無垢材の断熱性って高いの?仕組みまで解説!|茨城で注文住宅ならエイ・ワン

無垢材で注文住宅を建てたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
家を建てるなら、夏も冬も快適な室温で過ごせるよう断熱性にもこだわりたいところですよね。
そこで今回は、無垢材の断熱性の仕組みや機能について解説するので、ぜひ参考にしてください。

□断熱性とは

断熱性とは熱が家の中に伝導してくるのを防いで室温を一定に保つ性能のことです。
この性能が低いと夏は外の熱が入ってきて暑くなり、冬は家の中の熱が逃げやすくなってしまいます。

また、断熱性は遮熱性と混同されることが多いですが、遮熱性は日光を反射する性能のことを示しているので別物です。
遮熱性だけでは日光を取り込むことができないので、家の中が外より暖かい冬に熱が逃げてしまいますよね。
家の断熱性を高めるのは大事なのです。

□無垢材の断熱性はいいの?

まず、無垢材は断熱性に優れていて、天然の断熱材とも言われているほどです。
それは、木には多くの細胞があり、その細胞が熱を通しにくいためです。
無垢材は木を加工せずに使っているので、こういった木の特徴を最大限に活かせます。

□無垢材の家の断熱性を高める仕組み

無垢材の家には無垢材以外にも断熱性を高める仕組みがあります。
それを1つずつ説明するので、参考にしてください。

*仕組み1 窓

窓に複層ガラスを使うことで、ガラスとガラスの間の熱伝導が低くなります。
そうすると、普通のガラスに比べて断熱性が2倍になるので、効果的ですよね。

また、さらに断熱性を高めたい方は、Low-E複層ガラスを使うのがオススメです。
このガラスには特殊な金属膜であるLow-E膜が張られているので普通の複層ガラスよりも高い断熱性が期待できます。

*仕組み2 天井・壁・床

天井・壁・床には無垢材だけでなく、断熱材と外壁材を使うことでさらに断熱性を高められます。
無垢材だけでも高い断熱性はあるのですが、その外側に断熱材や外壁材をおくのがオススメです。

□無垢材の家がオススメ

ここまで説明した通り、無垢材を使った家は高い断熱性を誇ります。
さらに断熱性が欲しい場合は窓や外壁材、断熱材にこだわることもできるので嬉しいですよね。
それ以外にも空気を綺麗にしたり暖かい雰囲気にしたりと、無垢材を使った家のメリットはたくさんあるのでオススメです。

まとめ

この記事では無垢材の断熱性についてご説明致しました。
弊社では無垢材を使ったログハウス風の家であるCuteを取り扱っております。
ここで話した断熱性をはじめ、様々な無垢材のメリットを低価格で実現しているので、興味のある方はぜひご相談ください。

建築事例