平屋の間取りを決める3つのポイント|茨城で注文住宅ならエイ・ワン

注文住宅を建てる上で、平屋にしようと考えている方はいらっしゃいませんか?
平屋では、間取りの取り方が二階建ての家よりも自由になるので、間取りの取り方で悩む方は多いようです。
そこでこの記事では、そんな平屋の間取りを考える上で重要なポイントについて解説したいと思います。

□平屋にするメリットって?

一般的に考えると、平屋よりも二階建ての方が生活空間を多く取れるので、得なのではないかと思いますよね。
しかし二階建てでは、必要な柱の数や階段に使うスペースが多く必要になります。
平屋にすることで、このようなスペースを減らすことができるのです。
自分で間取りを比較的自由に考えられるので、メリットが大きいのですね。
他にもメンテナンス費用の低さや老後の安心がメリットに挙げられます。

□平屋の間取りを考えるポイント!

*無駄なスペースをどんどん削る

平屋では無駄なスペースをどんどん削る考え方を採用するとうまくいきやすくなります。
例えば、廊下をほぼ無くしてしまうのも1つの方法です。
そうすることで、スペースを有効活用できるだけでなく、家族との距離感が近くなるのでオススメです。

*収納スペースは段差に作る

平屋では、空間の有効活用のため、収納スペースも工夫する必要があります。
例えば、ベッド下や小上がりの場所など、段差部分に収納スペースを作ると良いでしょう。
このように、無駄になりがちなスペースを収納にすると、残りのスペースを広々と使うことができます。
段差以外にも、普通なら無駄なスペースになってしまうところを収納スペースとして使えないか考えてみるといいかもしれませんね。

*自分で間取りを考える

平屋の間取りを考える際の失敗例には、業者の言うことを優先しすぎて自分たちの意見をあまり考えていなかったというものも多くあります。
業者はプロであり、長年の経験を積んでいるとはいうものの、実際に生活するのはお客様自身です。
業者のアドバイスに耳を傾けつつも、自分はこんな生活がしたいと積極的に伝えることで、業者側もより適切なアドバイスができます。

□まとめ

この記事では平屋の間取りを考える上で重要なポイントについてご説明致しました。
平屋のメリットは自由度の高い間取り設計です。
そのメリットを最大限に活用するために、無駄なスペースをどんどん省いて、自分たちが生活しやすい間取りを考えてみましょう。
弊社は平屋の注文住宅を多数承っております。
ご興味がある方はぜひ一度お気軽にご連絡ください。

建築事例