茨城|こんなローコスト住宅は後悔するかも!成功させる選び方教えます!

いくらローコストでも建ててはいけない注文住宅はあり、特徴を見極めて業者を選ばないと後悔してしまうかもしれません。
この記事では、建ててはいけないローコスト住宅とそういった住宅を避けるための業者の選び方について解説致します。
ぜひ家づくりの参考にしてください。

□ローコストでも選んではいけない注文住宅の特徴

*人件費や材料費を削減している

ただ安い材料を使って少ない人数で適当な施工をする業者が中には存在します。
このような業者は少数ですが、あたってしまった場合は非常に後悔すると覚悟しておいてください。
具体的には型落ちの部品や安い材料を使って、必要な工程でも手を抜いている業者の建てる注文住宅です。

こういったローコスト住宅を選ばないためには、まずは業者がどれだけ信頼できるかを確かめることです。
ネットでの評判や自社サイトの施工事例を見るだけでなく、見積もりの際にどのコストを削減しているかを聞いてみると良いかもしれません。

*オプションがやたら多い

安いと思って契約すると、含まれていると思っていた部分がオプションだらけだったという後悔を耳にします。
結局、トータルすると普通の家を建てられるくらいの値段を請求される場合もあるようです。

そういった業者を選ばないためには、どこまでが費用に含まれていて、どこからがオプションかをはっきりさせることが大切です。
見積もりを複数の業者に同じ条件で出して、見積もりの値段が著しく低い業者も注意した方が良いかもしれません。
まずはサイトを見て、そのあとは実際に見積もりをしてもらうことで判断してください。

□安心できるローコスト住宅はどんなものか?

まずは低価格の理由をしっかり表明していることです。
どの部分の費用を削減しているから価格を下げられるのか、しっかり説明できる業者に頼むと問題ないでしょう。
あとは素材の値段や工期ではなく、広告費を始めとする諸経費を削減することで、低価格を実現している住宅も後悔が少ないかもしれません。

□まとめ

この記事ではローコストの注文住宅の選び方について解説しました。
選んではいけない業者がどのような特徴を持っているかとそのような業者を避ける選び方についてお伝えいたしました。
業者によってローコスト実現の方法は異なっています。
ローコストだからといって飛びつくのではなく、なぜローコストなのか?を理解した上で選ぶのがオススメです。
弊社でもローコスト住宅を作っていて、理由についても明確に示しています。
気になった方はぜひご覧ください。

建築事例