新築を建てるためにはどうするの?流れについて茨城の業者が解説!

注文住宅を建てたい方の中には流れがイマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。
家を引き渡されるまでは適切な段階を踏まなければならないので、後から混乱してしまわないように、一度確認しておく方が良いでしょう。

この記事では土地を探すところから引き渡しまでのおおまかな流れをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

□注文住宅を建てるまでの流れ

*土地を決める

この段階ではまず、お気に入りのエリアを決めます。
そのエリアの中で購入可能な土地を選ぶのですが、立地や環境、大きさに規制の有無など総合的に判断してください。

また、この時に並行して家を建てる業者を選ぶのが効率的です。
自分たちの建てたい家がどんなものかをしっかり話し合いながら、それを実現してくれそうな業者を見つけておくといいでしょう。

*業者に見積もりを頼む

自分たちの建てたい家のイメージが固まれば、それがどれくらいの値段になるのか、もっと良い家にするにはどうすれば良いかを業者とともに決めていきます。
ここで、業者の見極めを行う必要があるので、いくつかの業者に相談して、任せても良いと思えるところにお願いすると失敗しにくいのではないでしょうか。

*仮契約をして、詳細を決めていく

ここまでいくと、業者と仮契約を結びます。
多くの場合、手付金としてお金を渡す必要があり、後戻りはほぼできなくなるので慎重に選ぶことが大切です。

ここでは間取りを決めたり、こだわりを反映するにはどうするかを決めたりしていきます。
よくわからないまま進んでしまうと、なんだかイメージと違うということが起こるので注意が必要です。

*本契約

家の間取りを始めとする仕様の全てが決まれば、値段に同意して本契約に進みます。
なお、住宅ローンはここで初めて申し込みができるので、ここまでにかかる費用を手持ちで払えなければ別のローンを組むことになるのを覚えておいてください。

*建築確認申請

プランどおりの家を建てても違法ではないことを申請して、証明してもらいます。

*家を建ててもらう

ここでは、計画どおりに進んでいるか、不備がないかを確認してください。
信頼できる業者なら心配はありませんが、中にはいい加減な業者も存在するので注意が必要です。

*完成〜登記

家が完成すると引き渡されます。
ここで登記をして所有権を自分にすると、住宅ローンのお金が入ってくるので、先ほど言っていた別のローンを返済できます。

□まとめ

この記事では注文住宅を建てる流れについてご説明しました。
家を建てるまでには様々な手続きがありましたね。
しっかりと確認して、自分の家づくりに役立ててください。

建築事例