました。
ログハウスの自由度が低くなるというデメリットを克服するために、弊社ではお客様の希望通りに、そして快適に過ごせるように思いを込めた「Cute」を提供しております。
「ログハウスにしたいが、どのような提案にすればいいのかわからない」
「自由設計はどの範囲まで可能なのか知りたい」
このように考えている方は、ぜひお問い合わせください。
お客様のニーズに沿ってご説明します。

建築事例