ログハウスによくある後悔とは?|茨城でログハウス風住宅ならエイ・ワン

ログハウスに憧れており、いつか建てたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
ただ、中にはログハウスを建てて後悔している方もおられるようです。
この記事では、ログハウスを建てたことによって後悔する理由と、その短所を克服する方法をご説明致します。

□よくあるログハウスの後悔

*外壁のメンテナンスが面倒

外壁のメンテナンス頻度が高すぎるので、手間のかからない普通の住宅を立てればよかったと後悔する方がいらっしゃるようです。
外壁の塗装はすぐに剥がれるので、5年に1回を目安にするのが一般的と言われています。
それだけでなく、雨が直接自然素材に当たると傷みやすいので、劣化が起きていないかをこまめに確認する必要があります。

*セトリングが起こるかもしれない

セトリングとは重みに耐えられなくなることと乾燥による変形が原因でログハウスがゆっくりと沈んでいく現象です。
住宅が変形するという恐れがあるので、建てなければよかったと思う方もいらっしゃるようです。

*虫が寄ってくる

ログハウスにはシロアリをはじめとする虫が寄って来やすいです。
特にシロアリは自然素材を餌にするので、床下に増殖してしまったという話も耳にします。
もう1つの理由としてはログハウスの通気性があまり良くないということです。
ジメジメとした場所をシロアリは好むので、さらにおびき寄せてしまいます。

□Cuteなら後悔しないかも

Cuteはログハウスの良さを残しつつも上に挙げたような短所を克服しています。
具体的には外壁はログハウスのような素材ではなくて、耐久性に優れている素材を採用して、内装はログハウスのような天然無垢材を使用しているのです。
既述の通り、ログハウスに関する後悔の多くは、外壁が自然素材であることが原因となっています。
Cuteでは外壁に耐久性に優れた素材を使用しているので、メンテナンスも楽でセトリングの問題もありません。
それだけでなく、通気性をよくする工法を採用し、雨水湿気対策を万全にしているので、大切なお住まいをシロアリから守ります。
万が一の時にも保証がついているので、安心して住んでいただけます。

□まとめ

この記事ではログハウスを建てたことによる後悔について説明し、Cuteならそれらの短所を克服できることについてもご紹介しました。
Cuteは、ログハウスの良さを生かしつつも面倒なメンテナンスや害虫被害は避けたいという方に非常にオススメです。
ご興味がある方は弊社までお気軽にご相談ください。

建築事例