ログハウスの断熱性って高いの?特徴は?茨城の業者が解説!

ログハウスは自然素材を使った雰囲気がおしゃれですよね。
建てたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
ただ、木で作られているということもあり、過ごしやすさという面で劣るのではないのかという不安もあるかもしれません。
ログハウスは本当に過ごしやすいのでしょうか、断熱性についてご説明します。

□ログハウスの特徴について

まず、ログハウスとは丸太を組み合わせて作られた家のことで、今でも多く作られています。
キャンプ場や避暑地に建てられているイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
ログハウスの特徴としては、木の温かみや癒しを存分に感じられて、リラックスできることが挙げられます。
そのほかにも除菌効果が高かったり、吸湿性に優れていたりするのも魅力です。
ただ、メンテナンスが他の家よりも大変である点がデメリットです。
そのほかにもコストの問題や防腐対策の面がデメリットとして挙げられます。

□ログハウスの断熱性は?

次に、ログハウスの断熱性はどうなのでしょうか。
断熱材に比べると、断熱性は劣りますが、木は元来断熱性に優れた素材です。
ただ、ものによって異なりますし、作り方や材質によっても変わってきます。

では、ログハウスを建てたいけど断熱性が気になる方はどうすればいいのでしょうか。

□ログハウスの断熱性を高めたい

*無垢材を使う

無垢材は木の細胞が空気を含んで外部の熱をブロックしてくれる効果があるので、高い断熱性を発揮できます。

また、無垢材とは切った木を継ぎ合わせたり加工したりせずに、そのままの状態で家づくりに使っているが故に、様々なメリットがあります。

先ほど特徴として挙げた吸湿性も無垢材の特徴の1つです。
梅雨の時期には無垢材の吸湿性で湿気を取ってくれて、冬には高い断熱性で暖かい空気を逃しません。

*窓にこだわる

それでもまだ断熱性を高めたい方は窓にこだわるのがおすすめです。
窓からは熱が入ってきたり逃げて行ったりしやすいので、複層ガラスにする等の工夫をするといいでしょう。

□まとめ

ログハウスは断熱性が非常に高いというわけではありません。
弊社ではそんなログハウスのデメリットを克服したCuteという住宅を取り扱っております。
予算や断熱性が心配な方も、メンテナンスが面倒だという方にもおすすめです。
ログハウスの良い部分だけを残して短所を克服したCuteに興味がある方はお気軽にご相談ください。

建築事例