茨城|注文住宅建てるなら窓の断熱性にこだわりたい!

注文住宅を建てるにあたって、断熱性は大事ですよね。
断熱性が低ければ、冬は寒く、夏は暑くなってしまいます。
そうなると冷暖房にかかる電気代も高くなってしまうので、経済的な面からも断熱性は高くしておこうと思う方が多いのではないでしょうか。
ただ、断熱性を高めるのは壁や屋根だけではありません。
この記事では窓の断熱性にこだわるべき理由と対策の仕方についてご説明致します。

*なぜ窓の断熱性にこだわるのか

窓は外壁や屋根に比べて面積が小さいことから、窓から出入りする熱は少ないのではないかと考える人は多いです。
実はそれは間違いで、窓から出入りする熱はかなり多いというデータが存在します。
そのデータによると、冬場の寒さの半分が窓から入ってきて、夏場の暑さの7割が窓から入ってくるようです。
つまり、窓の断熱性を高めることによって、室温変動を大幅に減らせるということですね。

また、日本はまだまだ他の国に比べて窓の断熱性に対する意識が低いとも言われています。
日本でもこの先窓の断熱性に対する規制は厳しくなることが予想されるので、これから家を建てるのなら窓の断熱性にこだわるのがオススメです。

*窓の断熱性を上げるには?

窓の断熱性を上げるには窓を二重にすることが最も手っ取り早い方法です。
窓を二重にすることで、普通の1枚のガラスに比べて2倍の断熱効果が見込めるので、断熱性が一気に上がることがわかります。

また、さらにこだわりたい方にはLow-E複層ガラスがオススメです。
このガラスも二重になっているガラスなのですが、特殊な金属膜を使っていることでさらに熱を逃さない仕様になっています。
断熱性にこだわりたいという方は是非お使いください。

*サッシにもこだわるといいかも

窓だけでなく窓のサッシと窓の間からも熱は逃げて行くので、サッシにこだわるのもオススメです。
アルミでなく樹脂製にするだけでかなり断熱性が上がるので、考慮しても良いかもしれませんね。

*まとめ

この記事では窓の断熱性を高める理由と方法についてご説明致しました。

・窓から逃げている熱はかなり多い
・Low-E複層ガラスがオススメ
・サッシにこだわるのも良い

ということがお分かりいただけたでしょうか。
弊社ではCuteというログハウス風の住宅を取り扱っていて、窓の断熱性にも高いこだわりを持っています。
もし断熱性に対する疑問や相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。お待ちしております。

建築事例