茨城で注文住宅|無垢フローリングとはなに?その特徴を解説!

注文住宅を建てる時はフローリングに何を使うか迷ってしまいますよね。
汚れの落ち方や傷への耐性など細かいところまで気になるのも仕方ありません。
フローリングの中でも、無垢フローリングは人気が高いです。

無垢フローリングはどのようなものを指すのでしょうか。
また、他の種類に比べてどんな特徴があるのでしょうか。
この記事ではその二つを解説いたします。

□無垢フローリングとは?

その名の通り、無垢な木材で作られたフローリングのことを言います。
無垢について解説すると、継ぎ足していないということです。
つまり、加工合成されていない切り出したままの板と考えて貰えば大丈夫です。

その逆として複合フローリングというものがあります。
切り出した板を継ぎ合わせて一枚の板にしているのでまた違った特徴を持ちます。

その他に、クッションフロアという柔らかい素材で作られているフローリングも人気です。

□他の素材と比べた無垢フローリングの特徴はなに?

では他の素材のフローリングと無垢フローリングはどこが違うのでしょうか。
特徴を一つずつ紹介していきます。

*自然な温かみがある

自然な温かみがあることが無垢材の強みの一つです。
他のフローリングと違って切り出したままの板でフローリングを作るので、自然本来の木の良さを活かせます。

「木材が持つ香りに癒されたい」「ナチュラルな木目の美しさをインテリアに取り込みたい」という方には非常におすすめです。

*時が経つにつれて味わいが増す

無垢フローリングにすると、時が経つにつれて変化する木の良さを楽しめます。
劣化することなく変化していく様は、上品な味わいをもたらすでしょう。
アンティークものの家具が価値を持つように、変化を楽しめる点が無垢フローリングの良さの一つです。

*身体に優しい

自然本来の素材を使っていることで、接着剤やその他の化学物質が少ない仕上がりになるのが特徴です。
結果的にアレルギーやその他の住宅にまつわる病気にかかるリスクの低下につながります
健康は非常に大事な要素で、家は多くの時を過ごす場所ですが、無垢フローリングなら安心です。

□まとめ

ここまで無垢フローリングとその特徴について解説いたしました。
自然の木の良さを活かせるのが無垢フローリングです。
時が経つにつれ味わいが増し、身体に優しいという特徴もあります。
弊社ではこの無垢フローリングのような自然の良さを生かす住宅を多く取り扱っております。
興味を持たれた方はぜひ一度ご相談ください。

建築事例