平屋で大事な生活動線の考え方をご紹介!|茨城で注文住宅ならエイ・ワン

平屋を建てようと考えている人が気になるのは間取りの考え方ですよね。
住みやすい家を作るには、生活動線を意識した間取りにすることがポイントです。
この記事では、そんな生活動線の考え方についてご説明致します。

□生活動線とは?

生活動線とは家の中での生活で移動する流れを線でつないだものです。
例えば帰宅直後に玄関からリビングに行くのなら、動線は玄関とリビングをまっすぐ繋ぐ一本の線になります。
このように、毎日通る決まった動線はいくつかあります。
それらのことを生活動線と言います。

□なぜ生活動線が大事なの?

生活動線が良くないと、さまざまな問題が発生します。
例えば洗濯機と物干し場が遠いと、洗濯物を干すたびにいちいち長い距離を歩かなければなりませんよね。
さらに、このような家事動線と家族がよく通る動線が重なっていると、すれ違いが多くなります。
快適な生活のためには、効率の良い生活動線を考えることが大事なのです。
特に平屋は面積自体は2階建てより少ないので、その分工夫する必要があります。

□生活動線の考え方は?

生活動線は、以下の2つのポイントを考慮すると良いでしょう。

・よりシンプルに最短距離で移動できるか?
・他の人とぶつかる時間帯がないか?

手っ取り早いのは、家族全員の生活動線を朝一番から夜寝る前まで書き込むことです。
それだけでなく、来客時の人の流れについても書き込んでみると良いかもしれません。
面倒な作業に思えるかもしれませんが、これらをやっておくと間取りで後悔するリスクを減らせます。

「朝の時間帯にはトイレ周辺が混み合うから、家事動線とトイレを離そう」
「来客時にリビングがダイレクトで見えるのは嫌だから仕切りを作って、応接間の場所を再考してみよう」
「家事をしている時にいちいち廊下を通るのが無駄だから、洗面所の位置を工夫しよう」
と言った話し合いを業者と一緒にすると、理想の間取りを手に入れやすくなります。

自分達の生活を振り返ってみて、あまり移動しない場所同士は距離を遠くして、よく移動する場所同士の距離を近づけるのが良いかもしれません。

□まとめ

この記事では平屋を建てるにあたって大事な生活動線についてご説明致しました。
生活動線は間取り図に実際に書き込むことによって改善できることがわかりましたね。
また、考えるべきポイントは2つでした。

・よりシンプルに最短距離で移動できるか?
・他の人とぶつかる時間帯がないか?

来客時のことも考えられたら完璧です。
ぜひ理想の間取りを手に入れてください。

建築事例